ピクシブ百科事典

甲河アスカ

こうかわあすか

対魔忍アサギシリーズに登場する人物。初出は『対魔忍アサギ3』
目次[非表示]

プロフィール

身長162cm
スリーサイズB90(Gカップ)W60H85
性別
出身甲河家
所属DSO(防衛科学研究室)※米連国防総省系
属性科学
イラスト葵渚
CV手塚りょうこ
実写桜ちなみ


概要

アサギ3でのもう一人の主人公。彼女のルートが正規ルートの位置付けとなっている。
かつて甲賀流と呼ばれた忍びの名門・甲河家の末裔であり若き当主。
エドウィン・ブラックに両親一門を惨殺され、井河アサギに引き取られて育てられる。
14歳の時には頭角を現し、闇の勢力との死闘の中でアサギと対立、命令を無視してエドウィン・ブラックに単身挑むが敗北して両腕両脚に重傷を負い、その後失踪して抜け忍となる。

長らく行方不明であった彼女だが、ある時、両腕に義手<アンドロイド・アーム>両脚に義足<アンドロイド・レッグ>をした姿で復活を果たし、米連(アメリカ及び太平洋諸国連合)の研究機関である防衛科学研究室(通称:DSO)・日本支部に所属して、人魔問わず闇の勢力に加担するものを次々と葬っており、この事から『鋼鉄の死神』と恐れられている。コードネームは“アイリーン”。
同じく引き取られて育ったアサギの亡き婚約者である沢木恭介の弟・浩介に対しては、五車町に侵入してまで会いに行くほどの異性感情を抱いている。

連戦における義肢の不調や不在時の襲撃、職員や肉玉に変えられてしまった浩介を人質に取られるといった最悪の状況が重ってしまい、石山兄弟が中心にAVやれ生配信と対魔忍の例に漏れず色々と辱めを受けてしまうが、とある機転から会話に隠された暗号を解読し、武装の解除による完全復活を果たした。

今まで受けてきた屈辱を晴らし、浩介を取り戻した後はアリーナへ殴り込み、決闘の中でアサギとも和解を果たしている。そして彼女との共闘により、宿敵との因縁にケリをつける事となる。
決戦後はアサギから対魔忍に戻らないかと誘われたが断り、浩介を元の姿に戻す方法を競って探すことを誓いつつ、その場から姿を消した。
ちなみに当の浩介はアスカを異性としてあまり見ておらず、アサギにご執心なことから和解した後もアサギを恋敵として見ている。

能力

風神の術

風を自在に操る“風遁の術”の上位互換にあたる忍法で、強力な攻撃および防御から移動手段にも利用でき応用の範囲が広い。アスカはこれを、米連の協力によって得た義手・義足であるアンドロイドアーム&レッグに内蔵された刃に乗せ、それを用いた体術で戦う。

  • 飛燕
自身が風に乗ることで高速移動する術。

  • 飛翔
風に乗って飛翔し空を飛ぶ術。

  • 陣刃
空気を圧縮して風の刃を生成し攻撃する術

  • 空陣
風の道を作って飛び道具軌道を変え、進路を自在にコントロールする術。

アンドロイドアーム&レッグ

以下の様な武器が仕込まれている。

  • 対魔ブレード
義手&義足に仕込まれた隠し刃。風神の術と併用して凄まじい切れ味を発揮する。

  • 抹殺マシンガン
義手に仕込まれた5.56mm弾のマシンガン。対多数用。捻りの無い名前である。

  • 皆殺しミサイル
対多数の制圧に使われる小型のロケット榴弾。
捻りのない名前とか言わない。

  • 対魔粒子砲
義手に仕込まれた最後の切り札。
最大出力で放てば、一撃でエドウィン・ブラックら吸血鬼一族のような再生力を有する相手をも爆散させ、鉄筋コンクリート製の建物を大破させるという大口径大砲の直射並の破壊力を誇るが、エネルギーチャージに時間がかかる上に発射後の隙が大きいので使いどころを間違えると自滅に直結する。
RPGでの初使用時は槇島あやめが時間稼ぎをしている間にエネルギーチャージを行って使用したが、義足が破損していた事もあり飛んできた瓦礫が当たって義手が大破してしまった。

決戦アリーナでは

『決戦アリーナ』にもイベントに絡む形でたびたび登場している。

主人公陣営と仮面の対魔忍陣営とは協力関係だったり敵対関係だったりすることがある都合上、渋々共闘してくれることもあれば、新兵器を引っさげて命を狙ってくることもある。
ここでのアサギとの関係は比較的良好な様子。

カード量も多くある為、様々なプレイがあるのだが、なんと浴衣バージョンでは本編では叶わなかった浩介と結ばれるというアスカの念願が叶ったと言わんばかりのイチャラブも存在する。

対魔忍RPGでは

サービス開始当初からSRとRが存在し、SRはサポート兼アタッカーとオールマイティ性能となっている。現時点では別バージョンのSRをはじめ期間限定も込みで6枚存在する。

こちらでも抜け忍として対魔忍とは別勢力の位置付けとなっているがストーリー及び回想では主人公であるふうまと良好な関係を築いている。
ストーリー内ではふうまの相棒役だったり、彼女を主役するイベント多いので本作の準主人公のような扱いとなっている。ちなみに任務の傍ら、五車とは別の高校へ通っている。
お互いに幼少時に一族を虐殺された恐怖がトラウマになっているので、同類意識を抱いている一面もある。
槇島あやめ経由で心願寺紅がふうまを熱愛している事を知ってからは、彼女に対して恋敵としてライバル意識を抱くようになっている。
他の複数ある人気キャラは大体酷い目にあっているのだが、アスカは主人公とのイチャラブパターンが多いパターンとなっている。

浩介は不遇気味で達郎すら名前は出てくるのだが、RPG世界では浩介との関係については一切語られず、そもそも浩介の名前すら出ない為、ふうまが彼の位置に丸々入れ替わった形となっている。 
ストーリーやイベントを見る限り石山兄弟も存在しないようだが、IF展開として『制服アスカ』の回想に登場しており、凌辱かつ原作シチュとしての面で賛否両論があった。

その後、バレンタインイベントにおいて実装された『バレンタインアスカ』の回想において、平行世界と言う前置きを置きながらも浩介が登場したが、好評だった正月イベントにおける『着物アスカ』と違い、こちらは全方向から不評を買っている。
というのも、今まで回想は基本IFという公式回答がありながら、平行世界と追求したのが今回が初で、更に姉弟のようなアサギ3ベースかと思いきやラストにふうまが登場するというよくわからない回想となっていたためである。

内容としてはアスカに試食の実験台にされた腹いせにふうまが薬を盛って凶暴化した浩介にアスカをレイプさせるという、内容でSRでありながらテキスト量も非常に少ない。
アリーナ時代やRPG内でのキャラと違い、悪い意味で小物丸出しのふうまや薬の影響とはいえ暴言しか吐かない浩介と、キャラ崩壊も非常に酷い有様でふうまも浩介も得しない形となっていた。
原作でもRPG世界でもなく、これは平行世界の話って但し書きされた上で和姦凌辱どっちつかずの内容で更には短いと両者から不満を浴びる事となった。

更に実装時に始まったバレンタインシナリオでもこの姿のアスカが登場するのだが、今までの活躍が嘘のような非常に雑な扱いで、冒頭に一瞬登場して事件に一切関わらないまま出番終了と目玉SRとは思えない扱いが更に不満の声を加速させ、バレンタインという恵まれた状況でありながら最悪な条件を可能な限り満たすという結果となってしまった。

それ以降出番が全くなかったのだが、イベント「不死の兵士」ではアイナ達を助ける形で再登場。
担当のそのだまさき氏によると彼女の登場は上記の件のフォローだったことがブログにて語られており、その後は何気ないアイナの発言から今までのふうまとの交流について詳しくと、彼女に問いただしていた。
そして「勇者の憂鬱」にて久々に対面した際はホワイトデーのお返し来なかったとふうまに話したところ、差出人不明の「義理チョコ」と書かれたのみの荷物だったので誰からのチョコかわからなかったと言われて逆ギレしていたが、説明不足のアスカが悪いとドナ達に責められるハメとなった。
出番は冒頭のみではあったが最終的にふうまとメアド交換することに成功したのでアスカ的には満足そうな笑みをラストで見せている。

余談

義手義足なので、実はアサギ3には四肢を外してのエロも予定されていたが、審査に引っかかってしまい没にされたという話が笹山逸刀斎の口から明かされている(エロなしのシーンでは義手・義足を取り外した状態で休息しているシーンがあり、公式サイトのサンプル画像からも閲覧ができる)。

アクション対魔忍』では義肢装具士エミリー・シモンズが登場。
彼女も米連の所属であることから、ファンの間ではアスカ用の義手・義足の製造およびメンテナンスを行っているのは彼女なのではないかという説が出されているが、今のところ両者の関係は特に語られていない。

甲河は甲賀忍者の甲賀が元ネタと思われる。

同じ葵渚氏原案のキャラである「鬼崎きらら」とは、Twitter上ではあるが「ふうまを取り合う?」ような描写もあり、今後「RPG」でも、「紅」と合わせて「恋の?ライバル」になりそうな予感である。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

対魔忍アサギ3 対魔忍RPG 決戦アリーナ
対魔忍 米連
井河アサギ 甲河朧
ふうま小太郎 相州蛇子 上原鹿之助
エドウィン・ブラック

関連記事

親記事

対魔忍アサギ たいまにんあさぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「甲河アスカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2082119

コメント