ピクシブ百科事典

対魔忍

たいまにん

対魔忍とはアダルトゲーム「対魔忍アサギ」とその派生シリーズに登場する忍者である。
目次[非表示]

概要

アダルトゲームメーカーlilithが発売している看板作品である『対魔忍アサギ』及びそのシリーズ(対魔忍シリーズ)に登場する、超常的な異能を操る忍者たちの総称である。

対魔忍シリーズの世界於いて、人間界に進出して人々を苦しめる魔界の住人、そしてそれと結託する組織、それらに対抗するため、古来より歴史の影でそれら闇の勢力を討伐している。

よく勘違いされがちであるが「『退魔』忍」ではなく「『対魔』忍」が正確な表記である。
これについては非公式な見解ではあるが「魔を退かせるのではなく、魔と対決することを生業としているから」という説が有力である。

能力

シリーズの世界において、日本には世界で唯一魔界と人間界を繋ぐ門(ゲート)が存在し、進出してきた魔族たちに人々が苦しめられていた。
彼らの遠い祖先たちは、この時に人間界を訪れた一部の魔族(主に吸血鬼族で人間との融和を望んだと思われる者)たちと交わり、それにより人魔の混血児が生まれ、彼らが最初の対魔忍となり魔族たちと戦い始めた。

彼らやその子孫たちは、代々受け継がれてきた血に宿っている力を操ることによって、様々な異能を使うことができ、それがシリーズの世界における忍法となっている。ちなみにこの術を使うための力は作中では対魔粒子と呼ばれており、魔界では魔力と呼ばれる。

それぞれの対魔忍によって扱うことのできる術や戦法は大きく異なり、強さもピンキリであるため、アサギゆきかぜのような魔界から一目置かれるほどの実力者から、まるで戦闘に向かないような人物まで様々。

上記の経緯からもわかるように、対魔忍は言い換えれば人間界にやってきた魔族の末裔とでも言うべき存在でもあり、同時に、敵と同質の力を持ちながらも、それを社会秩序と正義のために行使している存在でもある。ただ、何世代にも渡っているためか、桐生によれば対魔忍の持つ対魔粒子と魔族の持つ魔性の力は性質が異なるらしい。

組織

忍者ということもあり、いくつもの家系流派が存在し、古来から続く一族による枠組みは現在でも根強く残っており、多くは家系によってまとまっている。
主となる家系とその当主を頂点とし、その下に主家の親類や側近の家柄などの傍家が続き、彼らが更に下忍の家系の忍たちを従えている。
上述したように対魔忍の異能は血筋によるものであるため、血を残すためにそれぞれ血族で集まって忍里が形成され、時代によって時の権力者と結びつき、彼らの支援や命を受けて、現世に現れた魔族を討伐することを任務としてきた。
しかし、その力が人間に対して向けられたこともあったようで、戦乱の時代においては大名に雇われた別の対魔忍同士で争われたこともあり、特定の里にルーツを持つ対魔忍の間に禍根を残している。

シリーズの舞台となる近未来においては、基本的に政府直轄の組織である内務省公共安全庁(初期は公安調査庁)の調査第三部(セクションスリー)の下に一本化されており、それまで各里に分かれていた対魔忍たちは、政府が新たな居住地として作り出した人工都市の五車町に集まって暮らしている。
ここに対魔忍の養成機関となっている学校の五車学園が存在し、次の世代の育成も行われており、卒業までに忍法に覚醒すると適性により、各部隊の下に配属される。それぞれの部隊で指揮を執る部隊長を総括する存在である対魔忍総隊長は、調査第三部の部長とやり取りし、共に政府と対魔忍を繋ぐパイプ役となっている。

危険と隣り合わせの仕事であるため、殉職者も多い模様(実際、OVAではモブの対魔忍が敵の襲撃で死亡するシーンがある)。そうしたことも背景にある…かは定かではないが、結婚などを契機に、愛する人と共に生きる道を選び、対魔忍を辞める人物もいるようである。

対魔忍一覧

原作シリーズ

対魔忍アサギ


対魔忍ユキカゼ


対魔忍紅


ママは対魔忍


アプリシリーズ

決戦アリーナ


対魔忍RPG


アクション対魔忍


男性対魔忍

アダルトゲームという事もあって女性の対魔忍が目立つが男性の対魔忍もいる。
しかも男性対魔忍は女性対魔忍と同じく好事家の間では大人気で高値で買い取るほど価値が高いらしい。
シリーズで登場した名有りの男対魔忍は以下の通り。
カッコ内は初登場作品。

  • 八津九郎(対魔忍アサギ2)…シリーズ初の男対魔忍かつ中々有能。元はレンジャー部隊所属。話がすぐ解決しかねないからか展開上、遠くに追いやられる事が多い。
  • 秋山達郎(対魔忍ユキカゼ)…ゆきかぜとは両思いだが、大抵NTR展開になる。ちなみに2人は展開の都合上、ヤれないという裏設定がある。
  • 沢木浩介(対魔忍アサギ3)…アサギの婚約者だった沢木恭介の弟で、彼の死後は彼女に育てられ、五車学園に通う。3で窮地に陥る戦犯の1人だったり人質だったりする。
  • 天満八生(決戦アリーナ)…シリーズ初のエロシーン有かつ、女体化する男対魔忍。
  • ふうま小太郎(対魔忍RPG)…対魔忍RPGの主人公。ふうま家の当主。忍術の才能は無いが知略と指揮に優れる貴重なタイプの対魔忍。主人公故に(エロ方面で)アサギや紅達ぐらい酷い目に遭う事がわりとあるが。
  • 上原鹿之助穂稀なお(対魔忍RPG)…男の娘女装対魔忍。対魔忍の例に漏れず(主人公がホモになるのを防ぐ関係で回想では)酷い目に遭う。
  • 二車骸佐土橋権左楽尚之助黒騎雫(対魔忍RPG)…敵陣営の幹部対魔忍。
  • 佐郷文庫(対魔忍RPG)…後に味方となるふうまの対魔忍。
  • 桃知東洋(アクション対魔忍)…敵陣営のボスでアサギの師匠。

余談

シリーズの人気から、現在は「魔物や悪の組織と戦う忍者」の一大ジャンルとなっており、本サイトではパロディも多く存在する。

ボディスーツを基調としたなんともエロチックな格好(通称対魔忍スーツ)が特徴(女性に限らず男性キャラクターもピチピチなボディスーツを着る人物も存在するが)ということで、このタグはそんな対魔忍のような格好をしたキャラクターが描かれたイラストにつけられる事がある。

具体的にどのような格好をしているのか知りたい人は関連イラストを参照すべし。
検索してみるとR-18イラストも多いので要注意(原作もR-18作品である)。

ちなみにGoogleで対魔忍と検索すると「対魔忍貸そうとして先生に見つかった。あだ名が対魔忍になった」のコピペブログも見つかる。一見の価値はある(と思う)。

劇中での「忍び」とは思えない短慮さや単純さ、脳筋っぷりはファンからも「頭対魔忍かよ」とネタされるほど。まぁ、作中登場する敵方の魔族や軍人も大体そんなもんなんだが…(早い内に主人公が捕まってエロいことされなきゃ話が始まらないが、最終的にそんな主人公に敵方が負けてくれなきゃ話がまとまらない。制作陣の苦悩は察するに余りあるといえよう)。
もっとそれが浸透し始めたのはアサギではなく対魔忍ユキカゼシリーズからであるが。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品
上級忍者しずねちゃん!
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品



対魔艦

艦隊これくしょん』のキャラクターに『対魔忍アサギ』シリーズのような衣装・設定をさせたパロディ
詳しくは→対魔艦

関連タグ

対魔忍アサギ lilith 決戦アリーナ 対魔忍RPG アクション対魔忍
ファンタジー職業 忍者 くノ一 ボディスーツ
戦うヒロイン ヒロピン ヒロインピンチ リョナ
対魔艦 大麻忍アギリ 対魔忍パロ
雨野狭霧 雨野雲雀
ダイバ忍

関連記事

親記事

対魔忍シリーズ たいまにんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「対魔忍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55546586

コメント