ピクシブ百科事典

曽山一寿

そやまかずとし

曽山一寿とは、漫画家である。
目次[非表示]

概要

1978年9月生まれ。東京都出身。
小学生の頃に沢田ユキオ氏からサインを貰った事がきっかけで漫画家を志した。
2000年、『ぼくのおじいちゃん』で第47回小学館新人コミック大賞児童部門佳作を受賞。
2001年からコロコロコミックにて「絶体絶命でんぢゃらすじーさん」を連載開始。同作は2004年に小学館漫画賞児童向け部門も受賞し、コロコロにおける看板作品として現在も連載が続いている。

上記の沢田氏とは関わりが深く、2009年2月8日に結婚した事や、「別冊コロコロ」において、自ら『じーさん』の絵を投稿した事があるが載らなかったという逸話も明かしている(いずれも沢田氏の『マリオくん』の作中において)。

他にも久米田康治氏の『かってに改蔵』22巻の読者コーナーにてイラストが採用(久米田氏のコメントによると「手慣れていますね。」とのこと)されたり、アニメ『さよなら絶望先生』の6話エンドカードを手掛けたこともある。

作風

下ネタ死ネタ、不条理なギャグなど、児童誌の枠から盛大にはみ出した型破りなギャグが特徴。10数ページという短い中で、何度も大ゴマや見開きを多用する傾向もあり、男子児童を中心に絶大な人気を持つが、はっきり言って良くも悪くも読者を選ぶ作風である。

しかし、2004年から毎年コロコロの別冊付録として書き下ろされている『大長編』では、普段のギャグとは打って変わり、『友情』『夢』『命』といった、ストレートなテーマを描いた物語に取り組んでいる。じーさんらしいギャグを織り交ぜているはいるものの、そのメッセージ性は非常に真摯であり、曽山氏の別の面を窺い知ることができる。

また、コロコロイチバン!で連載されている『わざぼー』では、ギャグ混じりのバトル漫画を描いており、『じーさん』や『大長編』とはまた違う作風に仕上がっている。

pixivにおいては

投稿率は『わざぼー』関連が抜きん出て高い。曽山一寿タグでは引っかからないことも多いので、作品名でのタグ検索もオススメ。

関連タグ

漫画家
絶体絶命でんぢゃらすじーさん でんぢゃらすじーさん邪…月刊コロコロコミック!にて連載中。代表作。
わざぼー わざぐぅ! みかくにんゆーほーくん…コロコロイチバン!連載作品。

pixivに投稿された作品 pixivで「曽山一寿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74437

コメント