ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「相州蛇子だよ~。これからもよろしくね♪ って、いまさらかなぁ? でもこれからは、もっと一緒にいられるね!」


プロフィール

身長149cm
スリーサイズB90(H)W58H85
性別
出身ふうま一門(下忍の家格)
所属対魔忍
属性超人🔴
イラストカガミ
CV疾風はる(対魔忍RPG) 渕上舞アクション対魔忍

概要

五車学園一年生の、対魔忍。主人公のふうま小太郎二車骸佐心願寺紅など、ふうま家とは幼なじみで、学級委員長。

学園では優等生であり、一門の生徒のいじめからふうまをかばったり、骸佐を叱責するなど、同級生からの人望は篤い。

今現在、ユニットとしては、五車限定のSRと、ハロウィン限定のSR、花嫁限定SRの3体が実装されている。


獣遁の術使いで、身体の一部を蛸に変化させることが出来る。

ふうまからは「なんで子なのにタコなんだ」とツッコまれている。

が、曾祖母の名前が「蛇子」であり、先祖代々、大蛇の獣化忍だったとのこと。

母親からも、「自分が妊娠中にタコの刺身を食べすぎたからこうなったのかしら」と気にされている。

本人も、かつてはコンプレックスだったが、「この足で守れた仲間もいる」という理由で、今は気に入っているとのこと。


一人称は「蛇子」。世話焼きであり、身近な人物のことはちゃん付けで呼ぶ。ふうまのことも「ふうまちゃん」と呼ぶ。

ふうまのことは異性として意識しているが、ふうまがギャルゲ主人公よろしくニブチンなので、その好意には気づいてもらえない。

それゆえ、恋敵には敏感。ふうまに好意を抱いている獅子神自斎に対して、「自斎ちゃん」ではなく、「獅子神さん」と若干距離を置いた呼び方をするほど。

もっとも、自斎自身、自分から他人との距離をとる性格なので、この対応は特別おかしくなかったりする。


センシティブな作品

年頃の女の子らしく、スイーツが好きな一面もある。

特に、稲毛屋のアイスが大好物。

アルコールには弱く、戦闘のためにアルコールを使用したときは、ベロベロに酔っていた。

料理は出来るらしいが、自身のタコ足やタコ墨を入れる癖があるらしく、バレンタイン等では恐怖の対象になっている。


低身長であることはコンプレックスで、自称、150cm。

149cmだと指摘すると怒って墨を吐く。

だが、彼女以上に身長の低い鹿之助(140cm)がいるため、プレイヤー間ではあまり低身長であることは話題にならない。

ちなみに、ふうまの身長は177cm。


髪型はロングヘアの先だけを縛っているのだが、立ち絵やSD絵では髪が殆ど身体に隠れている事や、メンテナンスや課金石のアイコンに表示される一頭身化されたマスコットのたこ蛇子から、プレイヤーにはショートヘアと誤解されることがある


センシティブな作品蛇子&デビルランタン

2020年のハロウィンイベントでは、ハロウィンコスで登場。

ヨミハラでふうま達と共に、タコによく似た魔物、デビルランタンと戦う。

この時、紅、鬼崎きららと共にふうまの上に倒れ込むラッキースケベを発動させた。

当初はヨミハラにいる子供を怖がらせないように、獣遁の術を使わず戦っていた。

が、デビルランタン達が集合してデビルランタン王になり、ふうま達が圧されてしまう。

最終手段として、獣遁の術を使った結果、デビルランタン王はデビルランタンの集団に戻り、「ママ」と慕い、懐かれてしまった。

デビルランタンは魔界に帰されるまでの間、蛇子についていき、「蛇子に子供ができた」と多くの人物から勘違いされてしまった。


2021年のジューンブライドイベントでは、ジュノにより、黒いウェディングドレス姿になった。

なお、こうなったのは蛇子のタコ墨でウェディングドレスが黒くなったとのこと。

ジュノの眷族のエムプサに対して、デビルランタン達を使役し、攻撃させる新技を見せた。

ジュノはふうまと蛇子を結婚させて困らせようとするが、お互いにまんざらでもなかったため、元に戻して帰っていった。


能力

獣遁の術 タイプ“Devilfish”

両足が蛸足になる。八本足にはならない。どういうわけかスパッツも破れない。

蛸足は伸縮自在で、最大30メートルまで伸ばす事が可能。

基本、両手と蛸足に忍者刀を持って戦う、四刀流スタイル。

蛸足は防御力が高く、斬られても再生できる。痛覚は残っているらしい。

吸盤は壁に貼り付くことが出来、敵や臭いを察知する事も出来る。


蛸墨を吐くこともでき、臭いが三日間取れないほど強烈。

濃さもある程度調節できる模様。お腹がすいてる程たくさん出せるとのこと。

他にも、水中でも自在に活動できる、背景と同化してカモフラージュできたりなど、結構万能である。

リーダースキルによれば、筋力アップ(超人属性のATK大アップ)の効果や、混乱に強くなる効果もあるらしい。


弱点としては、自身がタコと同じ変温動物になり、温度変化に弱くなってしまうこと。

氷の攻撃を受けた時は、体温が下がり、冬眠しそうになっていた。


  • タコ足パンチ

蛸足で攻撃。キックじゃないのかというツッコミは無し。


  • タコジャンプ

蛸足の伸縮性を生かし、大ジャンプ。


  • 癒しのタコ墨/蛇子のタコ墨

タコ墨による味方の補助。臭いは大丈夫だろうか…

前者は味方のHPを回復し、後者は味方の攻撃力を上げSPを回復させる。


  • 四刀流・タコ殴りSPECIAL

五車限定版ユニットでの奥義。両足をタコ足に変えてモードチェンジ。

モードチェンジ後はステータスが強化され、全ての状態異常も解除される。

強化後のステータスは、数値だけ見れば攻撃力は全ユニット中1位(1304、無補正での1位は覚醒紅の1077)、防御力も全ユニット中2位(751、1位は754のユフィ&ソフィ)の値である。

その後、もう一度使うことで、文字通り敵を四刀流でタコ殴りにし、墨を吐いてフィニッシュ。

暗闇、封印の効果付きで、ランダムに4体攻撃(被りあり)。その後、再び通常モードに戻る。


余談

  • ちびキャラ時では、頭から下が省略され、たこルカっぽい姿で出ることが多い。

その姿で墨を吐いたりなど、ヒロインの一人というよりマスコットみたいな扱いをされている。

課金石のアイコンで石を持っていたり、埋もれていたり、メンテナンス時、ちびキャラの時子と一緒に出てくる姿が印象に残っている人も多いとか。

群れのボス(?)は「ちゃんぴおん」と書かれたフリーハンドで描いたような歪な王冠を被っている


タコ蛭子

2019年のエイプリルフールのイベントでは、このたこ蛇子が大量発生した。

ストーリー的には、蛇子の遺伝子に目をつけた桐生佐馬斗が、勝手に遺伝子をとって発生させたとのこと。

倒すと紙の如くヒラヒラと倒れる

後に、年末イベントの『除夜の蛸』にも登場した。


  • 対魔忍RPGのプレイヤー間では単純に「タコ」というと、蛇子ではなく、レイドボスのブレインフレーヤーのことを指す方が多い。

ストーリー上でもお互いに遭遇するのだが、特にコメントはなかった。なお、ふうまはブレインフレーヤーのことを「タコ」呼ばわりしている。

混同を避けるためか、ブレインフレーヤーのことを「イカ」と呼ぶプレイヤーもいる。


  • 緑髪、蛇ということもあり、シリーズに登場したスネークレディと関係あるのではと話題になる。

今現在も関係は不明。

ストーリー上で、この二人が絡んだものの、お互いにそこまで気にしている様子ではなかった。


  • バストはスリーサイズが判明しているキャラでは腰の細さも相まってか意外にも大きく、Hカップ。

Gカップの井河さくら秋山凜子甲河アスカ以上に大きかったりする。

蛇子より上はJカップの水城不知火くらい。


  • 公式いわく、デザインは決戦アリーナの時点出来ていたとのこと。

その後、対魔忍RPGで蛇子が発表されたが、デザインしたカガミ氏は蛇子のことを忘れていたとのこと。


  • エロ回想はメインライターの笹山逸刀斎氏でも悩んだらしく、Twitter上で陵辱か純愛にするかのアンケートが取られた。

結果は双方とも半々だった。プレイヤーからは、本来陵辱ゲーだった対魔忍シリーズのプレイヤーの変化を表しているとの声も。

ユニット実装時のエロ回想は、敵に捕まり処女調教(処女のまま淫乱な肉体にされるモノ、処女奴隷需要に応えるため特殊な淫妖蟲を使って淫魔が行う)をされていたところをふうまが助けるものの、敵の催淫ガスを吸って共に発情してしまい、ほのぼのレイプの和姦といった、両者を掛け合わせた形になった。

ふうまはレイプしてしまったと後悔するが、蛇子は「もうちょっとちゃんとした場所でしたかった」と、ふうまにされること自体は嫌では無かった様子。(それはそれとして後々「身動きできない自分に手を出した」としてパシリ倒している)

ハロウィン版は、声を出せない状況でふうまと隠姦というシチュ。

花嫁版は、ふうまとの潜入捜査先で寝取らせというものであり、陵辱された。

稲毛夏(老婆だが、元房中術の伝説的使い手、術で若返れる)の回想にも登場しており、夏のものというより夏に蛇子が調教されるような内容となっている。

またそれ以降登場した魔神蛇子(未来蛇子)のCGはブレインフレーヤーの苗床にされたり、酔った勢いで未来のモブ男性陣に房中術の手解きをしたりとヒロインというより他の女性陣と同じ扱いになってきている。

ボイスドラマ版は純愛と催眠ものの2枚であり、今現在の陵辱と純愛の比率は半々といったところ。


  • ミストトレインガールズのコラボで抜擢

コラボシナリオでは前半から早速登場。ふとしたことで異世界転移し、ミストレ世界へやってきた対魔忍たちだったが、対魔忍の戦闘力をミストレ世界のトレインナイトなどにも驚かれた一方で、蛇子のタコ足に関しては別の意味でも(ミストレ住民及び対魔忍RPG未プレイのプレイヤーから)衝撃を受けていた。

後に対魔忍コラボ第2弾がアナウンスされ、第1弾ガチャ復刻やキャンペーンも行われる。そして、コラボイベント第2弾ではSSレイヤー(いわゆるSSRユニット)が実装されることとなった。経験値などはSレイヤーと共存するため、経験値を稼いでいた方は入手時にSSレイヤーへ割り振るのをお忘れなく。


関連イラスト

へびこちゃセンシティブな作品

Taimanin HebikoSD 相州 蛇子


関連タグ

対魔忍RPG

ふうま小太郎 上原鹿之助

触手娘 タコ娘

水城不知火:同じく黒いウェディングドレスのユニットがあるキャラ。

関連記事

親記事

対魔忍RPGの登場人物一覧 たいまにんあーるぴーじーのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1527541

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました