ピクシブ百科事典

ネメシス(ToLOVEる)

ねめしす

ネメシスとは、『ToLOVEる-ダークネス-』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

まだ寝るのは早いぞ、下僕よ

プロフィール

生年月日12月31日
身長142cm(普段)166cm(大人化)
体重不明
スリーサイズB65-W51-H68(普段) B91-W57-H88(大人化)
特技変身能力(トランス)、調教
苦手なし
CV日高里菜

※ToLOVEるダークネス楽園計画ガイドブックとらぶまにあより引用

素性

黒咲芽亜の上司的な存在で、『ダークネス計画』を実行するため、彼女を姉であるヤミの元へ送り込んだ張本人。
芽亜からは当初「マスター」と呼ばれていたが、後に「ネメちゃん」と呼ばれるようになる(ネメシス本人もこの呼び方に対して「悪くない」と満更でもない様子である)。

当初の服装は黒いワンピース一枚だったが、夏祭りの際に浴衣を気に入った模様。
そのためか、トランスで黒の浴衣を身に纏っており、それ以降はこの姿がデフォルトになる。
そしてこの時に髪型もツーサイドアップにしている(最初のトランスでは若干浴衣のデザインが異なっており、髪型もサイドテールで、狐面によく似たお面を身に付けていた)。
みたらし団子が好物で、よく頬張っている。

性格

"物理的"な破壊と"心理的"な破壊、特に後者を好み、相手を調教して喜ぶ生粋のドSであり、大人びた言い回しをするが根本は無邪気で、興味を持ったものは観察し、見ているだけでは満足できずに接触してきたり、抑えが利かなくて暴走するなどと、子供らしい一面がある。
メアと同じように恥じらいが無いらしく、胸がはだけた姿を見られても平気、更にハレンチな行為の一つである女性器に顔面ダイブをされても発情したと捕らえて平然と胸を押し付けたり性行為を求めてくる。
基本的にはメアを通しているので、表には滅多に出てこない。
悪役っぽい性格に見えるが、完全に冷酷非情なキャラというわけではない様子。

51話では、ふとしたことでリトへのいたずらとして巨人化ガスをあびせて彼を巨大化させるつもりが、そのガスが地球人と体質が合わなかったために幼児化させてしまい、赤ん坊になったリトを「お守りなんてめんどくさいのはごめんだ」という理由でたまたま通りかかった古手川唯にお守りを押し付けた。
そのおかげで唯は周りの人間にシャレにならない誤解を受けることになる言うまでもない…。
このことから無邪気である一方遊ぶだけ遊んで後始末は他に任せるタイプ

能力

ヤミメアと同じくトランス能力を持つ。
作中ではヤミがかつてしたように胸を大きくしたり自身の成長した姿に変身したりしたが、コレだけでは第2世代なのかはわからない。またネメシス本人が直接戦う描写も殆どないので戦闘能力は未知数。

能力かはわからないが、いつでも服を着せ替える事ができる、ララと同じような道具を使っているのかは不明(これはヤミも出来る)。
その後、精神も肉体も完全に融合するトランス能力「変身・融合(トランス・フュージョン)」を持つことが判明。芽亜と初めて会った時は自身の肉体が不安定な状態であり、存在を安定する器が必要だったため、「変身・融合」でずっと芽亜の中にいた。芽亜のトランス能力とお静の念力との協力により、芽亜の身体から引きはがされることになる(芽亜の身体と引きはがされたその後はファミレスゲーセンネットカフェ等に入り浸り、自由気ままに放浪していた)。

目的

ヤミを殺し屋に復帰させる『ダークネス計画』を進行させ、ヤミを本来の人格に戻して彼女に結城リトを抹殺させること。
…ではあるのだが、リトの周りの状況を見て何か思う事があるらしい…。

正体

ヤミメアが生み出された“プロジェクト・イヴ”と平行して進められた、全く別の「変身兵器開発計画」“プロジェクト・ネメシス”によって生まれた疑似生命兵器。
ダークマターをベースに生み出されたため、身体はダークマターでできている。

しかし、ギドとの激戦に完敗して消滅寸前だったところをリトに憑依することで消滅を免れた。
その後は憑依をしたリトと身体を共有するようになってから徐々に回復していき、リトクロから守ると同時に復活を遂げ、実体化した。

そして、金色の闇がダークネスの力を心次第で制御できるようになった為、ダークネス計画は事実上潰え、ネメシス自身も女である以上、リトの体質ではリトを調教する事も殺すことも出来ないので、その後は一時的に行方を眩ましていたが、校長を“家畜”(ネメシス曰く、“下僕”は特別な称号)として調教することで彩南高校に転入すると同時に、生徒会長をも籠絡させ、彩南高校の真・生徒会長に君臨し、学園の女子全員をリトの側室に迎えてハーレムを建設するという、モモとは異なる独自の『ハーレム計画』を宣言する。
しかも真・生徒会長として、自身の『ハーレム計画』に協力した暁には、籾岡里紗沢田未央をはじめとする女子には宇宙の珍しい宝石や銀河温泉旅行の献上、猿山ケンイチをはじめとする男子には猫耳エルフ耳などの宇宙人の美少女達との合コン開催、弄光とその取り巻きにはどんな服でも透視して写せる「宇宙カメラ」の献上等の条件を取り付けるが、リトが「ハーレムなんてありえない」とハーレムを真っ向から否定したことに加え、春菜リトに告白したことから、独自の『ハーレム計画』は保留という形で急遽中止した(尤もメアも、ネメシス独自の『ハーレム計画』には「リトせんぱいのためにハーレムを造るなんてネメちゃんらしくない」、「絶対にうまく行きっこないし、モモちゃんを怒らせるだけ」と否定的だった)。

真・生徒会長になったその真の目的は、心に嘘をついていない本当のモモの目の前でリトの心を虜にしモモの心を屈服させることであった。

対人関係

かなり癖のある性格をしているためか、リトや芽亜以外にネメシスと面識のあるキャラからはあまり良い印象は持たれていない。

ヤミ
『ダークネス計画』の中核ではあるのだが、地球で会うまで面識が無かったらしく、戦闘を土産に挨拶をしただけである。
しかしダークネスの発動条件に気付き、発動した際により強く発現させるためヤミに芽亜が作られた疑似人格であると嘘をついてヤミの精神に過大なストレスをかけ、ダークネスを目覚めさせてしまった。
その後、ヤミ自身はリト達の奮闘で正気に戻ったそれ以降はやはりというかなんというかネメシスに対しては良い感情は持ち合わせていない様子。

リト
『ダークネス計画』の中核ではあるのだがヤミと同じ時まで面識は無かったが、異性としてかは定かではないが彼に対してもかなり興味を持っている。どの程度といえば求められるままに体を預けても良いというレベル。

モモ・ベリア・デビルーク
リトの周りにいる女の一人という見方をしていたがメアからハーレム計画のことを聞いていたらしい。リトを交えてからかうことが多いため、モモからは天敵と判断され、嫌われている。
それ故、(ダメージを回復するためとはいえ)リトに憑依したネメシスがリトの身体を操って好き放題されたら『ハーレム計画』に支障をきたすと恐れたモモからは、「あなたのせいでリトさんと周囲の人間関係がおかしくなったら許しませんから」と脅しを交え、念を押されていた。

ナナ・アスタ・デビルーク
リトの周りにいる女の一人でありメアの知り合いという見方をしている。
今のところ絡みらしい絡みは見られない。

古手川唯
一度、手違いで幼児化させたリトのお守りを押し付けたことがある。
自ら発案した『ハーレム計画』を急遽中止にした際には「適当すぎるでしょネメシス……」と呆れられていた。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

ToLOVEる ToLOVEるダークネス 我々の業界ではご褒美です ドMホイホイ
褐色 ロリ

関連記事

親記事

ToLOVEるダークネス とらぶるだーくねす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネメシス(ToLOVEる)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1510177

コメント