ピクシブ百科事典

フェイタル

ふぇいたる

フェイタルはサイバーパンクニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』の登場人物。秘密結社ザイバツ・シャドーギルド所属の女ニンジャ。
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#134 【フェイタル】 ◆殺◆
ザイバツ・シャドーギルド所属の女性ニンジャ。
絶世の美女であるが、戦闘時は、彼女の残虐な内面を反映したかのようなオニめいた醜怪な姿に変身する。
ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)

「私の美貌がお気に入りなら、今のうちに網膜に焼きつけておけ……後で泣きを見る前に。くくく」
CV:行成とあ(オーディオドラマ)

人物

初出は第2部「ビガー・ケージズ、ロンガー・チェインズ」。
秘密結社ザイバツ・シャドーギルド所属のアデプト級女ニンジャ。
ニンジャネームはおそらく『Femme Fatale』(魔性の女)からとったものと思われる。

美しいプラチナブロンドを持つ絶世の美女で、アンバサダーの命令でフリーの傭兵ニンジャ・ブラックヘイズとコンビを組んでドラゴン・ユカノ奪取の任務につく。
クールかつドライな性格で、ブラックヘイズとの葉巻のやり取りやビジネスライクな会話は実にハードボイルド。
ちょっぴり露出癖でもあるのか何かとおっぱいをはだけさせている。
青少年のなんかがあぶない。
もっとも後述のジツの都合とも考えられるのだが。

ブラックヘイズとの呼吸ピッタリのコンビネーション攻撃や終盤の展開によってヘッズの間ではすっかりカップリングされてしまっており、このコンビに対する『夫婦』という呼び名が定着している。
無論二人はそういう関係ではないのだが鵜呑みにして本気で勘違いするヘッズも時折いるため気をつけたい。

ブラックヘイズ=サンとフェイタル=サン



『ビガー・ケージズ、ロンガー・チェインズ』の終盤で重傷を負い、さらにユカノ奪取の証拠隠滅のために派遣されたザイバツの刺客メンタリストと交戦するも、同じく重傷を負ったブラックヘイズに連れられて辛くも脱出する。
このエピソードは傷つき意識を失ったブラックヘイズを彼女が優しく抱きとめるところで終了しており、長らく共に生死不明が続いていた。

そして第二部最終章にて再登場。アンバサダーに助けられてイグナイトらと共にザイバツを出奔していたことが明らかとなった。
同じく命を取り留めていたブラックヘイズと共にアンバサダーに雇われ、ザイバツとメンタリストに一矢報いるべくキョート城での最終決戦にてニンジャスレイヤー達と一時的な共同戦線を張った。

その後、「根無し草」となってネオサイタマに戻った彼女はフリーの傭兵ニンジャとして活動していく。
ブラックヘイズとは組んでいるわけではないのだが二人共敏腕であるため同一の依頼を受けて仕事をすることもあるようだ。

容姿

腰まである美しいプラチナブロンドのストレートヘアー、闇を照らすが如き華やかな美貌に形の整った豊満な乳房を併せ持つそそる美体を、ニンジャ装束めいたきわどいデザインの白のボディスーツに包んでいる。
メンポは装着しておらず、瞳の色は黒。

ジツ・カラテ等

ヘンゲヨーカイ・ジツ

フェイタルの最大の特徴である能力。
四つ目、ロップイヤーめいた垂れ耳、鋭い牙と爪、プラチナブロンドのゴワついたたてがみをもつへと変身する。
形の整った豊満な乳房は縄のような血管が浮き上がった分厚い筋肉の胸板となり、たおやかな四肢は丸太めいた剛腕へと変容する。
その肉体はミニガンの掃射をたやすく受け止めるほどのニンジャ耐久力と、ニンジャの頭蓋を噛み砕くほどの恐るべきパワーを発揮する。
ただし、長時間の変身は体力を大きく消耗するため戦闘の時のみに用いられる。

フェイズ



作中で初めてこの姿を披露した瞬間、twitterの実況タグ上では多くのヘッズがしめやかに失禁し、ジンガイクラン・ヘッズは熱狂の渦に包まれたという。

基本的に変身したうえでイクサに臨むが変身前でもそれなりの俊敏性と力を持っている

関連タグ

ニンジャスレイヤー ブラックヘイズ

pixivに投稿された作品 pixivで「フェイタル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99841

コメント