ピクシブ百科事典

ロード・オブ・ザイバツ

ろーどおぶざいばつ

ロード・オブ・ザイバツはサイバーパンクニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』の登場人物。ザイバツ・シャドーギルドの首領である
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#118 【ロード・オブ・ザイバツ】 ◆殺◆
狡猾なるザイバツ・シャドーギルドの首領。現代のショーグン・オーヴァーロードを自認する。
登場時は常に椅子に座り、顔は絹製のノレンに隠され、配下の目からも手首から先しか見えないため、最終決戦直前まで正体不明であった。
ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)

「ムフォーフォーフォー、ブッダも怒る」
「ヤンナルネ」

人物

キョート・リパブリックを影から牛耳る秘密結社、ザイバツ・シャドーギルドの首魁。公の場に姿を現すことは決して無く、顔もノレンに隠されているため全くの正体不明。それを探ることは最大の禁忌とされており、劇中には何らかの理由で素顔を知ってしまい、記憶や人格をケジメされたと思しきニンジャが複数名登場する。例外として、大参謀パラゴンだけは健常な状態でロードの素顔を拝することを許されている。
常にけだるげなアトモスフィアを纏い、浮世の事にはほとんど関心を払わず、ザイバツの運営に関してもほとんどパラゴン他グランドマスターたちに丸投げしている。しかしグランドマスターたちからは絶大な忠誠を寄せられており、そのカリスマ性はラオモト・カンさえも凌ぐとみられる。

ジツ・カラテ

キョジツテンカンホー・ジツ

その名の通り、対象にとっての「虚実」を「転換」させる恐るべきジツ。このジツを受けた人間は格子模様と目が浮かぶ空間を見せられ、一瞬にして定義を書き換えられてしまう。その効果範囲はロードを中心とした半径数百キロと言うすさまじいものであり、この効果によってニンジャ存在と接触しNRSを発症させた目撃者の認識を書き換え、ニンジャひいてはザイバツの存在を隠蔽していた。
また普段はキョート全域に張り巡らされているキョジツテンカンホーを収束することで、たとえ強靭なニンジャであっても認識を書き換え、ジョルリめいて服従させることすらできる。ただしあまりに事実とかけ離れた認識の書き換えを行った場合、後から「なぜ自分はあのような行動をとったのだろう?」と認識の齟齬が発生する。
碁盤目のように整備されたキョート市街の地理もキョジツテンカンホーの維持に一役買っている。

タタミ・ジツ

白金色の畳状の物体を召喚して自在に操るジツ。攻防一体の強力なジツであり、イクサにおいて重要なフーリンカザンを一から構築する事が可能である。ロード自身のカラテの力量と相まって、敵対者には悪夢そのものである。彼に憑依したニンジャソウルは「マスタータタミ」の異名を取った「ソガ・ニンジャ」であり、ソガ・ニンジャはタタミを盾めいて展開して攻撃を防いだ後、内側から掌底を繰り出してその衝撃で攻撃する攻防一体のカラテを得意としたという。

カラテ

モータルの命を吸収する事で取り戻した全盛期の肉体から放たれるカラテは、ニンジャスレイヤーダークニンジャを同時に相手取って互角以上に渡り合う程高次元。ニンジャを即死させる程の圧倒的な威力を持つ浸透勁めいた打撃を得意とする他、ドスダガー逆手持ち二刀流での高速斬撃も使う。

その正体

その正体は罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰であり、罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰において罪罰罪罰罪罰罪罰なんだ罪罰罪罰罪罰罪罰この違和感は罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰つまり罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰
・・・はて、私は何を言おうとしていたのだ?


ナムサン! 公式からの警告だ!

楽しみを損なう危険性が予見されるため、ロードの正体についてのネタバレは翻訳チームの公式アンナウンスンーでも止める様にとマナー言及されている。
この箝口令は書籍版「キョート・ヘル・オン・アース」で正体が明かされた現在も続いている。備えよう。

関連タグ

ニンジャスレイヤーザイバツ・シャドーギルド

pixivに投稿された作品 pixivで「ロード・オブ・ザイバツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11252

コメント