ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

漫画『美少女戦士セーラームーン』を原作としたミュージカルで原作漫画やテレビアニメと並行し開始されたメディアミックス宝塚歌劇団ベルサイユのばらから始まる2.5次元ミュージカルを成功させた作品の一つ。

1993年~2005年まではバンダイ
2013年~2017年まではネルケプランニング版(通称:ネルケ版)
2018年~は乃木坂46版と呼ばれている。

因みに、pixivでは、愛称であるセラミュというタグの方が多用されている。

バンダイ版

アニメセーラームーンR放送時の1993年夏『美少女戦士セーラームーン外伝 復活ダーク・キングダム復活篇』から始まり2005年冬『新かぐや島伝説(改訂版)』まで約12年間公演された。

バンダイ版は原作漫画版とアニメ版の設定やストーリーを混ぜており(原作基本、アニメは良い所だけを取った感じ) まさに「いい所取り」。但し公演によっては設定などは変わる事があるのであまり気にしない方がいいかと思われる。

原作(アニメ)をベースにしミュージカルならではの要素も取り入れており公演を重ねるにつれ歌だけでなく殺陣、ワイヤーアクション、発火装置、映像(ホログラフ)などを取り入れていき子供が楽しめるヒーローショーの要素も増えて行った。

舞台オリジナルと改訂版の計二回の本公演と春・秋に『ファン感謝イベント』という楽曲ライブ主体のイベントを行っていた。

原作・アニメ共に終了し『永遠伝説』の公演がラストと考えていたが、好評を博しミュージカル継続を望むファンの投書が殺到、ファン感謝イベントで『永遠伝説【改訂版】』と現戦士の一斉卒業が発表される。その公演チケットは平日ですらプラチナチケットと化し、サンシャイン劇場で行われた大千秋楽では当日券を求める観客に対し劇場のキャパシティが足らず、当日券が買えなかった人の為に劇場ロビーには公演の映像中継を映す大型モニターを設置して対処したほどの盛り上がりを見せた。

そしてこの公演でミュージカル自体も終了する予定だったが公演の好評ぶりからキャストを一新して1998年夏『新・伝説光臨』が公演され、そして次回の『かぐや島伝説』から舞台オリジナルストーリーが始まる。

公演3年目まではソフト化する予定がなかったようで、『ダーク・キングダム復活編改訂版』と『S~変身・スーパー戦士への道~』は映像が残っていない。また『新 / 変身・スーパー戦士への道 ラスト・ドラクル序曲』から『ラスト・ドラクル最終章 超惑星デス・バルカンの封印』はVHSのみでDVDは発売されてされてない。

2001年はアニメが大規模に再放送されており、それに合わせる形で初期公演と同じく原作とアニメに添った公演が制作され、2004年には内部太陽系戦士のキャストが上海のイベント「2004动漫形象博览会」へ遠征しミニライブを行った。そして2005年冬の『新・かぐや島伝説【改訂版】』でバンダイ主催による公演は終了した。

ネルケ版

2013年に「セーラームーン生誕20周年の企画」のひとつとして、ドワンゴネルケプランニングにより8年ぶりに新規公演『-La Reconquista-』から始まり『-Le Mouvement Final-』まで5年間上演された。

バンダイ版とは違いターゲット層は成人女性で男性役を含めた「全キャストを女性(オールフィメール)」になり、これは次の乃木坂46版にも続く事になる。キャストの特徴としてメインキャラだけでなく悪役でも宝塚歌劇団OGが多数出演した。同時期に放送していたアニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』と同じく原作漫画がベースの舞台化なのだが旧アニメやバンダイ版ミュージカル要素も含まれる。

2014年に第2段としてブラックムーン編となる『-Petite Étrangère-』が公演され、2015年には海外に飛び上海で初公演された(バンダイ版でも海外進出はあったがあくまでもイベントであり公演はネルケ版が初めてである)。

同年2015年に第3弾としてデス・バスターズ編となる『-Un Nouveau Voyage-』が公演されこの公演でセーラー戦士役の5人の卒業が決定された。ちなみに副題である『Un Nouveau Voyage』とはフランス語「新たなる旅立ち」という意味である。

2017年にはアメリカのテキサス州にあるヒューストン市で行われたアニメイベント「Anime Matsuri 2017」に出演したり『-Le Mouvement Final-』では先代セーラームーンがセーラーコスモス役を演じており、ネルケ版セーラームーンを演じた役者が同時に舞台に立つ事になった。ちなみにミュージカルでセーラーコスモスが登場したのはこの公演が初である。

乃木坂46版

「美少女戦士セーラームーン25周年プロジェクト」の一環として2018年に発表され乃木坂46メンバーが主要キャストを務め6月と9月に上演された。2019年にはタキシード仮面を除くキャストが一新され再演された。

内部太陽系戦士は乃木坂46のメンバーから選ばれた10名が「Team MOON」「Team STAR」の2つのチームに分かれて演じており、また製作委員会には上記のバンダイ、ネルケプランニング両社が名を連ねている。

6月と9月では異なる演出で上演されており、公演項目は「ダーク・キングダム編」と「スペシャルライブショー」なのだが6月のライブショーでは「La Soldier」や「FIRE」が使用され、9月の「ダーク・キングダム」では演出が変わっていたり、ライブショーでは新たに「ソーラーミラクルメイクアップ」が使用された。

2019年では乃木坂46版として初めての海外公演があった(上演場所はネルケ版と同じく上海)。

今後の展開

2019年に予定されていた新プロジェクトが2020年夏に変更された。

キャスト

人数が非常に多いため、ここではセーラームーンを演じた役者のみを掲載。


キャストは初代ちびうさを演じた川崎真央が後にゲストとしてブラックレディに抜擢され、復帰する例もある。川崎真央と堀田実那はちびうさ役を降板後、ちびちびを演じている。

