ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

1977年3月14日 B型 愛知県出身。
島袋光年の「世紀末リーダー伝たけし!」を読み、漫画家を目指す。
赤マルジャンプ」2000年WINTERにおいて、読み切り漫画「山中臭活劇」をデビュー。
その後「週刊少年ジャンプ」で代表作「ボボボーボ・ボーボボ」を連載。

人物

幼い頃から絵が下手で、連載当初も絵が汚い事を自覚していたが、「絵が汚くても、ストーリーがめちゃめちゃでも、とにかく笑いを取ればよい」という考えの元でギャグ漫画を描いている。
下ネタを大胆に織り込んだ勢いのある画風が特徴だが、作者はそこから想像も付かないようなイケメン
外見だけでなく内面もイケメンで、ボーボボファンの難病の少年を見舞ったり、ボーボボ連載終了後には溜まっていた6年分のファンレター全てに返事を出していた。

2011年、最強ジャンプで「ふわり!どんぱっち」を連載。しかし今までのギャグ絵から一変し、別人が描いたような「萌え系」の画風で描かれている。

ファンからの評価

俯瞰で見た場合、澤井氏の業績は「メガヒット作を一本飛ばして、その後も二、三本、小ヒットを打った漫画家」と言う、いわゆるありがちな漫画家と言う形に落ち着く。
しかし、メガヒットさせた漫画が「頭がおかしくなる」とまで言われるほどのカオスっぷりから、一部界隈では「漫画界のオーパーツ」とまで呼ばれるほどのボボボーボ・ボーボボである為、ファンからは「ボーボボでヤバいものを消費して才能が枯れたのでは?」と心配されている。
実際、ギャグマンガと言うのは漫画の中でも特にネタ切れに苦しむタイプの漫画であり、クレヨンしんちゃんで有名な臼井儀人氏は、「カラカラに乾いた雑巾をそれでも絞るようにネタを作っている」と言う名言を残しているほどに製作に苦しむタイプの漫画である。
その為、「ありがちな漫画家」と言う以上に、「伝説的なギャグ漫画家」として評価されている。
また、ボーボボはギャグの理不尽さ・不条理さとは裏腹に、ストーリーやバトルの展開、絵の構図、キャラのヘイト管理の上手さなどが共通するバトル漫画が2020年代に入って急激に増えた為、漫画力の高さが注目されるようになった。

連載作品


関連タグ

漫画家 ギャグ

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「澤井啓夫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14579

コメント