ピクシブ百科事典

対魔忍RPG

たいまにんあーるぴーじー

対魔忍RPGとはDMMGAMESから配信されている、LILITHの対魔忍シリーズを原作とするソーシャルゲーム。
目次[非表示]

今日から俺が対魔忍だ!!!

ゲーム概要

2018年9月25日にDMMGAMESでサービス開始した、対魔忍シリーズのパソコン/スマートフォン(Androidのみ)向けソーシャルゲーム。開発・運営は対魔忍シリーズのブランドlilithを持つ株式会社インフィニブレイン。
FANZAGAMESではR-18版の対魔忍RPGXが配信されている(後述)。

対魔忍シリーズ初のソーシャルゲーム『決戦アリーナ』(以下、決アナ)の後継作にあたり、アサギゆきかぜたち原作キャラや決アナで登場したキャラクターをはじめ、RPGのオリジナルキャラクターたちが多数登場する対魔忍オールスターゲームである。18禁ゲームを出自とする対魔忍シリーズでは初めての一般向け仕様版で配信されており、『アクション対魔忍』に先駆けた全年齢向け対魔忍のゲームである。

シリーズ上の時系列としては、『対魔忍アサギ3』に近く(「アサギ」1作目から約10年後)、井河アサギが校長を務める対魔忍の養成施設、五車学園が舞台となっている。本編や『決戦アリーナ』から基本的な設定や世界観を引き継いでおり、主人公もふうま小太郎が続投しているが、ふうまの年齢や立ち位置など大幅に設定が変更されている部分もある。そのため、決アナでは敵対していたがRPGではゲーム開始時から味方になっているキャラがいたりそもそも別人になっているキャラがいたりするなど、決アナとはパラレルワールドの関係にあたる作品となっている。

本作は本来の対魔忍シリーズとは異なりライト層向けの作りとなっているのが最大の特徴で、原作では尺の都合上描かれることが少なかった対魔忍シリーズの設定や世界観を活かしつつ、時にコミカルに時にシリアスに進行するシナリオは多くのユーザーから好評を得ている。同じlilith作品で言うとアンネローゼに近い作風になっている。

シリーズの原作者である笹山逸刀斎氏によれば、一話完結式のコメディとより大きなスパンで進行するストーリーアークを並行させるという手法はうる星やつら機動警察パトレイバーなどを参考にしたとのこと。
ちなみにパトレイバーのアレが元ネタっぽい名前の人物が登場している。

ちなみにライト路線を意識している為、笹山氏は
「対魔忍RPGは全年齢向け故にダーティーなストーリーにはしない」
と語っている。

ゲームシステム

歴代対魔忍シリーズの登場ヒロイン達を操作して敵と戦うオーソドックスなRPGソーシャルゲーム。

キャラクターはガチャクエスト、イベント報酬などで入手出来る。
レアリティはR→HR→SRがあり、レアリティが高いキャラクターほどステータスなどが優遇される傾向にあるが、低レアリティでも有用なスキルが設定されていたり、性能のかみ合わせが良かったりと、レアリティに囚われない近年のソーシャルゲームの潮流を捉えたゲームになっている。ちなみにSRの上にURLRがあるが、これはHRやSRのキャラクターをレベルアップさせ覚醒させなければ手に入らない。

ゲームモードとしては1人で敵軍勢を殲滅する「クエスト」、他プレイヤーと協力してボスを討伐する「レイド」、イベント限定の連戦モード「マップ」、ミッション攻略型の「アリーナ」、超高難易度クエスト「決戦」の5種が存在する。
対人要素はレイドの貢献度競争を除けばほぼ皆無で、決戦アリーナと違いランキング競争のようなものは存在しない。
中核となるメインクエストのほか、半月ごとに外伝的なイベントが配信される。イベントの形式は「クエスト」、「レイド」、「マップ」のいずれかであり、限定のSRキャラクターが報酬になる。
原作などで人気のキャラクターがイベント報酬に設定されることが多く、有名どころのキャラを(性能は劣るが)入手しやすいのが特徴である。
他には本作の男キャラやレイドボスが配布SRキャラとして入手可能の「決戦」も不定期ではあるが、開催されている。

入手したキャラクター5体で部隊を編成し、1体をリーダーに決める。キャラクターにはそれぞれ“リーダースキル”が存在し、リーダーに設定されたキャラクターのリーダースキルは部隊全体に影響を与える。
また、他プレイヤーが設定しているサポートキャラクター1体を6体目に加えて戦ってもらうことができ、サポートキャラクターのリーダースキルは“サポートスキル”として部隊全体に影響する(レイドバトルでは加えられずサポートスキルのみ)。

バトルはターン制で行われ、敵をタップすることで部隊は優先してその敵を攻撃する。攻撃を当てたりダメージを受けることで“SP”がたまり、たまると“スキル”・“必殺技”・“奥義”が使用することができるようになる。
キャラクターには属性が存在し、超人・魔性・精神・自然・科学の五つがある。相性としては超人魔性に強く、魔性精神に強く、精神超人に強いという三竦み。
自然科学は互いに反目する関係で、受けるダメージも与えるダメージも上昇する。
が、アップデートにより味方側が与えるダメージのみダメージがアップするようになった。

2020年4月30日には今までのシナリオが閲覧可能の回想モード「図書館」が追加。
イベントシナリオも全て無条件で閲覧可能のため、今のタイミングで始めたばかりの初心者にもありがたい機能となっている。ナビゲーターは図書子さんこと天宮紫水が担当している。

コラボ企画

今現在、ニトロプラス社のすーぱーそに子凍京NECRO SUICIDEMISSIONとコラボしている。

そに子はRPG内でイベントキャラとして登場している。
専用の対魔忍スーツを着ているが、Xにおいてもエロ回想はなし。
作中でそに子は、子供向け対魔忍アニメの主人公、"音遁の術"を使う「対魔忍そに子」として活躍しているらしい。

凍京NECRO SUICIDEMISSIONでのイベントで、ユニットとしてアサギ、ゆきかぜ、アスカが登場。ふうまは通信機越しに登場。
敵キャラとしては、死者=リビングデッドを操れるワイトが登場しているが、登場キャラの性格が本作本編と異なっていたり、対魔粒子の設定が通常は個人差の激しいという設定から誰でも共通で感度を上げる仕様で蓄積が可能となっていたりと本作や原作対魔忍シリーズからの設定改変が多い。
ちなみに、あちらでは主人公の月見里一巴感度3000倍(※性感ではなく痛覚)になった

ストーリー

主人公、ふうま小太郎(以後、「ふうま」)は対魔忍養成施設「五車学園」の高校1年生にして、対魔忍の有力氏族「ふうま一門」の現当主。
ふうま一門は反乱に敗れて有力者を失って以来井河アサギ率いる対魔忍の軍門に下っており、配下達は不満を燻ぶらせていたが、当主であるふうまは自身を軽侮する一門のことは意にも介さず、悠々自適に読書に耽る日々を送っていた。

そんなある日、五車学園で「ふうま正義派」を名乗る対魔忍らによる反乱が発生。
襲撃に学園が混乱する中、ふうまは反乱軍の作戦を見抜き、友人の相州蛇子上原鹿之助と共に反乱軍の襲撃目標であった学園長・井河アサギに加勢、反乱軍の首魁にしてかつての親友、二車骸佐らの撃退に成功する。
この活躍でアサギに指揮官としての適性を見出され、ふうまはアサギ直属の「独立遊撃隊」の隊長に任命され、骸佐を連れ戻す命令を下された。

こうして、ふうま、蛇子、鹿之助ら独立遊撃隊の冒険が始まるのであった……。

メインキャラクター

ふうま小太郎

対魔忍RPG log


主人公。五車学園一年生。趣味は古本の読書。
ふうま一門を支配する頭目衆〝ふうま八将”筆頭。氏長者。ふうま宗家の現当主。
「小太郎」は本名ではなく、当主が代々継承する名で、他の人物からは大抵苗字の「ふうま」と呼ばれている。
一族の者が生来持つはずの「邪眼」や忍術に目覚めず、戦闘がからっきしであるため、一門の者たちに「当主失格の目抜け」と侮辱され、一門の同級生からはいじめられている。
その境遇から己に絶望した無気力な少年に育ち、ふうま当主としての責務から目をそらし、勉学も怠けていた。
しかし、機転や知識量には長け、本編中で指揮官としての才覚を示していくようになる。

本編やイベントシナリオでは、境遇を除いてはごく普通の高校生(当然性経験も少ないと見られる)だが、一部の寝室シーンでは悪辣な行為に及んだり、妙にテクニシャンだったりと人格にブレがある。
決戦アリーナの主人公、「お館様」もまた「ふうま小太郎」であるが、髪の色や年齢、周囲の人間関係などの設定が異なっているため、所謂パラレルワールドの別人となっているが、一部登場人物達との関係は引き継がれている。

ふうま時子

センシティブな作品


ふうま宗家執事にして、小太郎の腹ちがいの姉。
ふうま家の財布は彼女が握っていることもあり、小太郎も彼女には頭が上がらない。
普段は五車学園の教師として活動している優秀な対魔忍でもあり、ふうま一門最高のクナイ使いと評されている。近接戦闘能力は対魔忍の中でも随一。
また、邪眼“千里眼”で、視覚だけを遊離してどこへでも自由自在に潜入できる能力を持つ。

今作では、ふうまのことを「お館様」と呼ぶ数少ないキャラ。
決戦アリーナではヒロインであると同時に忠実な執事として頻繁に登場したが、RPGではふうまの保護者や後見人としての面が強く、その役割もアサギと被っているため、影が薄い。

相州蛇子

センシティブな作品


主人公の幼なじみ。五車学園一年生であり、委員長。
ふうま宗家に仕える下忍の家出身であり、ふうまや骸佐とは幼なじみ。
学園では優等生であり、一門の生徒のいじめからふうまをかばったり、骸佐を叱責するなど、同級生からの人望は篤い。
超人系忍術、獣遁の術の使い手で、身体の一部をタコに変化できる。
タコ化した部位は驚異的な身体能力と再生力を発揮するほか、吸盤には鋭敏な感覚機能がある。
巨大なタコ足でふうまたちを銃弾から庇ったり、タコジャンプで戦場から離脱したり、微細な臭いをかぎ分け索敵するなど、独立遊撃隊の任務行動の大半は蛇子の能力あってのもの。
また、3日経っても臭いが消えないと評判の墨を吐くことができ、同僚の対魔忍に恐れられている。

上原鹿之助

センシティブな作品


本作のマスコット。五車学園一年生。ふうまの同級生。
こんな見た目だが、であり、一人称は「俺」。つまり、男の娘である。
見た目以外はいたって平凡な男子高校生であり、同級生の少女、神村舞華が気になったり不知火のビキニ姿に興奮したりとソッチの気もないようだ。しかしエロシーンで童貞を卒業する前にアナル処女を喪失してしまった。
ふうまとは悪友と言える仲で、よく紅一点の蛇子をからかっては怒らせている。
ヘタレで臆病な一面もあるが、正義感は強く、文句や泣き言を言いながらも独立遊撃隊としてふうまに協力する。
“電輝の対魔忍”で勇名を馳せる上原燐のいとこであり、異能系忍法、電遁の術の使い手だが、静電気程度の威力しかない。
本人も戦闘に使えないレベルと自覚しており、自分の忍法にコンプレックスを抱いていたが、ふうまの指揮の下、電探や起爆装置など新たな使い道を発見していく。

井河アサギ

センシティブな作品


五車学園校長。対魔忍シリーズの中心人物。
五車の対魔忍たちを纏める総隊長であり、対魔忍史上“最強の対魔忍”と称されるくノ一。
序盤の骸佐が率いる「ふうま正義派」による反乱における小太郎たちの活躍を目の当たりにして、彼の指揮官としての才覚を見込んで自身の直属である独立遊撃部隊の隊長に彼を任命し、任務の際は直接彼らに指令を下している。
同時に自分がふうま家の当主としての責務から目を背けてきたことが、親友だった骸佐や同胞たちの反乱を招いてしまったと語る小太郎に、同じような理由から最愛の恋人を失ってしまった過去の自分を重ねて見たのか、彼には「今からでも当主の責務を果たしたらどうか」と語って骸佐を連れ戻すことを命じており、基本的にクールだが忍でありながら情が厚いところは相変わらずのようである。

本作では基本的に指令を出すのが主で、あまりシナリオには絡んでこないが、任務内容を詳しく指示したり、事件後の後始末をしてくれたりと出番はそれなりに多く、更にここぞという時は前線に復帰してきたり、ふうまとは別の彼女視点のストーリーが展開された際は、原作シリーズにおけるエロの呪縛から解き放たれ、最強たる力を遺憾なく発揮してくれる。

心願寺紅

センシティブな作品


主人公の少し歳が上の幼なじみ。
吸血鬼と人間のハーフでありながら対魔忍として生きる異端の存在。
祖父である“ふうま八将”心願寺幻庵から剣術の指南を受け、ゆくゆくは八将を継ぐと目されていた実力者。
しかしかつての内紛でふうま宗家に助力した咎(とが)で幻庵は失脚。
その跡目を継ぐはずだった紅もふうまの里を離れ、現在はどこにも属さない自由な立場で行動している。
先代のふうま八将・心願寺幻庵から受け継いだ二辺の小太刀『白神』『紅魔』を所持。
ハーフヴァンパイアの身体能力を活かした絶大なる戦闘能力を誇り、二刀の小太刀を高速で操ることで真空の刃を作り出す“絶技・旋風陣”を得意とし、邪眼“神眼”にて大気中の風の流れを読み取る。
自らの出生から、祖父以外に距離を置かれた幼少時代を過ごしていたが、ふうまや蛇子と出会い、その孤独な幼少時代を支えられていた。
自分を救ってくれたふうまを「私の王子様」と好意を寄せている。

原作「対魔忍紅」の主人公でありながらも大幅な設定変更に加え、立ち絵も数多く一新されたことから、本作メインキャラの一人と言っても差し支えない本作を象徴する人物。

天宮紫水

センシティブな作品


五車学園の図書館にて出没する謎の少女。
図書館へ通うふうまにはいつも図書館にいる事から「図書子さん」と呼び、ふうまは彼女を目撃する度にデジャヴを抱き始めている。
回覧モード図書館ではナビゲーターを担当。

前作決戦アリーナでは後期ヒロインとして活躍した彼女だが、今作でも重要な立ち位置となっている。

二車骸佐

クソマンガ2


五車学園一年生。ふうまの同級生にして、ふうま一門の頭目衆の一角、二車家の若き当主。
言わば主人公の親戚衆の家で主人公の遠い親戚にあたり、主人公とは幼なじみで蛇子とともに遊びまわった親友であった。
現在は“目抜け”の当主ふうまに代わり、対魔忍への復讐を願うふうま一門の人望を広く集めており、自身も対魔忍への復讐とふうま一門再興の野望を果たそうとしている。
ふうま一門の将来を憂いており、昼行灯で怠惰な主人公に深く失望し、二車家の配下を率いて“ふうま忍軍”の名乗りを上げ、対魔忍と裏社会に反旗を翻す。

その他のキャラクター

以下、太字はイベントのメインにして、報酬キャラ。

本作初登場

対魔忍勢力(五車学園生徒・教師等の味方)

獅子神自斎 クリア・ローベル 上月佐那 鬼崎きらら 鳳朱華 ふうま亜希 望月卯奈 仲森奈々華
穂稀なお 死々村孤路
羽鳥志津香 清水神流 霧原純子 鷹司みこと 熱川るみ 相馬成美
対魔忍ライブラリー 冥界の執事

過去の対魔忍

鴉野魎馬 鉄華院卍鉄

魔界・魔族勢力

ミーティア アンリード・ボニー フランシス ウェスタ エレーナ
メリィ 冬月くるり ルーラー 玉藻 ミスティ ゼシカ・ファルファー 葉月
タコスレさん アンブローズ フェンリル

二車骸佐一党(主人公サイドと敵対している勢力)

土橋権左 八百比丘尼 楽尚之助 鬼蜘蛛三郎 黒騎雫
葉隠真千子 矢車弥右衛門
ファウスト ツバキ

内閣情報調査局関係者(影で暗躍する勢力)

峰舟子
ナイトウ マッスルジョー 井河影臣 ヴィクター大佐
沼津彦四郎 斉藤半次郎 斉藤半三 ミランダ・クローゼット

米連勢力(およびそれ以外の国の勢力やパラレル世界の人物)

メイジャー ヘスティア ジレーネ シルバースカル
ウィムル カリーナ・コクラン シアリー メイ マーガレット・リドリー

対魔忍・ノマド・米連の3勢力いずれにも属していない人物

エリカ・ブラックモア ユーリ 陳春桃 陽炎
ワーウルフ ワータイガー
金崎銃兵衛 SB-001炎王 ヤス タツヤ先輩

神的存在

ジュノ バステト エオス

その他の敵キャラ

雪の悪霊 清麻呂 ヤマタノオロチ タコ蛇子 エウリュアレー 淫魔勇者リリムムオー
袁鹿角 馬超 蜘蛛の貴婦人 ドラウグル・オーガスト
ハロウィンの悪霊 深淵から覗く巨眼 魔蛭 千住院弁慶 ペーパーデーモン
村雲源之助 メ・デューズ ドクター・サイクロプス
AIデザイア

決戦アリーナからのキャラクター

対魔忍勢力(および協力勢力等)

ふうま災禍ふうま天音…時子と同じく、ふうま宗家執事。アリーナ時とは違い、味方。
神村舞華 篠原まり 柳六穂 星乃深月 黒田巴 眞田焔 磯咲伊紀
上原燐 弓走颯 喜瀬蛍 紫藤凜花 七瀬舞 由利翡翠
四條如月 大島雫 蓮魔零子
志賀あさつき
ユノー
甲斐原菜央 磯咲伊織

米連勢力

クルミ・S・坂崎イーオ・オライオン…対魔忍ではないのだが、初期のトップ画面のキャラに選ばれた。
NO.16ソニア アンジェ アイナ・ウィンチェスター  ユフィ&ソフィ
ルネ A-66・ルーナ ドナ・バロウズ
アルベルタ カノン レーベ・サフリー
ミシェア・シルキース ラスタ
アルカ・スティエル 雪那・グレイス セドナ・アルストナ ミラベル・ベル セシリア・チェロ
ロッカ レティシア・ベルメール ティナ・ウォーレル

ノマド等の魔界・魔族勢力

リリムミナサキ…小動物コンビ。何気に独立遊撃隊の一員になっていた。
クラクル…ローディング画面のマスコットに。あと、はかされた。
メルシー…クラクル同様、はかされた。ついでに付けられた(水着の上部分、もしくはブラジャー)。
シュヴァリエ リーナ ミレイユ 沙耶NEO セラステス
アスタロト カウーラ ミリアム ナーサラ
ドロレス ナドラ ユーリヤ ブリュンヒルド
グラン フォルシア ラークシャシャ 人外のお諒 クレハ
ブリジット カテジナ
メロード・クロア 天華
ナディア
オーガ奴隷 ブレインフレーヤー

対魔忍・ノマド・米連の3勢力いずれにも属していない人物

ふうま弾正…故人。ふうまの父。決戦アリーナからデザインが大幅に変更された。
リリス・アーベル・ビンダーナーゲル&ベリリク
黄泉秋津 クローンアサギ
ウィスプ ワイト
鉄華院カヲル 桐生美琴

登場時期未定だが、登場を予定されてるキャラクター(設定資料集より)

ハツカゼ

原作からのキャラクター

井河さくら 八津紫 水城ゆきかぜ 秋山凜子 高坂静流
槇島あやめ
桐生佐馬斗 山本信繁

甲河アスカ 仮面の対魔忍甲河朧

水城不知火 スネークレディ フェリシア
 イングリッド 
フュルスト ゾクト

その他LILITH作品より

鋼鉄の魔女アンネローゼより

アンネローゼ・ヴァジュラ ミチコ=フルーレティ 音無美樹 ノイ
メイフォン バルド・バルド 山田太郎

他社とのコラボ

すーぱーそに子

対魔忍RPGX及びアクション対魔忍との違い

FANZAGAMESで配信されているR-18版の『RPGX』では、『RPG』の内容に加えて各キャラクターごとのHシーン回想や立ち絵のビジュアルチェンジ、一部のキャラにはビジュアルチェンジ後専用ボイス等が実装されている。

決アナで好評だったソーシャルゲームの枠を超えた濃厚で豊富なHシーンは健在であり、すーぱーそに子などの一部のキャラを除く全てのキャラクターにHシーンが用意されている。
規制や方針の関係でシーン傾向は原作に負けず劣らず凌辱調教に特化していた決アナと異なり、変わりにノリが軽い内容や前作でも次第に増えていった和姦が多く見られる(このため、決戦アリーナからハードなCGを流用しつつもシナリオはマイルドというシュールな回想も存在する)。

基本的に回想シーンの内容と本編とはつながっていないが、一部のキャラでHシーン内でのみ語られる設定があったり、回想シーン前提のセリフを言ったりするので、プレイ可能な年齢に達しているのであればR-18版のプレイを推奨する。特に、某キャラクターの素顔はRPGXでしか見ることができない。
陵辱回想は基本的に本編と設定が一切繋がってない内容が多い(そのキャラクターの回想内で繋がってる場合は窮地を脱する逆転パターンや過去語りが多め)。

なお、全年齢版とR-18版でデータは連携しているので、移転してもデータが無駄になるということはないのでご安心を。

また、2019年12月24日から配信されている完全全年齢版ソーシャルゲーム『アクション対魔忍』本作の世界観および設定を引き継いでおり、実質的な外伝作品に当たるが、今現在、今作においてアクション対魔忍側の設定及び初出のキャラは確認されていない(決戦アリーナのキャラも、あちらに先出しているキャラもいる)。

事件

上述の通り、対魔忍RPGは入門用と位置づけされているようで、時に対魔忍らしくダークな内容を含みつつも王道的なシナリオが特徴である。
前作のようなハードな陵辱も排除される傾向にある。

その傾向に従い対魔忍紅の主人公心願寺紅が設定改変されたことで悲劇は起きた。
紅は「密かに主人公のことを好きな年上幼馴染ヒロイン」に変更され、回想シーンはラブコメ風味のイチャラブ。キャラ性能が非常に優秀なことも後押しして、紅は対魔忍RPGでかなりの人気を得た。当然好きなキャラの出る原作をやってみたいという人間も。

しかし対魔忍紅は歴代対魔忍をプレイした人間でも脱落者を出す程ハード&ダークな凌辱ものなのである。

対魔忍シリーズ最もライトな作品から最もダークな作品へのノーロープバンシージャンプ。
当たり前の結果であるが、原作をプレイして心を折られるプレイヤーが続出してしまったのである。

公式PV



関連イラスト

鬼蜘蛛三郎
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品
対魔忍イベ4コマとラクガキまとめ



関連タグ

対魔忍アサギ 対魔忍ムラサキ 対魔忍ユキカゼ 対魔忍紅
LILITH DMMGAMES.R18
決戦アリーナ…DMMGAMES.R18でサービス中の同シリーズを原作としたゲーム。こちらはR-18版のみ存在する。現在はサービス終了。

対魔忍 対魔忍スーツ クロスオーバー 
くノ一 女スパイ エルフ(ダークエルフ)  サキュバス
オーク トロール ハーピー  ワーウルフ ゾンビ ガーゴイル
アンドロイド ドローン
IF IF世界 パラレルワールド

外部リンク

公式サイト
公式サイト(DMM版)
公式Twitter

関連記事

親記事

対魔忍シリーズ たいまにんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「対魔忍RPG」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6481758

コメント