ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

年長者とはそういうものだ。

昔の自分を見るようで、つい苦言を呈したくなる

プロフィール

身長不明
スリーサイズ不明
性別
出身ふうま家
所属米連→対魔忍
イラストケー・スワベ

概要

チャプター11で登場。ふうま宗家の遠戚で、かつてふうま小太郎の父であるふうま弾正の側近として反乱に参加した対魔忍。同じく弾正を支えたふうま天音とは旧知の仲。

元々は敵味方容赦ない性格であり、味方の訓練で相手がケガをしようとも、「実戦で怪我をして戦闘が終わる訳が無い」と訓練を続けようとしたほど。

そこで、弾正の紹介により、木遁及び木霊使いの出雲きぬを副官として迎える。当初は彼女を軽んじていたものの、彼女の実力・コミュ力の高さから評価を改め、信頼していくようになる。

そして、きぬを妻として受け入れ結婚し、二人の間には娘の「」を授かった。

弾正の死後、対魔忍への復讐の為に米連に亡命しサイボーグ化(立ち絵は決戦アリーナの流用となっている)。「特務機関"G"」のサイボーグ兵士として活動する傍ら、主の仇敵である五車対魔忍と戦い続け、ふうまの名を汚す者達も粛清していた。

だが、この最中、妻のきぬが亡くなってしまう。


"G"の一員として活動していた時は復讐に囚われていたが、五車にいた娘:二車骸佐による反乱で死亡したことを知り、戦意を喪失。組織を抜けることにしたものの、技術流出を懸念する"G"から追手を差し向けられ、ヨミハラに潜伏していた。


最期の悲願である「娘の墓参り」を叶えるべく、自らに施された高度なサイボーグ技術を提供する見返りに日本政府へ亡命を打診し、政府から五車学園に対して救出任務が下ったことによって亡き主の遺児ふうまと出会うことになる。ふうまと行動を共にすることによって、彼の思い描くふうま家の未来に興味を示すも、槇島あやめが放った凶弾に倒れてしまう。


対魔忍ライブラリーとして

後にあやめの狙撃は、"G"のサイボーグ技術を狙って生死を問わず文庫を調べあげようとしていた峰舟子率いる内調の魔の手から彼を護るため、井河アサギが文庫の死を偽装するべく仕組んだカモフラージュであった事が発覚。

その後、彼は極秘裏に五車に保護され、再手術によりサイボーグ対魔忍「ライブラリー」として生まれ変わり、約束通り娘の墓参りを叶えたうえでふうまに改めて忠誠を誓っている。


ふうま一門へ再び加わった後は、ふうまの訓練相手を務める他、ふうま一門の内で忠誠に厚い者達を集め、五車町を警備する為の御庭番を結成。五車町に潜入してきた黒騎雫鬼蜘蛛三郎らが率いる二車骸佐一党と交戦し、極秘裏に撃退する活躍を見せている。

また、人柄も昔と比べると穏やかになり、年長者として小太郎をはじめとした若い世代によく世話を焼き、修行の付け方も丁寧になっている。


ストーリー内での活躍が好評だったのか、イベント「カンザキ食堂」でまさかの主役に抜擢。

休暇の傍ら、若い頃に通ったカンザキ食堂を救う為に奮闘する姿が描かれている。

そしてまさかのコック姿を披露。

サイボーグ化していても味覚は健在らしく料理スキルの高さも見せていた。

また心願寺紅の回想ではふうまの事後現場処理を瞬時に行う有能ぶりを見せ、その回想内で紅の祖父でふうま八将の一人であった心願寺幻庵の世話になっていた事が明かされている。

1周年記念クエストでは井河アサギオーク傭兵のおっさん(アルフォンス)と共に登場している。


そして

ライブラリー

対魔忍ライブラリー参りました。お館様、なんなりとお申し付け下さい


CV愛川龍之助
属性科学🟣

2020年4月2日深夜0時にてまさかのプレイアブル化

しかも声付きである。


今までモブ男キャラや上原鹿之助穂稀なおと言った男の娘や女装男子キャラは追加されていたが顔有り主要男キャラの実装は今回が初である。これにともないSDキャラや立ち絵も新しく作られている。

図鑑空白欄や4月1日のエイプリルフール記事にてフラグをチラつかせていたが、まさかの実装と多くのお館様達の度肝を抜いた。


イベント「決戦“珪遁の対魔忍”」のSR配布キャラで上級クエストミッションをクリアさえすれば一つは手に入る仕様になっているのだが、ユニットに使うイベント専用素材が非常に重い上に渋く、超上級クエストも本作屈指の高難易度となっている

性能は配布レベルで完全に趣味になるが、キャラドロップはしやすいのでラック100キャラを比較的に楽に製作できる利点は存在する。

この苦行さに関しては決戦アリーナのエドウィン・ブラックを連想させるものとなっており、プロ対魔忍の腕と根気の見せ所となっている。ちなみにこのイベントは“不定期開催”となっているため、逃したプレイヤーは次回に備えてユニットを強化しておくと良いだろう。

ちなみに信頼度はあるが回想は存在しないのでマイページで愛でるのが中心となる。


戦闘能力

ふうま一門と井河家の激闘を生き延び、戦い続けてきただけあって戦闘技術は超一流。冷静沈着かつ時には冷酷に任務を遂行する。


固有忍法は珪遁の術(けいとんのじゅつ)

全身を水晶と化して光学迷彩状態を作り出したり、全身を赤熱化して周囲を焼き払ったりすることが可能。

また、水晶化という特性上、レーザーブレードなどのエネルギー兵器には無類の強さを発揮する。


ふうま一門とG機関

ゲーム開始五周年に追加された本編CP64『紅き血の秘録』とその補完と言うべきイベント『紅き血の鎮魂歌』でノマド視点とブラック夫人の心願寺楓視点でのふうま一門が崩壊した2068年当時の状況が語られた。

そのノマド視点ではG機関こそがふうま一門崩壊の切っ掛けを作っていた


当時、魔族穏健派の大物で吸血鬼真祖一族の親王であったエドウィン・ブラックは人間界への侵出を目論んでいたが、「自分達が魔界から人間界に逃れ出た魔族による無闇な人間への加害を抑止する」と言う条件で人間を仲間に引き入れ、物資や資金の調達を担当させていた。

エドウィンが真っ先に目を付けて仲間に引き入れたのが対魔忍の能力と陰陽師の技術を活用して天才投資家として成功していた心願寺左京であり、その彼の縁で左京の伯父である幻庵と従妹の父娘、幻庵の親友である弾正がノマドの協力者として穏健派魔族と人間の相利共存と過激派魔族の水際阻止に参加していた。

しかし、ブラック夫人となった楓とその娘でノマドと吸血鬼真祖一族の正統の姫君でもあるがG機関と魔族の過激派筆頭格である死霊卿テウタテスに襲撃され、紅は何とか父と合流して命を拾ったものの楓が胎内の文香諸共に生け捕られてしまう。

ノマドとふうま一門の同盟が打ち壊しになりかねない危地にノマドと心願寺一党は必死で楓の捜索を行うが、数か月後に暴行でボロボロに痛めつけられた挙句に性器を抉り出された無惨な楓の斬首遺体を発見してしまう。

その間に井河による時子・小太郎姉弟襲撃に端を発する井河とふうまの全面抗争が起こってしまい、弾正が敗死してふうま一門も崩壊してしまう。

弾正の親友でふうま一門のナンバー2であった心願寺幻庵や協力関係を結んだばかりのノマド、そしてエドウィンの姉である紅血卿が碌に弾正を援護出来なかったのも、意外とふうま一門の精鋭が生き残っているのも楓救出作戦と死霊卿一味とG機関対策に精鋭が動員されていたと考えると辻褄が合う。

結果論であるが、文庫は弾正の破滅の引き金を引いた相手に協力していたと言う事になる。



関連タグ

対魔忍RPG 出雲きぬ 出雲鶴

ふうま小太郎 ふうま弾正 ふうま時子 ふうま天音 心願寺紅

サイボーグ忍者

関連記事

親記事

対魔忍RPGの登場人物一覧 たいまにんあーるぴーじーのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101695

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました