ピクシブ百科事典

対魔忍ユキカゼ

たいまにんゆきかぜ

対魔忍ユキカゼとは、『対魔忍アサギ』及び『対魔忍』シリーズの派生作品のひとつである。
目次[非表示]

概要・特徴

対魔忍ユキカゼは、情報開示から発売以降も話題に事欠かない作品である。
その話題の焦点は、主として下記の三点である。

1.非ナンバリングも含めて7作品目であり、3年ぶりの新作にも関わらず絵師を変更
2.流行のNTRに特化した内容
3.Hシーンの構図・演出に対する不満(男性キャラが女性に覆い被さる形が多い)

上記の内容は、
『(本来の)絵師の都合が付かないのであれば、販売しなければいい』、
『NTRは構わないけど、オーク触手成分が足りない』、
『製作段階で、この構図は駄目だと感じるスタッフは居ないのか』、
『そもそもNTRモノになってない』、
等の一部の旧来ファンや生粋のNTR好きからの不満をもたらした。
従来の対魔忍シリーズとは違ったライトな絵柄やもっともエロ重視の旧作ユーザーやら新規層にとっては3.以外はさして気にもしていなかったようで、全体で見れば概ね好評であった。

本作ならではの評価点

1.モザイクを極力避ける手法の導入
2.対魔忍キャラとして、初の貧乳キャラ「水城ゆきかぜ」登場
3.初登場の対魔忍は、歴代最多の4人(水城ゆきかぜと、彼女の母である水城不知火秋山凜子と弟)

特に、『爆乳ばかりでヤリ過ぎ(キモい、受け付けない)』に対する解答として、
ゆきかぜを登場させた意義は大きい。
売り上げも対魔忍の名に恥じない好セールスとなった。

続編

続編として『対魔忍ユキカゼ2』制作された。
発売は2015年5月29日(当初は2月27日発売予定だった)。
しかしキャラデザこそ同じ葵渚氏が原画を担当されたが、1と2とでキャラの作画が余りにも違ったことから、困惑するファンが多く、一部の人からは「1の時の作画が良かった!」と言われるほどであったという。他には洗脳チップ設定で前作以上にNTR要素が薄かったり、本作シリーズの宿敵となる筈の黒幕のキャラがエドウィン・ブラックに比べて大不評だった。
後述の決戦アリーナでは本来こちらで使う筈だったようなエロ回想があった為、未完成品と揶揄するファンも少なからず居た。

シリーズ一覧

原作

  • 対魔忍ユキカゼ
    • ANIMATION
  • 対魔忍ユキカゼ2
    • ANIMATION

小説

  • 対魔忍ユキカゼ 対魔忍魔調教に堕つ


漫画

  • 対魔忍ユキカゼ 対魔忍は淫獄に沈む
  • 対魔忍ユキカゼ 淫辱PV撮影会


アニメ

  • 対魔忍ユキカゼ
    • #1 ユキカゼ編
    • #2 凜子、陥落
    • #3 達郎、絶望
    • DVD-BOX


実写

  • 対魔忍ユキカゼ
  • 対魔忍ユキカゼ コスプレイメージビデオのつもりがAVになっちゃいました!!


決戦アリーナ

DMM.comのR-18版で2014年7月1日にオープンした『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』のオープンに先駆け、事前登録したユーザーに、SRカードとしてゆきかぜが入手できた。だが事前登録のみで簡単に入手できたということから、サービス開始当初からSRカードの中では極めて能力が低いと言わざるをえなかった。(同じSRカードでも、秋山凜子とは攻撃力等でどうしても差があった)。ちなみに、建前上は事前登録限定のカードであるが、実際はサービス開始数日以内にアクセスすれば誰でも貰えたという。だが今となっては入手の手段がなく、決戦アリーナの運営も未だに再配布の動きすら見せていないため、今後もこのカードが再び手に入れるかは不明である。

なお、この事前登録のカード以外にも、ゆきかぜのカードは対魔忍版の他に、魔族版や米連版と、複数カードがあるが、いずれも結構ハードな陵辱シーンや調教シーンのため、その辺に耐性が無い人は注意が必要である。

また、秋山凜子高坂静流、ゆきかぜの母親である水城不知火といった『対魔忍ユキカゼ』が初出のキャラクター達も決戦アリーナにおいてカード化されており、特に凜子が2016年4月現在において、一番多くカード化されている。

なお、ノーマルカード扱いではあるが、ある限定イベントにおいて、魔法少女姿のゆきかぜや凛子がカード化されたことがある。
能力値こそ低いが、レア度はかなり高めである。(ちなみに、甲河アスカも魔法少女姿だったり、学生服姿の井河アサギがいたりと、ノーマルカードとはいえ、レア度の高いカードが出ることが稀にある)

対魔忍RPG

こちらでも期間限定から低レア、高レアと数多くユニット化している。
対魔忍側かつライト内容もあってか、ヒロインのゆきかぜや凜子はメインストーリーでは頼もしい仲間の一人となっている。扱いの悪かった静流もこちらでは諜報面での見せ場多い。
なお、達郎に関しては回想に少し触れられたりと設定があるだけで影も形もなく、ユキカゼシリーズのメインライターにもネタにされていた。
本編では未だ謎が多いからか、不知火の出番は控えめとなっている。

アクション対魔忍

本作ではゆきかぜと凜子がプレイアブル化。
ゆきかぜに関しては初期プレイアブルキャラの一人としてゲーム画面にも映り、ストーリー内での出番も多い。

関連イラスト

ユキカゼ堕ツ
対魔忍ユキカゼ
パズドラ風Y豚ちゃん
くのいち


凛子さん怒った
センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

Lilith 対魔忍 エロゲ 対魔忍スーツ
対魔忍アサギ 決戦アリーナ 対魔忍RPG アクション対魔忍
水城ゆきかぜ(水城ユキカゼ) 秋山凜子 秋山達郎 水城不知火 高坂静流

関連記事

親記事

対魔忍シリーズ たいまにんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「対魔忍ユキカゼ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「対魔忍ユキカゼ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62530347

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました