ピクシブ百科事典

結城リト

ゆうきりと

漫画『To LOVEる -とらぶる-』の主人公。
目次[非表示]

表記について

正しい名前は「結城梨斗」であるが、カタカナで表記される場合が多いのでこちらで解説する。

プロフィール

名前結城梨斗/女性化夕崎梨子
誕生日10月16日
身長164.5cm/女体化:163cm
体重62kg/女体化:52.5kg
スリーサイズB83/W64/H76/女体化:B85/W55.5/H84
血液型O
特技サッカー・ゲーム関連
好きなもの植物・唐揚げ
苦手なもの恋愛・ゴキブリ
学年彩南高1年(49話から2年)
家族構成父(才培)、母(林檎)、妹(美柑)
CV渡辺明乃


概要

一級フラグ建築士
恋愛に非常に奥手な性格で、中学校からの幼馴染である西連寺春菜に恋をしている。
スポーツ万能だが、学業成績の方はあまり芳しくない。
ある日、突然謎の宇宙人ララ・サタリン・デビルークがリトの家にやって来て彼の運命が大きく変わることとなる。
ラッキースケベであり、毎回美少女トラブルを起こしてはボコボコにされている。
元々父親が漫画家、母親が世界を飛び回るキャリアウーマンと言う特殊な家庭環境な為に自宅には美柑と二人きりで暮らしていたのだが、序盤でララ、中盤からはモモとナナとセリーヌ(幼女ver)と5人もの美少女と同居、更に外に出れば知り合いの美少女に囲まれるなどある意味純情すぎるリトにはさぞ心休まる暇がない状況と言える。

色んな女の子フラグを立てたものの、(少なくとも無印最終回の時点では)最終的に初恋相手の春菜を選んだ辺りしっかり者である。

また、ララの発明品「パイパイロケットくん」の誤作動で女体化までしており、男友達の猿山ケンイチにまでフラグを立てている。ちなみにかわいくなっても面が割れているキャラには容赦なく殴られることもある不憫な男でもある。

「ダークネス」61話にて、ギド・ルシオン・デビルークとの戦いで消滅しそうになったネメシスをなんと自身の体に憑依させるというある意味ガチで特異体質になってしまった。。幼女を自分の体の中に宿す主人公…あれ、どこかこんなの見たような

pixivでもこの女体化リト(自称:夕崎梨子、通称:リコ)の方が投稿数が多かったりする。

ラッキースケベについて

昨今のハーレムラブコメでは主人公ヒロインへのラッキースケベなど日常茶飯事だがその中でもリトは偶然で済ますには無理があることをしでかしまくっている。
以下ラッキースケベ一例。

・朝起きたら必ず宇宙人の美少女が布団にもぐりこんでいる。更に寝相が悪く、無意識に女の子をぺろぺろしたりデビルーク三姉妹の場合は尻尾を舐めて感じさせることも。
・つまづいたらおっぱいを揉みしだく。あるいはその手がパンツの中に滑り込む。ひどいときは股間にダイブしてくぱぁ
・女の子とぶつかるとなぜか顔面騎乗位(酷い時は生顔面騎乗位)の体制になる。「もはや物理法則もへったくれもないですね」by金色の闇
触手などのにゅるにゅるに襲われると必ずリトも一緒に巻き込まれて美味しい目にあう。

なお、ヒロインたちは基本彼が「わざとやっているわけではない」ということはしっかり分かっているのでリトを殴ったり叱ったりはするが決して彼を嫌うことはない。羨ましすぎである(ちなみにララ、ルン、モモ、芽亜、ネメシスの5人はラッキースケベを受けても殴りもしないし怒りもしない)。彼のラッキースケベは同級生や先輩後輩限定というわけではなく教師にも及び、最近ではとうとう人妻にまでしでかした

さすがはリトさん!俺たちにできないことを平然と(ry

もはや特殊能力である
転べば的確に何かを掴み揉みしだく。あるいは谷間にダイブ、ひどいときは股間にダイブしている
中の人曰く吸引力だと。御門先生曰く病名を付けるなら『突発性ハレンチ症候群』だそうである。

なおダークネスに覚醒した際は例外的にヤミを元に戻すために、自発的にダークネスに対しセクハラを行った。そのおかげで結果としてダークネスは金色の闇へと戻れたため、芽亜が言った通り彼のハレンチが世界を救ったと言っても過言ではない。
ちなみにリトは他のキャラの妄想、あるいはジキド花を嗅いで性格が変貌した際などに理性が崩壊して自発的にハレンチを行う場面は何度か描かれていたが、彼が不可抗力でもなんでもなく自らの意思で女性にセクハラを行ったのは現時点ではダークネスの一件が唯一。



リトがフラグを立てた相手

恋心を抱いているのが確定的

元々「女の子に免疫がない」「女子の水着を想像するだけで赤くなる」「女子と会話したことも殆どない」という設定だったのに現在はこの有様である。

  • 西連寺春菜…中学時代からリトが片想いしており、春菜の方も優しい性格のリトに好意を持っており実は相思相愛の仲…なのだがリトからの告白の度に邪魔が入る、春菜も春菜でアプローチが控えめなのも相俟ってなかなか進展しない。2016年現在合計4度告白を受けているがどれも全て邪魔が入り失敗している。しかし最近では不可抗力とはいえ、彼女とのファーストキスが描かれてしまった。

  • ララ・サタリン・デビルーク…元々ララ自身は家出から帰らない口実としてリトを好きになったとして嘘をついていたがリトが言った言葉を自分に向けての言葉と勘違いして本気でリトを好きになった。ダークネスではハーレム計画のことは知らないが「リトが私や春菜と結婚すればみんな幸せになれる」と考えているので肯定する可能性は高い。

  • 結城美柑ブラコン愛)…美柑自身は元々兄とララと春菜の三角関係を見て楽しんでいるだけだったが、次第に兄がいろんな美少女とフラグを立てたことで今ではリトに兄妹以上の感情を持ってしまっている。とらぶるクエスト編では寝る場所がないリトを見て「一緒に寝てもいい」という発言をしたり、ダークネス番外編では実際に一線を超えそうになってしまった。更に芽亜が料理をする際に起こったアクシデントでリトの立派な逸物を間近で見てしまったことも。最近では『モモへの牽制』とかこつけて自分からリトと一緒に風呂に入るなど、もはやブラコンでは済まないレベルになっている

  • ルン・エルシ・ジュエリア…別人格のレンがアクシデントでリトにキスをしたことで女であるルンがリトに惚れてしまい、そこからは積極的なアプローチを繰り返している。リトに対する気持ちはララやモモと同等なくらいに強く、ダークネスでは半分が男であることが足枷になっていることをかなり気にしていることを泣きながらリトに吐露したこともあるが直後に分離したことで問題は解決。より積極的になる。基本的にリトにラッキースケベを受けても全く恥じらわない。また今では『マジカルキョーコ』などのTV出演をする際に必ず見るようにリトへ連絡することもある。

  • 金色の闇…リトによるラッキースケベ被害者筆頭の一人。元々は嘘情報でリトを暗殺しにきたのだがララと友達になったことでリトを殺すまで地球に滞在することに。当初はリトに惚れるようなフラグはそれほど立っていなかったがトランス能力の使い過ぎで体調を崩して倒れたところを助けられたことをきっかけに次第に彼の優しさに触れ、段々と心を許していきダークネスでは美柑にも話さない悩みをリトに相談したり、過去を打ち明けるなどかなり自分の中のリトの存在が大きくなっている。また二回ほどリトの立派な逸物を目撃している。そしてダークネスに覚醒した際にリトへの恋心がバグという形で表れていたことやあやうく町を破壊するところだったのを彼に助けられてからは、相変わらず素直にはなれないものの以前に比べるとリトと積極的に仲良くなろうと自分なりに努力しているようである。

  • 古手川唯…リトによるラッキースケベ被害者筆頭の一人。初期はリトを危険人物としてマークしていたが様々なラッキースケベや交流を深めるうちにリトの優しさに惹かれ、ネガティブな感情は好意へと変わっていく。ダークネスではモモの策略で裸Yシャツ姿でリトに押し倒された時は覚悟を決めて彼を受け入れようとしたりで実は幼少時代に結城兄妹と出会っていたことが判明した他、最近ではリトとの結婚はおろか、彼の子どもを妊娠する妄想をするほどリトのことが好きになってしまっている(が、それでも認めようとはしない)。だが、リトとセリーヌと唯で接する姿はどう見ても親子にしか見えなかったりする。

  • モモ・ベリア・デビルーク…ララの妹。元々リトに対してかなりの好感を持っており、病気のセリーヌを必死に心配する彼の姿を見て以降完全にリトにベタ惚れ状態に。それからはルン以上に過剰かつ積極的なアプローチ(主に自身のプロポーションを生かした)を繰り返しており、『ポジションにはこだわらない』という発言からNTRの座を狙っているかと思われたが、ダークネスでは姉の発言をきっかけに『自分を含めたみんなで幸せになるため』にリトのハーレムを作るために暗躍を開始する。しかしいざリトと事に及ぶことを想像すると緊張して躊躇ってしまう純情な一面も。

