ピクシブ百科事典

水城ゆきかぜ

みずきゆきかぜ

水城ゆきかぜは、対魔忍ユキカゼのメインヒロインにして、対魔忍シリーズの登場人物の一人である。
目次[非表示]

特徴

デビュー前から注目の的であった彼女は対魔忍の中で最も小柄であり、(IZMという例外があるが)初めて褐色の要素をもったキャラである。

よく「水城ユキカゼ」とカタカナ表記されるがこれは誤りであり、「水城ゆきかぜ」と平仮名表記するのが正式である。

(自ら強硬に志願した)任務の過程で娼婦となり、主人公と結ばれる前に初体験を奪われるという悲惨な扱いを受ける。
貧乳でありながら、原画家「葵渚」のフェチとモザイク無し演出が功を奏し、
非常に卑猥な一枚絵を多数魅せつけ、見事プレイヤーの不安を払拭した。
余談だが、葵渚は販売前後に物凄い気を使ったツイートをしていた。心配だったのだろう。

しかし、Hシーン全体として評価すれば「野郎の尻」を拝む機会が多く、疑問視された。
華奢な身体にミスマッチな巨根を挿入されようが、褐色肌にローションがテカっていようが、
物理的に(野郎の尻で)見えなくなれば、ゆきかぜの価値が半減する。
一昔前の透明な性器描写から一周回り、
断面図ですら身体を覆い隠してしまう演出手法に辟易したプレイヤーは少なくないだろう。

今後の期待

NTRモノのヒロインではあるが、非常に人気が高い。
もっとも自ら娼婦に(処女のまま)なるという作戦を立案し、これを実行したのは他ならぬゆきかぜ自身である為、実質的にはNTR要素が薄い。
しかも、これをアサギらに内緒で行った為(アサギ達は優秀な対魔忍であった母親すら奴隷に仕立て上げるほどの敵の力を悟っており、ゆきかぜの任務志願に反対していた)、わざわざ罠にハマって自滅する結果を招いた。

その為、対魔忍シリーズ屈指のおバカヒロインとも言える。

アサギとゆきかぜの人気は絵師のフォロワー同士の対立であり、
両キャラの属性も二律背反(例:巨乳と貧乳、年増と子供)で互いに互いを高め合っている。

対魔忍シリーズは、対魔忍アサギ3で(アサギが主役の本流は)一応の完結を迎える。
是非ともその前に、絵師を二人同時起用して両名が絡み合うシナリオを提供して欲しい。
特にゆきかぜは、陵辱された事実が主人公にバレればアッサリ堕ち、
母親である水城不知火は対魔忍で最巨乳、ボテ腹演出が映えると再利用の価値は高い。

活躍が絶対視されていた対魔忍アサギ3で登場しないことが、原画家・葵渚から言及された(但し、甲河アスカのデザインを担当している)。
ただ、DMMのソーシャルゲーム「対魔忍アサギ~決戦アリーナ」が稼働した事で「対魔忍ユキカゼ」のソフトが再び売れた事もあって、一部ファンからは続編を希望する声も囁かれていたが、
2015年5月29日に続編「対魔忍ユキカゼ2」が発売され、前作と変わらず潜入先の外道達にNTR調教されている。

関連イラスト

勝てなかったよ・・・
対魔忍ユキカゼ
ゆきかぜちゃん
かじぇ。



関連タグ

対魔忍ユキカゼ 対魔忍アサギ 対魔忍ムラサキ 決戦アリーナ
貧乳 NTR ビッチ

pixivに投稿された作品 pixivで「水城ゆきかぜ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2984447

コメント