ピクシブ百科事典

みかくにんゆーほーくん

みかくにんゆーほーくん

『みかくにんゆーほーくん』とは、曽山一寿によるギャグ漫画である。
目次[非表示]

概要

曽山一寿によって2015年2月21日発売の「コロコロイチバン!」4月号から現在まで連載されているギャグ漫画。キャッチコピーは「みかくにんギャグ」。

同氏の「コロコロイチバン!」での連載ではわざぼーわざぐぅ!に次ぐ3作品目となる。これら2作品は続き物でありバトル要素の強い漫画だったが、今作ではギャグ漫画家である作者の持ち味を生かした1話完結型の完全な(非)日常系ギャグ漫画となっている。

ストーリー

ごく普通の小学生・天地球介の前に突然、宇宙人と名乗る未確認生命体・ゆーほーくんが現れた。
どう見ても未確認飛行物体にしか見えないその外見に最初は戸惑う球介だったが、だんだん絆されていき"トモダチ"として認める。
そこに間髪入れずにやってくる、ゆーほーくんの同級生でありライバル・エンバーンや、ゆーほーくんの弟・ゆーぽん、そして何故かキャラの濃い球助の両親、はたまた学校のクラスメイトや町の人なども巻き込んだ"みかくにん"なドタバタの日常が始まる。

登場人物

  • ゆーほーくん

本作の主人公であり宇宙人(人?)。名前の由来はUFO
宇宙小学校の宇宙遠足で地球に来たはいいが帰りのバスに乗り遅れ、地球に取り残されることになってしまった。好物は焼きそば。「だっちゅーの☆」と「~だほぅ☆」が口癖。

  • 天地球介(あまち きゅうすけ)
本作の人間側主人公兼ツッコミ。ゆーほーからは「キュースケ」と呼ばれている。
名前の由来は地球。小学生である事は確かだが学年は不明。コロコロギャグ漫画のセオリーに反さず、しょっちゅう散々な目に遭っている。

  • エンバーン
ゆーほーの同級生でありライバル。名前の由来は円盤
ゆーほーとは同じ宇宙小学校に通っており、ゆーほーに仕返しをするべく地球までやって来た。手の込んだ意地悪もするが、根はそこそこ良い奴。「~だっツーノ★」が口癖。

  • ゆーぽん
ゆーほーの弟。まだ幼いためゆーほーやエンバーンに比べると一回りほど体躯が小さく、泣き虫で駄々っ子な面もある。言葉が話せず「ぽー☆」とだけ鳴いて意思の疎通をはかる。外見はとても可愛く、このカオスなギャグ漫画の中の唯一の良心…………………………とでも思ったか?

  • 球助ママ
球助の母親。黒髪セミロング・中肉中背とほぼモブ同然の普通の母親……だと思った方はゆーほーくん2巻を読んでください。

  • 球助パパ
仕事で家に全然帰って来れないパパ。その職業とは…。

  • 毒たん
ゆーほーの宇宙小学校の友達。名前の由来はドクター(医者)。外見は某・無免許医を彷彿とさせる。

余談

  • 担当編集に「次回作はどんなマンガにしますか?」と尋ねられた際、曽山氏が「何の意味も無いマンガを描きたい」と答えて産み落とされたマンガであるらしい。(1巻おまけマンガ参照)


関連タグ

曽山一寿 コロコロコミック コロコロイチバン!

pixivに投稿された作品 pixivで「みかくにんゆーほーくん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 822

コメント