  • ナナ・アスタ・デビルーク…ララの妹。ララとモモがリトにべた惚れな一方で唯一『弱そう』『パッとしない』『ケダモノ』『姉上には合わない』など、かなり散々な印象を持っていたが、次第にリトの純粋な人柄と優しさに惹かれていき、『ToLOVEる』の時点では曖昧だったものの『ダークネス』の時点では彼の(春菜に向けた)告白を勘違いしてしばらく悶々としたり訳有りとはいえ一緒にお風呂に入るなど、明らかに脈有りな描写が増え続けている。凛の一件でまたモモから「お子様だと思ってたのに先を越された」とモノローグで言わしめるまでに成長した。

  • 九条凛…リトを嫌ってる天条院沙姫(主にラッキースケベによる被害)の従者。当初はリトの事をどうとでも思っていない素振りでフラグが立つ気配は微塵も無かったが、『ダークネス』になってから偶然出会ったリトの妹美柑からリトの話を聞くうちにその認識を徐々に変えつつあったが、31~33話の魔剣『ブラティクス』に意識を乗っ取られた際に芽亜の助力もありつつ、自らの意識にまで入り込んできたリトに助けられた事で好意を持つようになる。もっともリトの方は金色の闇の手柄にしようとしたが凛がそれを許さなかった為である。沙姫からはこの一件で「恋する女の顔」とまで言われるようになる。

脈有りだがまだ確定的ではない


  • 黒咲芽亜…基本的にリトに対してはかなり積極的に接していて、彼へのからかいついでにえっちぃことを強要させることもしばしば。リトとの絡みは序盤から多いのだが、意外にもまだ明確にリトを異性として好きになっていないキャラの一人である。おそらく恋愛という感情自体を理解していないと思われるのでそれさえ理解すれば一気に進展する可能性は高い。また最近ではリト以外の人間にぺろぺろされてもしっくりこないとも言える描写もある。

  • ネメシス…対面そうそういきなり股間にダイブされるが全く動じず、むしろ「虚を突かれた」と評価した。ネメシスの方から風呂場に侵入してリトに迫ったり、怪談話にかこつけて調教しようとしたりとフラグを立てたというよりもネメシスの方から逆に攻略されかかっているという状態である。しかし決して険悪な仲というわけでもない。

  • 霧崎恭子…元々は学校も違う完全な赤の他人だったのだが、友人のルンを通じてリトと知り合いになる。ルンとリトの三人でデートした際のアクシデントで全裸を見られたが許してしまうほどに好感を持つ。さらにわけあって彩南高校へ講演に訪れた際にお姫様だっこで窮地を助けられその後アクシデントでほぼ全裸に近い恰好のまませまいロッカーにリトと二人きりで閉じ込められて急接近した。それ以降はリトを少なからず意識し始めた様子。その後58話においてまたしてもリトへの好感度が上昇してしまった。

  • 籾岡里紗…作品初期からのクラスメイトでそれなりに付き合いも長い。当初はそれほどリトとの絡みは多くなかったが春菜やララを通してリトとの交流も増えていく。基本的には純情で奥手なリトをからかったりなど良き女友達としての描写が多かったが『TL』終盤でナンパ男から逃げるためにリトに彼氏のフリを頼んだりその後に成り行きで自分の部屋にリトを連れ込んで迫ったことがある。このエピソード以降は『ダークネス』においても度々リトに少なからぬ好感があるような描写もちらほらある。

  • 猿山ケンイチ…リコに惚れる。当然ながらフラグが回収される気配は微塵もない

…とまあ合計15人にフラグを立て、しかもその内の9人が宇宙人(恭子はハーフ)で地球人が6人(しかもその中には実妹もいる)であるなど、近年のラノベやエロゲーの主人公なんか目じゃないくらいにモテモテになってしまっている。なおこの中でリト本人が自分への好意を自覚しているのは積極的なアプローチをしてくるララとルンの二人だけであり後は全く気づいていないという朴念仁ぶりも持ち合わせる。アプローチが控えめだったり(春菜)、ツン成分強めだったり(ヤミ、ナナ、唯、凛)、アプローチがハレンチすぎたり(モモ、芽亜、ネメシス)、身内だったり(美柑)するので仕方ないと言えば仕方ない。

ここまで来ちゃったらもうハーレム作ったほうがいいんじゃね?

余談

結城家族は、「結城梨斗」「結城美柑」「結城林檎」「結城才培」と、果樹園を連想される名前である。

関連タグ

ToLOVEる ToLOVEるダークネス
一級フラグ建築士 ハーレム 一夫多妻
主人公

pixivに投稿された作品 pixivで「結城リト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1209069

コメント