ピクシブ百科事典

ザイバツ・シャドーギルド

ざいばつしゃどーぎるど

ザイバツ・シャドーギルドとは、小説「ニンジャスレイヤー」に登場する組織である。
目次[非表示]

◆忍◆ 組織名鑑#2 【ザイバツ】 ◆殺◆
正式名称はザイバツ・シャドーギルド。キョート城を本拠地とする、オカルティックな秘密結社。
ロード・オブ・ザイバツの下に、騎士団めいた厳格な位階構造のニンジャ組織を持つ。
日本経済の支配権をめぐり、ソウカイ・シンジケート等と抗争を続ける。

概要

ロード・オブ・ザイバツを君主に頂き、ニンジャ至上主義を掲げる秘密結社。漢字表記は「罪罰影業組合」。
独立国家「キョート共和国(リパブリック)」全域を影から支配しており、その支配力とニンジャ戦力はネオサイタマにおけるソウカイヤをも凌ぐ。

格差社会」(原語では「『士』から始まる四字熟語」だが、翻訳版ではそれが差別的な意味合いを含む事に配慮してこの言葉に置き換えられた)を標榜する邪悪なるニンジャ組織であり、その存在はロードの力とニンジャ戦士達によって徹底的に隠匿されている。

ロードへの絶対的忠誠を原則としており、例会で「ガンバルゾー!」の掛け声と共に行われる「バンザイ・チャント」を行わなかったなどの理由で反逆の意思有りと判断された者は処刑対象としてリストアップされ、カマユデに処されたり、懲罰騎士によってカイシャクされるなど即座に処刑が執行される。ロードの素顔を覗くといったシツレイを働いた者も処刑の対象であるが、実力を惜しまれたなどの理由で自我破壊やケジメ縄による行動制限などを以って処罰とされる者もいる。
また、ニンジャの絶対性、完全性を標榜する組織体質故に、肉体にサイバネ改造やバイオ改造を施している者は冷遇を受けやすい。

菱形正方形の左右にそれぞれ「罪」「罰」の意匠が施されたエンブレムを持つ。
また、作中ではロードのジツの影響で登場人物達が「格子と目」のイメージを感じ取っている事が度々描写されており、それらのイメージもエンブレムに反映されているものと思われる。

組織構造

ギルドの名が示す通り徒弟制を彷彿とさせる厳格な位階制が敷かれており、それ故に派閥闘争などの政治的諍いが絶えず行われている。
昇格にはカラテ(=戦闘力)だけでなくネンコやワビチャ、ハイクといった政治力、文化性の高さも要求され、尚且つ何か特殊な才に秀で上司の覚えがめでたいニンジャから優先的に推薦されるというシステムが取られている。そのため位階が上であれば当然ニンジャとしての水準も上がるが、一方で政治的駆け引きが不得手である、派閥が政治的に不利な環境に陥ったなどの理由で万年アデプトに甘んじる古参ニンジャも多い。
この位階制がザイバツの支配体制を支える大きなピースであることは間違いないが、その代償として組織的なフットワークに致命的な欠陥を抱えており、ニンジャ戦力において勝るザイバツがソウカイヤに勝てずにいたのもこの政治色の強い組織構造による所が大きい。

位階名称概要
グランドマスター(棟梁)ロードを除けば最高位に値する位階。ジツ、カラテ、政治力のどれを取っても一級品の文字通り実力者が揃うが、配下ニンジャを囲い込んで派閥を組むなどザイバツの構造的弱点を最も分かりやすく体現している位階でもある。
マスター(大師)多くは指揮官に当たる上級ニンジャが位置する位階。政治力が権力に直結する位階であり、ソウカイヤにおける「シックスゲイツの六人」のように、その実力には大きなバラつきが存在する。「懲罰騎士」や「ザイバツ・シテンノ(四天王)」のような特殊位階は、多くがこのマスター位階に相当する権力を持つとされている。
アデプト(達人)ザイバツニンジャの大多数を構成する位階。基本的にはそこまで強くない、文字通りのアンダーカード(下級)ニンジャが集うが、中にはマスター級に匹敵するカラテを持ちながらも何らかの(主に政治的な)理由でこの位階に留まっているニンジャも多い。
アプレンティス若き新人ニンジャが多くを占める位階。アデプト、あるいはマスターニンジャをメンター(師匠)として教えを請い、時にはミッションに随行してザイバツニンジャの何たるかを学ぶ、実習生あるいは研修生めいた立ち位置の位階である。メンターと言っても、我らがメンターとは別物。
※例外としてロードの側に侍る自我破壊ニンジャ、ジェスターは位階自体を持たない。

対外関係(第一部ラストの重要ネタバレあり)






ザイバツ自体が非常に排他的性格の組織であるが故に、自らの直接支配下にない組織と何らかの接触を行う機会は極めて少ない。特にニンジャを実験体として扱うヨロシサン製薬の事は忌み嫌っている(ただし、極秘裏に彼らと取引を行う者もいる)。一方テック関係には弱く、オムラ・インダストリとは表立って取引する事も多い。
また、ソウカイヤ及びその後継であるアマクダリ・セクトとは、敵対していながらも互いに不可侵協定を結んでいる。
「ベイン・オブ・ソウカイヤ」ことニンジャスレイヤーにとっては、ソウカイヤ以上に許し難き仇である。ナンシーがソウカイヤの秘密資料から得た「マルノウチ抗争」の真相とは、ザイバツがラオモト暗殺を謀ってマルノウチ・スゴイタカイビルを襲い、ソウカイヤの護衛との間で起こしたイクサであったのだ。その結果、多くの民間人が巻き込まれて殺され、フジキドの妻子も目撃者としてソウカイヤに殺された。それ故、抗争に参加して生還した14人のザイバツ・ニンジャはニンジャスレイヤーから最優先で討つべき仇敵として狙われている。

関連タグ

ニンジャスレイヤー
ロード・オブ・ザイバツ





以下、第三部ネタバレ




























第二部のラストで、ダークニンジャが相討ちに近いながらもロードを倒したことで、ダークニンジャ一派はザイバツ内部の主導権を握る。旧財閥での出世に必要であったハイクやショドー等を苦手とするカラテ至上主義のニンジャたち、ネンコに押さえつけられた実力自慢の若手ニンジャたちがこれを支えた。さらに、グランドマスターのうち、元からダークニンジャを認めていたニーズヘグに加え、パーガトリーもダークニンジャに忠誠を誓ったことで大勢は決した。パープルタコミラーシェードをはじめとした多数派のニンジャもこれに従い、従来のシキタリを重んじる反ダークニンジャ派はキョート城の暗部に潜み散発的なゲリラ戦を挑むに留まる。ダークニンジャは実質的に新生ザイバツのロードなのだがその称号を嫌い、面と向かっては己をダークニンジャ=サンとのみ呼ばせる。名前ではなく称号で呼ぶ時には単に「主(あるじ)」と呼ばせている。

しかし、キョート城は半壊した上にこの世とオヒガンの境界に漂うようになってしまった。現世との行き来にはニンジャといえどネクサスというニンジャのジツであるコトダマ・リンケージが必要であり、ダークニンジャの現世降臨はさらに条件が厳しくなってしまっている。この為、新生ザイバツのキョート・リパブリックへの支配力はほとんど失われている。ダークニンジャが掲げる組織の目的は、ニンジャとしての強さを磨き、いずれ帰還する最古ニンジャカツ・ワンソーとの決戦に勝利すること。その為に日本各地に出現して、主にヤマト・ニンジャが残した遺産の探索を中心に調査を行っている。組織形態としては旧ザイバツの昇進システムよりも遥かに実力主義が優先され、イサオシ、すなわち使命達成への貢献度によって若くても昇進できる仕組みとなった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ザイバツ・シャドーギルド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2648

コメント