ピクシブ百科事典

ボコ・ハラム

ぼこはらむ

ボコ・ハラムは主としてナイジェリアで活動するイスラム過激派系テロ組織。
目次[非表示]

ナイジェリアに存在するサラフィー・ジハード主義(現状改革の上で初期イスラムの時代を模範としてその時代に回帰すべきでありその実現を図るために犯罪テロを行う戦闘的な主義主張)組織、ボコ・ハラム(Boko Haram)正式名称「宣教及びジハードを手にしたスンニ派イスラム教徒としてふさわしき者たち(Jamāʻat Ahl as-Sunnah lid-daʻwa wal-Jihād جماعة اهل السنة للدعوة والجهاد‎)」である。

概要

 この団体のBokoはハウサ語(ナイジェリア北部からニジェール南部にかけて用いられる言葉)で「西洋式の非イスラム教育」を意味し、Haramアラビア語で「罪」の意味である。つまり Boko Haram とは「西洋の教育は罪」という意味となり、日本語においての性的な意味ではない。
しかしこの団体は西洋式教育だけでなく西洋文明キリスト教現代科学、特にダーウィン主義(チャールズ・ダーウィンに始まる進化研究に関わるさまざまな現象や概念に対して用いられる単語、集団遺伝学などを含む)を攻撃している。
 またこの団体は活動地域にイスラム法(コーラン預言者ムハンマドの言行を法源とする法律、シャリーア)の導入を目指し武装闘争を行うイスラム過激派の一つであり「ナイジェリアのタリバン」と呼ばれる。
 その目的よりアルカイダと連携しており、2015年にはISILに忠誠を誓っている

団体の成り立ち

 この団体の創設者はモハメド・ユスフであり、代表として2009年まで存在した。
 前身組織は、1990年代中頃に設立されたイスラム教の学習グループとされ、2002年にナイジェリア北部のマイドゥグリで結成されたとされる。
 2004年には、ヨベ州に本部を移し、チャドなどから来た民兵も合流したとされる。ニジェールとの国境付近に設立した軍事訓練キャンプを「アフガニスタン」と呼び、そこから警察署の襲撃などを繰り返した。
 2009年にはナイジェリア警察の摘発を受けバウチ州で幹部数名が逮捕され、7月に治安部隊との間で活動地域であったバウチ州、ヨベ州、カノ州、カツィナ州において大規模な戦闘が行われた。この結果この団体からは700人を越える死者が出、リーダーであったモハメド・ユスフはナイジェリアの治安当局に逮捕されたものの、収監中に脱走を図り射殺(享年39)。それ以降はアブバカル・シェカウリーダーを名乗ることとなった。
 これ以降は一般人民を巻き込んだテロリズムに走り、刑務所襲撃や自爆テロ、特に学校を攻撃目標とするようになり数百名もの生徒を殺害した。行っている。
 またこのころアンサール(Vanguard for the Protection of Muslims in Black Lands 、アラビア語:Jamāʿatu Anṣāril Muslimīna fī Bilādis Sūdān جماعة أنصار المسلمين في بلاد السودان‎)という団体が分派した模様である。
 2013年、ナイジェリア大統領はこの団体の活動を宣戦布告とみなし、非常事態宣言を発令。活動により隣国であるニジェールに難民が3万人以上が避難。またアメリカ合衆国にもテロ組織認定される。この団体はそれ以降市民を襲撃するようになり、少なくとも200人近い数の住民が死亡している。
 2014年になってもこの団体の活動はやまず、1月か4月の終わりまでで4000人近くを殺害しているとされ、またナイジェリア生徒拉致事件(2014年4月の14~15日にかけてボルノ州の公立中高一貫女子学校から276名の女子生徒が拉致され、殺害されたり人身売買の材料とされているといわれる事件)が発生した。

団体のリーダーおよび指揮系統

 この団体の2014年現在の指導者はアブバカル・シェカウ(オリジナルは2003年の時点で既に死亡しておりその後複数の人物が名乗っているとナイジェリア秘密警察の広報官指摘)である。
 この状況は組織内でアブバカル・シェカウの名前が1人歩きし、指導者のブランドと化している為、あるいは真のリーダーの身元を隠匿するためと推測され、名乗ったものの一人は2014年にボルノ州内の戦闘により死亡していることが明らかとなっている。
 主要メンバーには、Mallam Sanni Umaruがいる(誰?)。
 2014年10月、ボコ・ハラムとナイジェリア政府との間で和平交渉が持たれたものの、この過程でアブバカル・シェカウの代理を名乗る者が殺到した
 これによりこの団体の事実上のリーダーおよび指揮系統の全体像は非常に不明瞭であり、交渉の窓口も不明瞭となっており、実際に複数のリーダーを名乗る人物が存在しそれぞれが勝手に動いているのか、それともそれは欺瞞工作であり、そう見せかけているだけなのかは不明である。
 また、交渉を行ってもそれを他のリーダーが認めない、ということがあると推測される。

関連タグ

テロリスト
イスラム過激派 ISIL アルカイダ

参照

wikipedia同項目およびナイジェリア生徒拉致事件、そのリンク先。

コメント