ピクシブ百科事典

井河アサギ

いがわあさぎ

井河アサギは、アダルトゲームブランド「LiLiTH」の人気作、対魔忍シリーズの主役格である。
目次[非表示]

プロフィール

身長167cm
スリーサイズB88(Fカップ)W58H87(対魔忍RPG
性別
出身井河家
所属対魔忍
属性超人🔴
イラストカガミ
CV
実写


概要

井河アサギは対魔忍シリーズにおける主人公のひとりである。
美しくも凛々しい凄腕のくノ一で、対魔忍の史上において『最強の対魔忍』であると称されており、その身の内に強力な“魔”を宿し、その力を狙う強大な組織を相手に日夜戦い続けている。
その一方、後述する経歴や元来の人柄故に、井河家の長老衆とは素より折り合いが悪く、一族の中では変わり者の大うつけ『最強のうつけ』などとも呼ばれる。

経歴

初登場時は20歳。この時から既に史上最強の対魔忍と称されており、政府の命で宿敵である裏切り者の対魔忍・と手下たちを追い詰め、一人だけで彼女ら全員を抹殺する。
その後、幼なじみで最愛の恋人である沢木恭介と結ばれるため、この任務を機に対魔忍を引退し一般女性として平穏な日々を送っていた。

しかしそれから3年後、対魔忍が立て続きに殺害される事件が発生し、その犯人である妖魔化して生き延びた朧に極秘だったハズの自身の情報が漏れ、恭介の身体を乗っ取って自身に近づいた彼女の術により、自由を奪われ捕らえられてしまう。

その後は自分への復讐に燃える朧によって、魔界の医療技術により異常な性感を持った淫らな体に改造され、その弱った状態で自身に恨みを持つ魔界の住人や犯罪者たちから凄惨な凌辱を受け、表向きは多国籍企業である犯罪結社『ノマド』が運営する闇の闘技場・カオスアリーナの奴隷闘士として戦わされ敗れる度に過激な性的調教に晒されてしまう。

そして自分を救出するために乗り込んだ妹のさくらも捕まり、同じ人体改造や凌辱を受けてしまうが、朧が自分とさくらの姉妹対決を強要することを読み、打ち合いの中で合図を送って朧を出し抜き打ち倒すことに成功する。しかしこれにより恋人の恭介を自らの手で殺してしまうこととなった。

後に恭介が残した情報により、井河の長老が魔族と結託していたことが暴かれ(彼女の情報が漏れたのはこのため)、さくらと共に粛清を果たす。この出来事から再び対魔忍へと復帰する。

それから1年後に多くの問題発生から開発が頓挫し放棄され末、無法地帯と化した人工島・東京キングダムにおける対魔忍失踪事件の調査に赴いた際、遺伝子操作により魔族に覚醒させられた元対魔忍の少女・沙耶の力により再び捕らえられる。

そこで企業を装った犯罪結社『龍門』の幹部となっている朧のクローンと出会い、自分を沙耶と同様に“魔”の力を目覚めさせ魔族化させるため精神的に追い詰めるべく、更なる人体改造を施され、行動を抑制する魔界の蟲を寄生させられる。

それから龍門の構成員や触手の妖魔による性的調教や、奴隷娼婦として悪漢たちの陵辱に晒されるが、意表を突いて体内の蟲を仕留め、自身の魔の力を覚醒させたことで朧クローンと沙耶を撃破し、連絡が途絶えていたことから島の制圧作戦に踏み切った政府により送り込まれた軍や対魔忍たちによって保護され生還した。

そしてカオスアリーナ事件から10年後の現在では、政府が対魔忍たちのために作り出した隠れ里にあたる人工都市・五車町の対魔忍養成機関『五車学園』の学園長となって、後進の指導に当たっている。

人物

容姿は切れ長のツリ目で、ストレートの黒髪から左右にピコンと伸びたアホ毛が特徴的。
スタイル抜群でかなりの爆乳であり、任務時はスリーブレスボディスーツを着用し妖艶な雰囲気を漂わせる。
隠密を度外視して敵の殲滅に特化する場合、二振りの長大対魔刀と白い対魔忍スーツを纏った「フル装備」姿となる。

家族構成については、父の井河幽斎も対魔忍であったが両親は既に他界しており、妹のさくらだけが唯一の身内で、後に初代作の事件で自身の恋人・婚約者であった沢木恭介を亡くしたことで天涯孤独となった彼の弟である沢木浩介と、同じくエドウィン・ブラックに両親や一族郎党を皆殺しにされた甲河アスカの二人を引き取って母親・姉代わりとなって育ててきた。彼らのことは家族としてとても大切に思っている。

性格は基本的には冷静沈着クール、それでいて女性らしい柔和さもあり学園の生徒たちにはとても優しいが、さくらを始め身内には結構厳しく叱りつけることもしばしばある。時には忍として厳格に振る舞う面もあり(特に任務中)、相手や状況によって喋り方が変わる。
どんな状況に陥っても生存を諦めない胆力を持つ一方で、情を捨て切れないという忍としては致命的とされる欠点も抱えており、そのため甲河朧からは『甘ちゃん』だと言われている。
また、初代作において情報収集のためにかつて懲らしめたオークの店を訪れた際は、脅迫めいたやり方で強引に聞き出そうとするなどSっぽく振る舞っていた(後に朧からも「女王様気取り」と言われている)が、一方で相手側からグイグイ迫られると押し切られたり断れなくなったりするなど、根は押しに弱くM気質な所がある。

性的な面に関して元々は貞淑だったが、後述する人体改造を施された上で、幾度も媚薬漬けにされながら凄絶な性的調教を受けるうち心身共に淫乱なっていき、時に快楽に忠実になって「任務」を建前に性交を楽しんでたり、自分から誘惑して求めたりするなど男好き痴女になったようにも見られ、外伝作品では特にその様子が顕著である。性技に関しても未経験だったが、無理矢理に仕込まれたことで上手くなってしまった模様。
後に改造された身体は治療により元に戻ったが、調教によって開発され敏感になった性感帯や増大し旺盛になった性欲はそのままのようで、以前より惚れっぽく性に開放的になった面があり、アサギ3においては可愛がっている義理の弟・息子の浩介に手を出しかけている場面もあった。
マゾ気質にも拍車がかかっていき、後にスパンキングをはじめ痛みを伴うプレイに改造無しの素で快感を感じて自らメスブタ宣言してしまうほどのドMになっている。

能力

逸刀流・対魔殺法

最強の名に相応しく、天与の才と飽くなき鍛錬で磨き抜かれた体術・剣術は対魔忍の中でも超一級。
身に修めた対魔忍の剣術『逸刀流』の腕前は、対魔忍最強クラスの剣士である秋山凜子を上回るほど。
また、たとえ刀が無くとも対魔殺法による徒手空拳の腕も凄まじく、手刀や足刀で相手を斬り裂けるほどであり、単純な剣戟・格闘だけでも圧倒的な実力を持つ。
特にその俊敏さにおいて井河アサギに並ぶ者はないとされ、並の敵であれば忍法を使うまでもなく瞬く間に倒してしまう。

隼の術

彼女の固有忍法。数秒の間、常人の限界を超えた速度で高速移動する事が出来る非常に希少な異能系忍法。
アサギには術の発動時の感覚として、自身が早く動作するというより周囲の時がゆっくり流れるように感じる。

  • 殺陣華
隼の術による超高速移動を用いた一種の分身の術で、視界の届く範囲に最大数百体の分身を標的に繰り出し、一斉の斬撃で複数の敵を同時に葬ることができる。戦闘系の忍術では最強に近い術とされ、彼女を『最強の対魔忍』たらしめる術でもある。

  • 光陣華
長年の鍛錬で習得した隼の術の真髄。五感五体を超強化し、光速にも等しい速度で瞬く間に敵を斬り捨てる奥義。性質上、繰り出す攻撃の全てが超音速にまで加速した状態であるため、唯の斬撃であってもその破壊力は計り知れないものとなる。
効果は媒体によって複数の記載があり、6秒の間だけ1000倍の速度で行動できるとも、1秒の間だけ6倍の速度で行動できるともされている(甲河アスカが搭載したアクセルモードの存在を踏まえると、「6秒間1000倍の速度で駆動できる」が正解の可能性が高い)。

  • 一斬百戒
光陣華の発動中のみ繰り出せる、井河アサギの奥の手。静止した時間の中で放った百斬を一つに収束させ、百の威力を持った一撃で対象を一刀両断する。一撃一撃が必殺の威力である光陣華発動中の攻撃を百回重ねた斬撃だけあって、もはや過剰とすら言えるほどの破壊力を誇る。

  • 光斬華
対魔忍RPGにて使用。光陣華による身体強化と超高速移動によって、複数の敵を瞬く間に連続で斬り捨てていく奥義。ゲームでは敵全体に中威力で攻撃する。

  • 鳳刃華
対魔忍RPGで使用する奥義。背中に出現した翼で飛び回り、あらゆる角度から超高速で縦横無尽に二刀で敵を斬りつけ、最後は真上からの急降下による斬撃で一刀両断する。ゲームでは自身のATKを超特大アップし敵1体に特大威力で攻撃する。

特徴

LILITHきってのメインヒロイン。
単独キャラ名を冠したLILITH作品で3作まで作られたのは彼女ひとりな辺りその人気が窺える。
しかしハードエロゲで登板回数を重ねるということはそれだけひどい目に合う事が多いわけで、

…など、並べると一人で性癖網羅出来そうなほどの知名度に恥じない実績を持つ。
属性的にも「戦うヒロイン」、「熟女」、「BBA」、「」、「女教師」、「吸血鬼」、「青肌」などより取り見取り。

なお、「アヘ顔の代名詞」として一躍有名になったのは、LILITHと親会社が同じアダルトアニメブランドのPIXYから販売されたアニメ版(2007年,むらかみてるあき)の影響が大きい。

エロゲヒロインなので仕方ないとはいえ、どの作品でもほぼ確実に敵の計略に嵌り、モブから散々な辱めを受けるので、生存さえも危うい立場になりやすい。
またどちらかというと作戦は力押し頼みで、搦め手や計略に弱く脳筋気味。
部下もその傾向にあり、教え子でユキカゼ凜子の適性を見抜けず、奴隷娼婦として潜入するというとんでもない作戦に送り出し大変なことになった。
以上のことから、無能の烙印を押されがち。

チンポになんか屈しない → オぉぉぉんンんおマンゴイグイグーーッ!!、の流れを見ると『堕ちるの早すぎ……』、『ハイハイ、妹のため妹のため』等と感じるプレイヤーも少なくない。
正直、忍者というより女戦士といった面が強い。

『アサギ3』では、浩介に性的な責めを受けた際に肉体改造なしで(彼の媚薬的な術は受けていた)普通にアヘ顔を晒してメスブタ宣言までしてしまうが、もはやプレイヤーからは「知ってた」「様式美」などの反応しかなかった。

ただし念を押しておきたいのは、キャリアの中でのミスの場面のみがゲームで描かれているだけで、それ以外の場面では無敵無敗の最強の戦士なのは間違いなく、魔族からは畏敬すら持たれており、捕えられた際の常軌を逸した凌辱もその憎しみの裏返しとも言える。
また、これだけ他作品だとバッドエンド間違いなしみたいな目に遭っておきながら、正ルートでは一度も完堕ちしたり裏切ったりはしておらず、最後には必ず敵を討ち果たしている。
度重なる肉体改造や暴辱も乗り越え生き延びたタフネスと精神力は恐るべきものであり、やはり彼女はいろいろな意味で最強の対魔忍なのである。
そのため、ファンの間からは「女版コンボイ司令官」とも言われている。

対魔忍RPGでは

シナリオでは、エロの呪縛から解き放たれて最強の対魔忍っぷりをいかんなく発揮。二車骸佐と対峙した際は相手が太刀を振りかぶった一瞬の隙に無数の斬撃を浴びせ、鎧ごと骸佐を(死なない程度に)斬るという離れ業を披露している。
序盤で主人公を直属の独立遊撃部隊隊長に任命した後は主人公に指令を下すのみで直接現場には出てこず、あまりシナリオには絡んでこない。とはいえふうまに任務を指示したり、事件の後始末をしてくれたりとメイン、イベント問わず出番はそれなりに多い。またここぞという要所では前線に復帰し、その力を遺憾なく発揮してくれている。
なお、対魔忍RPGは時系列がアサギ3に準じているため、ことあるごとに骸佐にババア呼びされていた。
また、本作では原作ゲーム初代作より以前の時代を描いた過去編も存在し、そこではゆきかぜの母である水城不知火とアサギの関係が描かれており、若き日の二人との兄・八津九郎や甲河家当主時代の甲河朧らと共に、井河家の長老派達と激闘を繰り広げる内容となっている。
ただ、本作は一部でアサギZEROの設定が使用されており、過去編においてはZEROの立ち絵が使用され、両親や愛刀の名前もZEROのもの(父:主膳 母:菊 愛刀:悪鬼六文)が使用されている。

RPG開始時にはアサギは実装されているユニットが特典・限定ユニットしかなく、恒常的に手に入れられるのはアサギZEROのパッケージ特典のみであった。
しかし2018/10/19~11/2に開催されたイベント「期末テストと最強の対魔忍」においてイベント報酬SRキャラとして実装。
こちらの回想シーンは、アサギに想いを寄せるふうまが普通に告白しても相手にされないと考え、彼女と結ばれるために強引な手段に出る……という流れになっている。
最初は睡眠薬で眠っているうちに拘束されて彼の無理矢理な行為に反発するが、媚薬で長時間に渡り何度も絶頂させられる中でふうまが本気で自分に恋をしているのを理解すると、なんと最終的にふうまの想いを受け入れて恋人としてのイチャラブになる。改造なし洗脳なし催眠なしで、合意の上で愛し合い、アサギが心から満たされるという非常に貴重な内容となっている。
本人曰く、今まで無理矢理に犯されてしまうことが多かったため、こうした好意から求められて抱かれるのは久しぶりとのことで、かなり嬉しかった様子。
自分を「オバサン」といいふうまとの年齢差を気にしている場面が目立つが、担当したライターのそのだまさき氏の解説によると、ストレートに年齢差を強調するためにかなり意識して使ったとのこと。

2020年正月に限定ガチャで実装された『【対魔新年】井河アサギ』より、担当声優が中瀬ひなから蒼乃むすびに変更となった。
その後2020年3月に五車祭限定ユニットとして、白い対魔スーツ姿の『【フル装備】井河アサギ』が実装。防御面に難があるものの、全キャラ最速のSPDと初の1000越えATKを併せ持つ最強の対魔忍の二つ名にふさわしい性能を持っている。

wikiにおいて、非公式に実施された2019年のキャラクター人気投票では、513票を獲得して第5位についている。

アクション対魔忍では

プレイアブルキャラとして勿論参戦
忍者刀を駆使した華麗な剣捌きで敵と戦う。

奥義は、分身を発生させて敵に一斉攻撃を仕掛ける“忍法・殺陣華(にんぽう・さつじんか)”。

物語上も重要な役割を担っているらしく、本作初登場の彼女の愛弟子スウ・ジンレイを仲間に迎え入れたことが物語に大きな影響を与えることになるようだ。

本作に敵として登場する桃知東洋は彼女の師の一人であり、かつては井河家最高戦力と呼ばれ、アサギは彼の元で対魔忍が使う徒手格闘術である“対魔殺法”を学んでいた設定が明かされている

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品
最強の対魔忍
センシティブな作品
无题
センシティブな作品



アサギ練習2
井河アサギ
センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

対魔忍アサギ 対魔忍ムラサキ 対魔忍ユキカゼ 決戦アリーナ 対魔忍RPG ZEROアサギ
井河さくら 八津紫 
甲河アスカ 水城ゆきかぜ 秋山凜子
ふうまのお館様 ふうま時子
ふうま小太郎 桃知東洋 スウ・ジンレイ
対魔忍 巨乳 陵辱 淫乱 淫ら 痴女 ドM M女 アヘ顔 異種姦 触手 ボテ腹
母乳 レイプ イラマチオ くノ一 性奴隷 奴隷
感度3000倍
LILITH むらかみてるあき

コンボイ…直接現場へ赴けば、囚われようとも逆転勝ちする無類の強さを誇るが、本人が脳筋気味なため、それが原因でピンチになるところも共通する。作中で敵に体を好き勝手に弄くり回されたこともある。

関連記事

親記事

対魔忍アサギ たいまにんあさぎ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「井河アサギ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「井河アサギ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20016252

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました