ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

CV手塚りょうこ
身長162cm
スリーサイズB90(Gカップ)W60H85


概要

アサギ3でのもう一人の主人公。彼女のルートが正規ルートの位置付けとなっている。
かつて甲賀流と呼ばれた忍びの名門・甲河家の末裔であり若き当主。
エドウィン・ブラックに両親一門を惨殺され、井河アサギに引き取られて育てられる。
14歳の時には頭角を現し、闇の勢力との死闘の中でアサギと対立、命令を無視してエドウィン・ブラックに単身挑むが敗北して両腕両脚に重傷を負い、その後失踪して抜け忍となる。

長らく行方不明であった彼女だが、ある時、両腕に義手<アンドロイド・アーム>両脚に義足をした姿で復活を果たし、人魔問わず闇の勢力に加担するものを次々と葬ってゆく事から鋼鉄の死神と恐れられている。コードネームはアイリーン。
同じく引き取られて育った浩介に対しては、五車町に侵入してまで会いに行くほどの異性感情を抱いている。

連戦における義肢の不調や不在時の襲撃、職員や肉玉に変えられてしまった浩介を人質に取られるといった最悪の状況が重ってしまい、石山兄弟が中心にAVやれ生配信と対魔忍の例に漏れず色々と辱めを受けてしまうが、とある機転から会話に隠された暗号を解読し、武装の解除による完全復活を果たした。

今まで受けてきた屈辱を晴らし、浩介を取り戻した後はアリーナへ殴り込み、決闘の中でアサギとも和解を果たしている。そして彼女との共闘により、宿敵との因縁にケリをつける事となる。
決戦後はアサギから対魔忍に戻らないかと誘われたが断り、浩介を元の姿に戻す方法を競って探すことを誓いつつ、その場から姿を消した。
ちなみに当の浩介はアスカを異性としてあまり見ておらず、アサギにご執心なことから和解した後もアサギを恋敵として見ている。

決戦アリーナでは

『決戦アリーナ』にもイベントに絡む形でたびたび登場している。

主人公陣営と仮面の対魔忍陣営とは協力関係だったり敵対関係だったりすることがある都合上、渋々共闘してくれることもあれば、新兵器を引っさげて命を狙ってくることもある。
ここでのアサギとの関係は比較的良好な様子。

カード量も多くある為、様々なプレイがあるのだが、なんと浴衣バージョンでは本編では叶わなかった浩介と結ばれるというアスカの念願が叶ったと言わんばかりのイチャラブも存在する。

対魔忍RPGでは

サービス開始当初からSRとRが存在し、SRはサポート兼アタッカーとオールマイティ性能となっている。現時点では期間限定も込みで4枚以上存在する。

こちらでも抜け忍として対魔忍とは別勢力の位置付けとなっているがストーリー及び回想では主人公であるふうまと良好な関係を築いている。
槙島あやめ経由で心願寺紅がふうまを熱愛している事を知ってからは、彼女に対して恋敵としてライバル意識を抱くようになっている。
他の複数ある人気キャラは大体酷い目にあっているのだが、アスカは主人公とのイチャラブパターンが多いパターンとなっている。

浩介は不遇気味で達郎すら名前は出てくるのだが、RPG世界では浩介との関係については一切語られず、そもそも浩介の名前すら出ない為、現状影も形ない。
ストーリーやイベントを見る限り、石山兄弟も存在しないようだが、IF展開として回想に登場する場合がある。

余談

義手義足なので、実はアサギ3には四肢を外してのエロも予定されていたが、審査に引っかかってしまい没にされたという話が笹山逸刀斎の口から明かされている。
甲河は甲賀忍者の甲賀が元ネタと思われる。

関連イラスト

センシティブな作品



関連タグ

対魔忍アサギ3 対魔忍RPG 決戦アリーナ
対魔忍 米連
井河アサギ 甲河朧
ふうま小太郎 相州蛇子 上原鹿之助
エドウィン・ブラック

関連記事

親記事

対魔忍アサギ たいまにんあさぎ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「甲河アスカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 595089

コメント