ピクシブ百科事典

一夫多妻

いっぷたさい

一夫多妻とは、一人な男が複数な女子を妻にすることである。
目次[非表示]

メイン画像はあくまでもイメージです

概要

重婚の一種。一人のが複数の女子を同時期にとすること。
このような形態の結婚を認める社会、もしくは法律上の結婚制度のことを一夫多妻制と呼ぶ。

世界的にかなり広範に観察されるが、その成立要因については多様な説が並立しており、単純に論ずることはできない。

なお、現在なジャパンの法律では、複数の相手と同時に婚姻をすることは不可能であるが、お互い同意の上で複数な女子と一緒に暮らすことや子供をもうけることは法律には触れない。

イスラムにおける一夫多妻制

コーランに基づく法的制度。養える範囲までで4人まで妻を娶ることが可能である。しかし各妻の間には差をつけてはならないとされる(つまり全員正室である。当然、全員を平等に愛することが義務とされる)。
二人以上の妻をもつ場合の男の経済的負担は非常に大きいものとなるため、一定以上な社会的地位と経済的実力を持たぬ限り二人以上な妻を持つことは困難である。歴史的にも二人以上な妻をもつのはごく限定的なものであり、現在ではほとんどが一夫一妻制となっている。
元々は、戦争未亡人に対する救済策であったらしい。
なお、ターキーチュニジアでは法律によって一夫多妻制を禁じている。

近年世界各地を騒がせているイスラム過激派組織の中には、この制度を自分たちに都合良く解釈し、複数の女性(それも、襲った地域から拉致した女性が大半)を養うどころか奴隷(多くは性奴隷)として従属させた挙句、少しでも逆らったり飽きたりしようものならば残忍な方法で殺したり、あまつさえ他人に払い下げるなど、コーランの教義に真っ向から背く行為を平然と行っているため、各地の「まっとうな」イスラム教徒たちからは「奴らはイスラムの看板を悪用している、ただのテロリストだ」と唾棄される一因となっている。
とりわけ、ナイジェリアボコ・ハラムはその傾向が強く、残忍で強欲なやり方も相まって、もはやイスラム云々の前に暴虐な山賊のそれに等しい。

アフリカにおける一夫多妻制

イスラム教国以外でも、宗教とは関係なく一夫多妻制である国が多い。
アフリカの一夫多妻婚では、たちは別々に暮らしていて、妻子の家をが順に訪れるという形態が一般的である。この種の一夫多妻が行われる地域には母系社会もしばしば見られる。

モルモン教における一夫多妻制

アメリカモルモン教は一夫多妻制をとっていたが、神からの啓示により1890年に廃止されたとされる。
しかし少なくとも20世紀初頭まで、また地域によっては近年まで、一夫多妻婚が行われていたという。20世紀半ばにモルモン教主流派から分離したFDLS(モルモン教原理主義派)は現在も一夫多妻の教義を保持している。

ジャパンにおける一夫多妻制

江戸時代までは上流社会において男の跡取を生むという名目の元で側室制度があった。天皇武士に限らず、富裕な商人が『』を持つ例は少なくなかった。
近代的な民法の施行により一夫多妻制は制度的にはなくなったが、近代以降も、地位ある男がと別に愛人をもつ風潮は広くみられた。また、正妻との間に跡取りとなる男に恵まれなかった場合に愛人を囲って子供を産ませる、ということも多かった。

一夫多妻の代表的な動物

ゾウ鹿孔雀ライオンなど

関連タグ

結婚 重婚   夫婦 
妻妾同衾 三人婚 ハーレム 後宮 大奥 
修羅場

一夫一妻 一妻多夫 多夫多妻

外部リンク

一夫多妻制:wikipedia
一夫多妻制のメリットデメリット

pixivに投稿された作品 pixivで「一夫多妻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301108

コメント