ピクシブ百科事典

魚雷ガール

ぎょらいがーる

魚雷ガールとは、漫画・アニメ『ボボボーボ・ボーボボ』のキャラクター。
目次[非表示]

「私の目の黒いうちは一切のおふざけを許さない!!!
 なぜなら私は魚雷だから!!!」

プロフィール

年齢28歳
誕生日12月4日
血液型A型
身長三尺三寸
体重1トン
趣味クロスワード
特技恋愛相談
好きなものソフトン
嫌いなものおふざけ
足のサイズレディーのヒ・ミ・ツ
最近嬉しかった事新しい恋を見つけたこと
最近腹が立った出来事ウォータースライダーに突き落とされたこと
自分を有名人に例えると藤原紀香
宝物愛する人との思い出
好きな言葉「ギョライングマイウェイ」
旅をしてみたい所武器廃止!海軍空母でいく魚雷世界一周ツアー


概要

CV:西川宏美(アニメ)/村岡宏美(ゲームシリーズ)

マルハーゲ帝国幹部であるマルハーゲ四天王の一人であるOVERの怒りが頂点に達したことで現れる真の姿。OVERの性別が男性、年齢が25歳に対して、真の姿の性別は女性、年齢は28歳と全く別物である。
どんなおふざけも封殺する伝説の「ボケ殺し」の唯一の生き残りでおふざけが死ぬほど大嫌いだが、自らのおふざけを棚上げしボーボボ達と一緒になってはっちゃける事も多い。
見た目こそ魚雷だが実は反戦主義者。最新のファッションには敏感であり、女性に勇気を与えることを将来の夢としていたりと、女性らしさ(?)が溢れる。

OVER編において真の姿に戻るとボーボボ達の攻撃を悉く無力化した上で一方的に攻撃を加え続けて圧倒。ボーボボの鼻毛真拳すらも片足でいとも簡単に封殺してみせた。ボーボボの究極奥義『聖鼻毛領域(ボーボボワールド)』には初めの内はダメージを受けていたものの途中で空間に順応することで耐え切る。空間解除後にボーボボ・首領パッチところ天の助(バカ3人組)に破天荒に施した『殺印』を刻むが、これを容易く剥がされたことで戦局が逆転。敗北を喫する。
その後、ギガ編で再登場し、ボーボボと合流していたソフトンに一目惚れしたのがきっかけで仲間になった。(それ以前には破天荒に恋心で惹かれていた。)

「9極戦士ギャグ融合」では、この設定を踏まえてなのかどうかは分からないが、ボーボボ側(プレイヤーキャラ)に魚雷ガールがいるにも関わらず、他の四天王とともにOVERが登場し、ボーボボ一行や味方の他の四天王の双方が何の疑問も抱くことなくバトルを行ったこともある。そのため、後述の「爆闘ハジケ大戦」などのVSモードで意図的に選んで対戦させない限りは、設定上明らかに違和感のある光景を作ることができる。
そして、「爆闘ハジケ大戦」では、ボケ殺しハイスクールを作ってボーボボ達バカ3人組を更生したが、その後しばらく経ってツッコむ相手がいなくなってしまい、欲求不満からボーボボ達におふざけを要求する、ボケ殺しとして情けない姿を見せたこともある。

実力

単体での強さでは間違いなくボーボボキャラで最強クラス
ボーボボ達のボケ攻撃(もしくはボケ回避)等を完全封殺できるボケ殺しの能力がある他、どう考えてもオーバーキルな攻撃をギャグで回避する、ボーボボ達の特権ともいえるボケ回避を自らのボケを棚に上げて無力化できる。「おふざけ」の基準を広げてしまえばどんな攻撃も封殺できる。
OVERの時と同様に極悪斬血真拳を行使できるが様々な点で強化されている。そもそもビルを6つ一気に破壊する程に膂力が凄い、圧倒激女王体質ですべてをねじ伏せる、等完璧にもほどがある強さ。
明確な弱点としては水中(鉄製なので沈むらしい)だが、それすらもボケで対処してしまう事が可能(闇皇帝編でのジャイアントマッコウ大帝化等)、また、脳に直接作用する攻撃には弱い節があり電脳六闘騎士の一人、詩人の奥義「記憶破壊陣」で記憶を破壊された事がある他、ギガの聞くものを強制的に王を敬う体勢にする奥義「ギガ・サウンド」にも服従の体勢をとりかけた。(こちらは上記のボケ回避で事なきを得た)
強大な敵に対するボーボボ側の切り札的扱いを受けていた事もある(当然もろ刃の剣)くらいであり、ボーボボ世界でのバランスブレイカーと言える。それゆえに、ボーボボ側と敵対していた際にボーボボ側が勝つことができたのは奇跡的であったとも言える。


関連イラスト

魚雷だけに、このゲームとの相性は抜群である。

58の魚雷さん
魚雷発射クマー!




関連タグ

ボボボーボ・ボーボボ 魚雷レゼ

関連記事

親記事

OVER おーばー

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魚雷ガール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 337231

コメント