ピクシブ百科事典

ふうま弾正

ふうまだんじょう

ふうま弾正とは対魔忍シリーズの登場人物。
目次[非表示]

ハハハハハハ!!
小娘が生意気を言うーーいや、
俺はこんな忠臣を持って幸せだ

プロフィール

身長不明
スリーサイズ不明
性別
出身ふうま家
所属米連(決戦アリーナ)/対魔忍(対魔忍RPG)
イラストカガミ(決戦アリーナ)/ケースワベ(対魔忍RPG)


概要

対魔忍の派閥の中でもトップクラスの規模を誇るふうま一門の当主。
ふうま小太郎、もしくはふうまのお館様の実父。
決戦アリーナ対魔忍RPGで設定もキャラデザも大きく異なる。

決戦アリーナ

対魔忍の抗争で敗北した後、米連に鞍替えし「G」と言われる組織のトップに立った。
帰国後にふうま天音ふうま災禍を従え、ふうま一族の頭領を「僭称」していた息子と再三に渡って対決。‬
敗北のショックからか‪実の父とは思えない小物ぶりと暴虐ぶりを発揮していたが、‬‪DSOと手を組んだ小太郎によって追い詰められ、最後は甲河アスカの対魔超粒子砲の煽りを食らって重傷を負ったところを小太郎自らの手で殺害された‬。

この頃はサイボーグ手術を受けていたのだが、非常にメタボ気味でバランスが悪い。
強力な邪眼を持ちながらも性格の悪さと最期の情けなさからユーザーからは人気が少なかった。
本作のラスボスポジションもエドウィン・ブラックに奪われている。

ちなみにカード化もしているが、配布とはいえブラックに比べるとSRにしては低いステータスでコストバランスが悪かった。

対魔忍RPG

決戦アリーナとは違いメイン画像の織田信長や弾正という名前から松永久秀を彷彿とさせる大物感あふれるキャラクターデザインが特徴的であまりの豹変ぶりから前作を知る多くのお館様達は驚く結果となった。

こちらでは「傲眼」ではなく「覇者の邪眼」という新たなものが追加されているが同一か不明。
本編の時代から約13年前、ふうまが3歳の時に井河一門に対して反乱を起こし、敗死した。
彼の起こした反乱によってふうま一門は完全に分裂し、時子がふうまを連れて五車に恭順したことでふうま宗家は五車の管理下に置かれることになる。
そのため、原作開始以前かにすでに戦死しており故人。

心願寺紅の祖父でふうま八将の一人であった心願寺幻庵と親交が深かったことも仄めかされ、配下であった佐郷文庫や天音からも慕われていた。
文庫は弾正の名を汚す残党を粛清しに回っていたことも考えると小物だった決戦アリーナとは違い一大勢力のトップとしての器を感じさせる人物となっている。
息子の小太郎の事は目にかけていたらしく天音に対して自分が死んだら小太郎につくように促している。
彼の起こした反乱は単なる主導権争いとは異なるようなもののように描かれてるがその実態については不明。

小太郎はクソ親父と口にしているが、その存在は前作とは別の意味で大きな壁となっている。
ちなみに小太郎は内乱を引き起こして多くの部下を巻き添えにした…ということから父親に対してはあまりいい感情を抱いてない。が、父親としてどういう感情を抱いていたかは不明。

邪眼“傲眼”

「目を合わせた邪眼使いを意のままに操る」という強力な邪眼でこの力もあってふうま一族トップに君臨していた。

覇者の邪眼

RPGにおいて持っていたとされる邪眼。
傲眼と同一か不明。

関連タグ

決戦アリーナ 対魔忍RPG
ふうま小太郎
ふうま時子
ふうま災禍
ふうま天音
佐郷文庫

関連記事

親記事

決戦アリーナ けっせんありーな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ふうま弾正」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3583

コメント