太陽系セーラ戦士を演じていたキャストが悪役として再登場する例も稀ではない。また、ダーク・キングダム四天王は原作では全員が男だが、5代目を除いて男女混合で演じられていることがある。

ミュージカルのオリジナルキャラクターも存在しており中には人気の高いキャラクターもおり、セーラーアスタルテルーフ・メロウなどが挙げられる。

なお、その他主要キャストはWikipediaのセラミュ記事に詳しいのでそちらを参照すること。

タイトル一覧

※公開年は年を跨ぐ場合は越した年を表記

バンダイ版

初代大山アンザ
公演年演目名
1993年
美少女戦士セーラームーン
  • 外伝ダーク・キングダム復活篇
1994年
美少女戦士セーラームーン
  • 外伝ダーク・キングダム復活篇【改訂版】
1994年
美少女戦士セーラームーンS
  • スーパースプリングフェスティバル
1994年
美少女戦士セーラームーンS
  • うさぎ・愛の戦士への道
1995年
美少女戦士セーラームーンS
  • 変身・スーパー戦士への道
1995年
美少女戦士セーラームーンS
  • 変身・スーパー戦士への道【改訂版】
1995年
美少女戦士セーラームーンスーパーズ
  • 夢戦士・愛・永遠に
1996年
美少女戦士セーラームーンスーパーズ
  • 夢戦士・愛・永遠に…サターン復活篇【改訂版】
1996年
美少女戦士セーラームーンスーパーズ
  • スペシャルミュージカルショー
1996年
美少女戦士セーラームーン
  • セーラースターズ
1997年
美少女戦士セーラームーン
  • セーラースターズ【改訂版】
1997年
美少女戦士セーラームーン
  • 永遠伝説
1998年
美少女戦士セーラームーン
  • 冬永遠伝説【改訂版】
二代目原史奈
公演年演目名
1998年
美少女戦士セーラームーン
  • 新・伝説光臨
1999年
美少女戦士セーラームーン
  • かぐや島伝説
1999年
美少女戦士セーラームーン
  • かぐや島伝説【改訂版】 夏休み!!宝石探検隊
三代目神戸みゆき
公演年演目名
2000年
美少女戦士セーラームーン
  • 新/変身・スーパー戦士への道 ラストドラクル序曲
2000年
美少女戦士セーラームーン
  • 決戦/トランシルバニアの森 ~新登場!ちびムーンを護る戦士達~
2001年
美少女戦士セーラームーン
  • 決戦/トランシルバニアの森【改訂版】最強の敵 ダーク・カインの謎
2001年
美少女戦士セーラームーン
  • ラスト・ドラクル最終章 超惑星デス・バルカンの封印
四代目黒木マリナ
公演年演目名
2001年
美少女戦士セーラームーン
  • ~誕生!暗黒のプリンセス ブラック・レディ~
2002年
美少女戦士セーラームーン
  • ~誕生!暗黒のプリンセス ブラック・レディ~【改訂版】惑星ネメシスの謎
2002年
美少女戦士セーラームーン
  • 10th ANNIVERSARY Festival
2002年
美少女戦士セーラームーン
  • 無限学園~ミストレス・ラビリンス~
2003年
美少女戦士セーラームーン
  • 無限学園~ミストレス・ラビリンス~【改訂版】
2003年
美少女戦士セーラームーン
  • ~スターライツ★流星伝説~
2004年
美少女戦士セーラームーン
  • 火球王妃降臨
2004年
美少女戦士セーラームーン
  • 新・かぐや島伝説
2005年
美少女戦士セーラームーン
  • 新・かぐや島伝説【改訂版】


ネルケプランニング版

五代目大久保聡美(ネルケ初代)
公演年演目名
2013年
美少女戦士セーラームーン
  •  -La Reconquista-
2014年
美少女戦士セーラームーン
  •  -Petite Étrangère-
2015年
美少女戦士セーラームーン
  •  -Un Nouveau Voyage-
六代目野本ほたる(ネルケ二代目)
公演年演目名
2016年
美少女戦士セーラームーン
  •  -Amour Eternal-
2017年
美少女戦士セーラームーン
  •  -Amour Eternal-再演
2017年
美少女戦士セーラームーン
  •  -Le Mouvement Final-


乃木坂46版

七代目山下美月(乃木坂初代、Wキャスト)
公演年演目名
2018年
乃木坂46版 ミュージカル美少女戦士セーラームーン
  • 天王州 銀河劇場ver.
七代目井上小百合(乃木坂初代、Wキャスト)
公演年演目名
2018年
乃木坂46版 ミュージカル美少女戦士セーラームーン
  • TBS赤坂ACTシアターver.
八代目久保史緒里(乃木坂二代目)
公演年演目名
2019年
乃木坂46版 ミュージカル美少女戦士セーラームーン
  • 2019


公式HP

25thアニバーサリー スーパーライブ

公式HP

関連イラスト

バンダイ版ネルケ版乃木坂46版
Everlasting Moonlight
セラミュ Un Nouveau Voyage 記憶スケッチ
乃木坂セラミュ衣装


集合絵

センシティブな作品
今年のセラミュ



関連項目

美少女戦士セーラームーン セラミュ ミュージカル 舞台

関連動画

バンダイ版


ネルケ版


乃木坂46版


外部リンク

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」公式サイト
ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」~La Reconquista~ 公式サイト
ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」~La Reconquista~
ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」~Petite Étrangère~
ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」~Un Nouveau Voyage~
ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」新作公演

関連記事

親記事

美少女戦士セーラームーン びしょうじょせんしせーらーむーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セーラームーン(ミュージカル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136266

コメント