2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

正義の対魔忍、上原鹿之助推参! なんちゃってな、一緒に頑張ろうぜ!

プロフィール

身長140cm
スリーサイズB68 W55 H75
性別
出身上原家
所属対魔忍
属性魔性🔵
イラストおぶい
CV星もえる(対魔忍RPG)/植竹香菜アクション対魔忍


概要

五車学園一年生の対魔忍。主人公の同級生で、悪友的存在。
五車学園の教員の1人にして、“電輝の対魔忍”で勇名を馳せる雷遁使い上原燐のいとこ。
彼女のことは「お姉ちゃん」と慕っている。彼女からはバレンタインチョコをもらったり、「房中術を教えてやろうか?」半分冗談で言われたりなど、仲はいい。
上原家は井河甲河には及ばないながら、上忍の家として代々続く名家である。そのため実家は没落したとはいえ名家であるふうま家よりも立派かもしれないとの事。

手裏剣が得意。遁の術使い。
遁とは違い、生命体に存在する僅かな電気を操るのが主体の忍法。
だが、静電気程度の威力しかなく、本人も戦闘向きではない事を自覚している。
小学生に間違えられるほどの低身長でもあり、戦闘力は対魔忍の中でも最下層に属すると公式で言われる始末。(そのくせゲーム内では最強クラスに強い。)
ただし、高圧の静電気を制御する能力からサイボーグ等の電気機械に頼る相手には滅法強く、格上相手にも健闘する事もある。

性格は、結構ヘタレ。蛇子を置いて逃げようとしてしまったこともある。
お化けや幽霊等のオカルトの類いは大声で叫んでしまう程苦手。
だが、正義感は強く、いざと言う時は自分の命を投げ出す覚悟もある。
逃走したり号泣しながらではあるが
夏イベントでは記憶喪失になった不知火をタツヤ先輩率いるDQN集団から満身創痍になるものの守り抜いた。

チンピラに絡まれ、お尻を触られたり、
怪しい女に(性的な意味でも)襲われそうになったりと、不幸体質でもある。
ぶっちゃけ蛇子以上にエロい目に遭ったり、ヒロイン感が出ている。

こんな見た目と性格だが、一人称は「俺」であり、列記としたである。つまり男の娘
これまでにも対魔忍アサギシリーズでは秋山達郎等、男対魔忍はいたことにいたが、メインキャラとしては初である。
メインシナリオではオークに肉奴隷として誘拐されかけた際、男だと泣き叫ぶも、オークは「男でもいいや」そのまま肉奴隷として連行した。リーナの助けもあり未遂に終わったが。
他にも外見がどう見ても女の子のため女囚監獄に連行され、ボディーチェックの際にようやく男と判明したもののかわいいからという理由でそのまま投獄されており、もはや男としては見られていない模様。それでいいのか?
ちなみに実装されたエロシーンはこの監獄が舞台である。
異性に幻覚を見せるというインキュバスのアンブローズの術に仲間がかかるなか、一人だけ幻覚にかからず一矢報いた。理由はアンブローズと部下のミレイユが鹿之助を女の子だと勘違いしていたから。このときの発言から女の子と間違われることは不本意であることがうかがえる。(ちなみにこの際、アンブローズは「美しい」と称しており、戦闘と双方での敗北を認めていた。彼は高位のインキュバスであることからインキュバス的には鹿之助の様な容姿が理想らしい)

センシティブな作品


そっち方面の人物には大人気であり非公式wikiで実施された2019年人気投票では1067票を獲得し2位(1位は1142票の心願寺紅)の座を手にした。
「アニメ化してほしいゲームは?(2020年上半期)」というランキングで対魔忍RPGがランクインしたのだが、ランクインしている他のゲームのほとんどがどう見ても女性向けであるので鹿之助目当てで投票した女性ファンがいる可能性は無きにしも非ず。ちなみにプロデューサーのツイートによると対魔忍シリーズの女性ファンは全体の6%らしい。

敵の幻影にはまったとき、中二的な台詞とともに、敵をなぎ倒す幻影をみていたりなど、年相当の男の子な一面もある。ちなみに、その様子を見ていた主人公と甲河アスカには若干ひかれていた。
また、神村舞華を尊敬しているとのこと。主人公に「好きなのか?」と問われた際には、顔を真っ赤にして否定するなど、尊敬以上の気持ちを抱いているようだ。
ちなみに身内である母親と従姉を除くと手をつないだことがある異性は不知火だけ。際どいビキニも相まって初めて不知火と手をつないだときには卒倒しそうになっていた。

メインシナリオ28章では未来から来た大人ゆきかぜに、異星人アルサールに自分が殺されていることを知らされるが、いろいろあってその運命を変えている。

センシティブな作品


イベント「恋の純情爆走ロード」では、私服姿で登場し、恒常SRユニット化された。
名家の上原家には、『男児を狙う悪霊から身を守るため女装させる』という古くからの仕来りがいまだに残っており、鹿之助も6歳までは女子として育てられた。
鹿之助はこの時の感覚を引きずっていて、例え上半身だけでも人前で裸になる事を恥ずかしがっている。
ちなみに、鹿之助は男物の服が五車学園の制服と対魔忍スーツ以外無いらしい。対魔忍スーツもかなり際どい物だと思うが、本人は『BLACK LAGOON』とのコラボイベントの中で、「俺的には、このスーツは超カッコいいヒーロー的な感じだと思ってたんだけど!?」と述べているので、着用に抵抗感は抱いていないどころか、寧ろカッコいいとすら認識していた模様。家の仕来りの影響なのかもしれないが、常人とはだいぶズレた美的感覚を持っているようである。

先輩の穂稀なおにさそわれ、彼の家に行くが、ふうまと石川あむに尾行される。
同じく、鹿之助を尾行していた西園寺爆斗がふうまをストーカーと勘違いし、ふうまに戦いをしかけている内に、誰にもバレることなくなおの家についた。
彼からは「僕よりも可愛い」とお墨付きを貰っており、西園寺からは「お嬢さん」と勘違いされていた。

センシティブな作品


2021年7月16日の「夏のオトコ祭り」で限定水着SRが登場。もちろん女用の水着
今回のイベントだが、ガチャ産のキャラは鹿之助含め、全員男の娘(エロシーン有り)。
さすがにイベント報酬は黒田巴で、女性。イベントには巴と蓮魔零子の女性二人も登場する。
だが、蓮魔と巴の身体を考えれば、今回のイベントに登場したキャラは全て"ついている"ことになる。
シナリオでは穂稀なお藍野のぞみ男の娘2人組(もちろん二人とも女用の水着)に誘われ、海水浴に来た。
だが、蓮魔先生と巴を見つけた瞬間、嫌な予感を感じたのか逃げ出した(蓮魔は”楽しい”ことをしようと提案したが、実際はビーチバレーの対決だった)。
逃げた後、アンブローズの部下の淫魔族幹部である、ルル・マンハッタンらのドラァグクイーンの魔物達に襲われる。
だが、タケミカヅチの効果で、マンハッタンの命を狙う他勢力の魔族の存在に気づき、彼に忠告。
取り巻きのドラァグクイーンらが刺客の魔族を撃退した。
そして、マンハッタンは敗北を悟り、アンブローズ同様、鹿之助を美しい存在として認め、「鹿姐さん」と慕われることとなった。

能力

電遁の術

自然系の忍法に思われがちだが、体内の対魔粒子を電気エネルギーに変化させる異能系忍法である。ゆきかぜや燐の操る「遁の術」とは別物。
同様に主人公の知識によると、かつて歴史上存在した電遁の術使いは、強力な電気エネルギーで一千の甲冑武者を感電死させたと言う。
前述の通り、鹿之助が未熟なこともあってか、殺傷能力がある程発達してはいなかったが、最近はバッテリーなどを用いて電気を底上げし、強敵を倒せるほど強力な電気を使いこなせるようになっている。
現段階では敵への攻撃手段というよりかは、閃光での目眩しや電撃での麻痺など味方へのサポートのための手段として活用されている。
本人が貯めた電気でなくとも使用可能で、ゆきかぜの電気を利用した「超必殺 バック・スパーク・インフェルノ」という術も披露している。現状この術が最大火力である。

鹿ちゃん


鹿之助をパーティに入れてプレイすれば分かるが、元のステータスも非常に高いだけでなく、スキル2のマルチスパークはレイドイベントや単体ボス戦、奥義のバンビはメインシナリオでの装備集めやストーリーイベントに持ってこいの仕様であり、2022年までに実装された魔性属性のキャラの中では単体全体攻撃問わず最も使い勝手の良いキャラである。
お気に入りキャラに設定した際に聞ける特殊ボイスに「ゆきかぜに勝てるかな」というものがあるが、このスペックを考慮すると煽りにしか聞こえない(ゆきかぜの方は未来のからやってきた大人ゆきかぜバージョンの二種を除けばどれもいまいちパッとしない性能であり、初期実装ゆきかぜや配布ゆきかぜはともかくクリスマスやバレンタインの特別仕様や、2022年正月という最新実装のゆきかぜですらスキルが中途半端な有様)。

  • ソナー
微弱な電気を発生させ、ソナーとして使う。
ユニットのリーダースキルでもあり、「舞台全体の攻撃力中アップ+麻痺耐性特大アップ」という強力なもの。
四條如月アルベルタユノーらのリーダースキルとは違い、超特大ではないので完全には麻痺を防げない点に注意。

  • スパーク
ソナーより強い電気を発生させる。
敵を怯ませるくらいの威力はあり、麻痺することも。

  • マルチスパーク
より強力な電気を発生させる。
機械も故障させることが出来る。
ユニットではSPも回復する。

  • バンビ
新兵器の電池を使い、貯め込んだ電力を一気に放つ大技。
電気が鹿の形になり、敵を攻撃。
ユニットでは味方全体の攻撃力と守備力が大アップするおまけつき。
※このバンビは実装当初は遁と表記されていたが、すぐに遁に修正された。一応対魔忍は一人につき術は一つしか使えないという設定があるため、その矛盾解消のための修正であろう。

タケミカヅチ

チャプター35で目に宿った、謎の力。少女の姿をしている。
光ではなく電子で世界を"見る"力(空間の電位を把握できる力)を持つ。
隠し神の弱点を見抜き、燐のサポートをした。

ちなみにタケミカヅチは鹿に縁の深い神様で、鹿が神使であることが多い。
なお、神話でのタケミカヅチはである。

ユニット

対魔忍RPGでは2022年9月の時点では3種類が実装されておりどれも魔性属性となっている。

1つ目は五車祭にて2019年11月蛇子と共に実装、上記の通り圧倒的な攻撃性能を引っ提げての実装であったことからユーザーの度肝うを抜いた

更に攻撃性能に反して耐久は低くなりがちなRPGにおいて珍しく耐久性能もアタッカーとしてはかなり高い、更に更に本人の逃げ腰姿勢が見事スピードにも反映され結果的に全数値が高水準に高いと言う本編のキャラとは思えないオーバースペックな仕上がりとなった。

攻撃面ではスキル2電遁の術マルチスパークで単体に大ダメージを与えつつSPを回復するものでハイサイクルでの使用が可能。

奥義の電遁の術バンビでは味方全員の攻撃と防御を上げつつ敵全体に大ダメージを与える為サポート兼殲滅戦が可能と全く隙がない。

ゆきかぜに勝てるかな?と本人は呟いていたが実装当時はゆきかぜは愚か全キャラ含めて彼に勝てるキャラが居るのか怪しいレベルの強さであった、現在は彼よりも性能が高いキャラが多くて実装された事でトップレベルでは無くなったがそれでも尚強い事には変わり無い。

2種類目は2020年10月末に実装、フワフワのツインテールが特長のパッと見男には全く見えない可愛らしい姿で再びユーザーの度肝を抜いた。

性能は1種類目と事なり攻撃性能は皆無となった代わりに非常に高い耐久と回復性能を得た、特に奥義は体力の最大上限を伸ばすと言う変わったもの、高難易度では一撃死もざらでは無いRPGにおいて体力の上限アップは目に見えて生存率が上がるためヒーラーとして見ると極めて優秀な分類になる。

3種類目は2021年7月にて水着姿で実装、男でありながら女と偽って女性物の水着を着用しての実装にユーザーはまたもや度肝を抜かれた。

性能はクリティカル特化型、敵単体に超火力で殴り抜くボス戦に特化した性能でステータスも攻撃の数値が4桁を突破した。

クリティカル主体の戦法に関して自身だけでなく味方全員にクリティカル率の発生率とそのダメージ倍率を上げる物であり脳筋と思いきやしっかりと味方をサポートするなんとも鹿之助らしい戦法を使う事となる。

総じて全体アタッカー・ヒーラー・単体アタッカーと3種類共役目が異なりそのどれもが高水準であることから作中のヘタレ具合とは真逆の強キャラとしてゲーム内では幅を引かせている。

余談

決戦アリーナで、同じく男対魔忍の天満八生にエロシーン(※1)があったように、「鹿之助にもエロシーンがあるのでは?」という声も多かった。というかサービス初期から製作スタッフからいずれ来ると予告されていた。
その後、穂稀なお男のままエロシーンが実装されたため、ますます注目されていた。
そして、蛇子と共に、限定ユニット化。なお同様、男のままエロシーンを迎えることになった。
エロシーンは監獄でふたなりのスネークレディにひたすら尻を掘られてメスイキするというもの。このシーン2で豚の物真似をしろと言われて真似をするシーンがあるのだが、この物真似が妙に迫真の演技なので一見の価値あり、最後は自分を徹底的に犯したスネークレディに忠誠を誓い新しく生まれ変わった牝として看守のオーク達への奉仕を約束する。

私服版では、アナルをディルドーで開発後、娼婦堕ちというもの。
ふうまを人質にされて最初は嫌々娼婦をしていたのだったが客の魔族に愛の囁きと暴力によって自分が牝であることを自覚し最後はふうまを捨てて客の魔族に婚約しようとするも結局セフレ止まりとなる、回想からして牝になる前から娼婦として板に付いており同じ娼婦達とも仲は良かった模様。

水着版は、野郎どもに輪姦される。
自らの容姿を利用し海岸の男達に貢がせていたが素人AV撮影を主体にしたヤリチングループに薬を盛られ犯されそうになるも男と判明しグループ全員固まる、しかし監督から可愛いからとそのまま撮影続行されそのまま輪姦、封印していた牝の本性が現れそのまま牝堕ちしめでたくAVデビュー。

この時牝の本性を封印し男として生きていたが再び牝の本性が現れた事に嘆いた事から恐らく1種類目か2種類目の続きとも見て取れる。

尚この回想の後日談にて鹿之助が出た作品は全て闇に葬られAV撮影していた男達もまた闇に消された……この一件には鹿之助を愛してやまないが故に今回の件でぶちギレた従姉妹の姿があったとか……

どれもこれも牝堕ちしているがどちらかと言えば隠してた牝の本性が露になったと言う形なのである意味自分に素直になったとも取れる……

※1 女体化させられ、触手攻めの後、ふたなり化した恋人である長原緑子に犯されるといったもの。
それゆえ、鹿之助の場合、「女体化してほしくない」「正体が女でいてほしくない」と言った意見が多かった。
しかし、デザインを担当したおぶい氏の他のイラストと比較すると、鹿之助の股間の書き方が女性のそれであるという指摘で、不安視されていた。が、そんなことは無かった。そこらの女性対魔忍よりも女らしいキャラではあるが男であることが公式で明記された。

ストーリーでは泣きじゃくりながら逃げ回ったり、失神したりするヘタレであるが、ユニットとしてひとたびパーティに加われば鬼神の如き働きぶりを見せる。
そのため、ネタまじりに鹿之助は五車に送り込まれたスパイではないかという憶測がたっていたりする。
メインライターの笹山氏いわく「対魔忍RPGは全年齢向け故にダーティーなストーリーにはしない」とのことだが…
(単に限定キャラだから高性能にしないと集金できないのが理由とか夢のないこと言わない)

関連イラスト

センシティブな作品
上原鹿之助


センシティブな作品
仲良しトリオ



関連タグ

対魔忍RPG
ふうま小太郎 相州蛇子 上原燐 水城不知火
男の娘
穂稀なお藍野のぞみココア・ラピュセル:同じく対魔忍シリーズの男の娘。

関連記事

親記事

対魔忍RPGの登場人物一覧 たいまにんあーるぴーじーのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2462207

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました