ピクシブ百科事典

目次[非表示]

女神のジュノよ。言っておくけど結婚関係の話はもう飽き飽きだからしないでよね?

プロフィール

性別
所属
属性精神
イラスト
CV民安ともえ


概要

イベント「ジューンブライド狂想曲」に登場した神様。
ユニットは決戦配布SRとイベント配布SRの2つ。
初登場はA・B・G所属の風遁衆に召喚され、ふうま小太郎アンジェを嫌々ながら祝福したりとレイドボスとして大騒動を引き起こしている。
昔こそは真面目に神としての務めをこなしていたようだが、現在は無限に続く使命にウンザリしてしまい非常に捻くれた性悪駄女神となり果てている。
ちなみにリリスの使い魔こと神殺しのベリリク、アマノウズメとは知り合いらしい。

わりと頻繁に顔を見せており、「早く来い来いお正月」登場した際は嫌々ながらふうま側の戦力となる面子を召喚していた。そしてイベント「ジューンブライド・アゲイン」に登場した後、同時期に「決戦“6月の女神”」にて配布SRとして実装。
クエスト内では性悪女神らしく防御無視の高火力で猛威を振るったりとレイドボス時代以上の強敵としてプレイヤー達を苦しめ、実装されて間もない彼女も泣きを見る羽目になった。
倒すのに相当苦労するのだが決戦配布のため、回想は無しである

その後、「ジューンブライド the Final」にて、配布SRとして再登場。
眷属のエムプサを引き連れ、ふうまを再び困らせようとするが、シュヴァリエからもらったセンサー(ふうまの運命の相手に反応するらしいが、鹿之助なおにも反応していた)もあり、自身もウェディングドレスを着せられた。
だが、エムプサに命じて、町中の人にウェディング衣装を着させる騒動を起こす。ちなみに、エムプサはジュノ以上に常識人で心優しい苦労人だったりする。
やむ終えずふうまはセンサーを手放し、蛇子と共にウェディング姿になった。ちなみに、蛇子は黒いウェディングドレスになったが、これは蛇子のタコ墨のせいでこうなったらしい。
そのまま二人を結婚させようとするも、お互いに「結婚してもいいかも」といい雰囲気になり、嫌がらせになっていないと不機嫌になり、全てを元に戻して、エムプサと共に帰っていった。

なお、今回はきちんと回想付き。決戦配布キャラに回想が付くのは初めてである。もっとも、担当絵師がエロが描ける旭氏だからこそ実現できたと言える。
モブ相手の子を妊娠するというもので、旭氏のキャラ恒例の、貧乳ながらも母乳属性付き。


結婚を司る女神

ギリシャ神話におけるゼウスの妻ヘラ(ローマ名ユノ、英語名Juno)に由来。
ジュノは6月を守護する象徴とされ、「6月の花嫁(ジューン・ブライド)」に祝福と加護を与える役割を担っている。
腐っても神様なので、作中では常識を無視する規格外な能力を見せていた。

関連タグ

対魔忍アサギ 対魔忍RPG
ふうま小太郎 アンジェ(対魔忍) 水城ゆきかぜ 相州蛇子

関連記事

親記事

対魔忍RPG たいまにんあーるぴーじー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジュノ(対魔忍)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12104

コメント