ピクシブ百科事典

パープルタコ

ぱーぷるたこ

パープルタコはサイバーパンクニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』の登場人物の一人。秘密結社ザイバツに所属するニンジャで幹部候補の精鋭マスター衆ザイバツ・シテンノの紅一点。
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#205 【パープルタコ】 ◆殺◆
「ザイバツ・シテンノ」の一人。美女。犠牲者の髄液とニンジャソウルを吸うおぞましい触手を口から生やす。
ヒュプノ・ジツと極めて柔軟かつ豊満なボディを活かしたカラテを使う。
性に奔放だが、行為の最中に相手を殺す事を最も好む。
ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)

「ファファファアカチャン!もっと愉しませて!愉しませてよ!」

人物

初出は第2部「カース・オブ・エンシェント・カンジ、オア・ザ・シークレット・オブ・ダークニンジャ・ソウル」。
秘密結社ザイバツ・シャドーギルド所属の女ニンジャ。
次期幹部候補の精鋭マスター級ニンジャ部隊『ザイバツ・シテンノ』の紅一点であり、四聖獣の内のタコを司る。
一見すると蠱惑的で実にそそるグラマーな肉体を持つ妖艶な美女だが、メンポの下にはバイオサイバネ改造によってバッカルコーンめいた八本の触手が生えた口を持つ。コワイ!

いちいち言動がエロく、任務のついでに自分の性欲も満たしちゃおうとする実にけしからん痴女ニンジャ。
ザイバツ・シテンノはメンバー間の結束が強いこともあり、次々と仲間たちを撃破していくニンジャスレイヤー一行に対して凄まじい敵意を見せる。
だが内面には奥ゆかしい女性的な一面も持っており、失踪した師トランスペアレントクィリンへの慕情に泣いたり、一時の温もりを求めてダークニンジャニーズヘグと情を交わしていたりする。

ブラックドラゴン亡き後は彼に代わって、その弟子だったシャドウウィーヴの師匠を務めている。
他のザイバツ・ニンジャにからかわれることもあるが、「ボウヤ」と呼んで可愛がりながらしっかり育成している。
シャドウウィーヴもそんな彼女に母性のようなものを感じ取っており、実際面倒見は良いようである。

懲罰騎士となったダークニンジャに他のシテンノメンバーともども心酔しており、彼の指揮下で行動することが多い。
第二部最終章にてダークニンジャが独自の目的のためにザイバツへ反旗を翻した際も、同僚たちが遺した部下のニンジャたちを率いて彼に同行した。

ちなみにユカノを見て「カワイイ」「ファックしたい」と発言しており、どうやらソッチもイケる口のようである。

容姿

オイランドロイドを超えるほどのナイスバディで妖艶な美女。当然、その胸は豊満である。
ボンデージめいた黒革の極めて短いワンピースというセクシーなニンジャ装束に身を包み、比較的大きめのメンポを装着している。

ジツ・カラテ等

ヒュプノ・ジツ

瞳が紫色に発光し、目を合わせた者の身体の自由を奪い思うがままに操るジツ。
最大出力で行えば視線を逸らしても催眠状態に捉えることが出来る。奥の手な。

シルバーキーは一度このジツに囚われて足を舐めさせられたりおっぱいを揉まさせられたりしている。
しかしタカギ・ガンドーにジツを行使した時は彼についてる守護天使によるものか、ジツを弾き返されている。
この時の彼女は珍しく気弱でしおらしくなってしまったのだが、実況タグ上では「こういうタコ姐さんも悪くない」と一部のヘッズを大いに興奮させた。

ニンジャソウル吸収

バッカルコーンめいた触手でターゲットの口から脳髄とニンジャソウルをすすり上げて吸収してしまう。
野良ニンジャゲイザー(書籍版ではシックスアイズ)が彼女に抱擁されながらこのワザでニンジャソウルを吸収され尽くされて殺されたのだが、その死に様を一部のヘッズは大いに羨んだという。

ニンジャ柔軟性

タコの名を冠するだけあって、軟体動物めいた柔軟な関節と見かけにそぐわぬ怪力の持ち主であり、その肢体は水を含んだ布が如く絡みつく。
ねっとりと絡みつくような組み技は実際エロい上に強力であり、ニンジャスレイヤーからマウントを奪った上にキジョーイめいて腰を前後させるスゴイイヤラシイ攻撃を披露した。

粘液スリケン

口の触手を放射状に展開、黒紫色の分泌物を圧縮して生成したスリケンを八発同時に撃ち出す攻撃。

関連イラスト

パープルタコ=サン
パープルタコさん


チーム:ダークニンジャ
パープルタコ=サン



関連タグ

ニンジャスレイヤー シャドウウィーヴ

pixivに投稿された作品 pixivで「パープルタコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56831

コメント