ピクシブ百科事典

ファミリーレストラン

ふぁみりーれすとらん

ファミリー(家族)を主な客層として想定したレストラン。
目次[非表示]

ファミリーレストランとは、飲食店の形式の一つである。

概要

ファミリー家族)と付くように、一般的な中流家庭を主な客層として想定したレストラン
一般的な略称としてファミレスと呼ばれる。

主に洋食を中心とした安価で豊富なメニューを売りとし、いわゆる格式張った老舗レストランとはちがう、居心地の良い気軽な雰囲気を演出している。
言ってみれば、町の喫茶店や洋食屋を家族客向けに巨大化したようなものである。

細かい定義をいえば……

  • メニューは500〜2000円前後
  • 客席は80席以上
  • メニューの完成・配膳に要する時間が3分以上
という条件を満たすものを指す。



経営の傾向

日本のファミレスの多くは、フランチャイズ方式によるチェーン店展開が多く、セントラルキッチンと呼ばれる食品生産工場で各種メニューの大まかな調理や下処理を終わらせ、それを冷蔵・冷凍して各店舗に発送し、それを現場である店舗で完成させる形式が多い。
そのため、主要メニューは冷凍加工しやすいハンバーグステーキといった洋食や肉料理のメニューに偏る傾向にあり、大量発注のために本格的なレストランに比べると味で差を付けられてしまう部分がある。

そうしたマイナス要素を払拭すべく、昨今では品質向上と価格の安定を重視しており、安価であっても決して「本物」に見劣りしない『本格的な味』の追求が進んでいる。
またサイドメニューと呼ばれるフライドポテト唐揚げと言った調理を単品で出すメニューの増加、デザートの充実と季節限定メニューの開発、ランチ・ディナータイムでのメニューの差別化や式によるメニューの変化など、脇を固める小さなメニューの開発・発展や、時間季節に沿った経営法にも力を注いでいる。

そして、昨今のファミレスを語るに欠かせないものにドリンクバーがある。
これにより、客へのドリンクサービスに割く時間を軽減しつつ、客自身が自由に飲み物を選べるという満足感を刺激することに成功しており、多くのファミレスが導入している。
しかし同時に、俗に言う「ドリンクバー飲み」も登場するようになり、客席の回転率の低下を招いている一面もある。

学生客は一つのターゲットであると同時に店の回転効率の敵ともなっており、集団でドリンクバーとポテトだけを頼んで数時間に渡って騒ぐ団体客もいるため、あまり好意的には見られない傾向にある。

関連タグ

飲食店 料理

主なファミリーレストランチェーン

実在のもの

ガスト/バーミヤン/ジョナサンすかいらーく
ロイヤルホスト
神戸屋レストラン
デニーズ
サイゼリヤ
ジョイフル
馬車道
アンナミラーズ
びっくりドンキー

架空のもの

Piaキャロット
ワグナリア

ヴァリアブル・ジオ 多数の架空ファミレスが登場する格闘ゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ファミリーレストラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67768

コメント