ピクシブ百科事典

リーナ(対魔忍)

りーな

リーナとは、ゲーム「対魔忍アサギ」シリーズの登場人物である。初出は「対魔忍アサギ~決戦アリーナ~」。
目次[非表示]

「ノマド騎士軍所属、『嵐騎』リーナだ。私に勝てば協力をしてやろう!」

プロフィール

身長不明
スリーサイズ不明
性別
所属ノマド→ふうま七衆(決戦アリーナ)/ノマド(対魔忍RPG)
属性魔性
イラスト
CV烏丸そら


概要

ノマドの騎士軍に所属する騎士。下級魔族。
イングリッドなど一流の魔界騎士にはまだまだ及ばないが、
日々の訓練と実戦により彼女自身の力が目覚めつつあり、日増しに強くなっていっている。
リーナはいくつもの戦場を駆け勝利を収めていくうちに、イングリッドたちの目にも止まり、
その風を操る力から『嵐騎』の二つ名を授かった。

正義感の強い性格で、悪を許さないまっすぐな性格。
ではなぜ正義とは真逆のノマドに所属しているかというと、イングリッドに憧れたから。
本来ノマドは首領のエドウィン・ブラックを初め、フュルストなど、リーナが嫌いそうな外道や悪党が集う集団である。
イングリッドはノマドの中でも数少ない、武人気質の人物であり、彼女の存在だけでノマド入りを決めたリーナは早計であるといっても過言ではない。
実際、ストーリーでも、ポンコツな一面が多く、公式側もポンコツキャラとして認識しているらしい。
ノマド構成員からもポンコツ呼ばわりされた。

また、旭氏がデザインしたキャラ恒例の、母乳体質持ちである。
エロ回想も、陵辱が多い。対魔忍RPGのある回想では、主人公のふうまに肩関節を外されて脱臼状態のままレイプと下手な陵辱よりもエグい目に遭っている。

決戦アリーナ

総カード枚数は5枚。
ふうまを狙う刺客として登場するものの、敗北。
たんまりと調教され、アッサリふうま側に鞍替えしてしまった。
そして、いつの間にか幹部に相当する「ふうま七衆」の一員になっていた。
同じふうま七衆のミシェア・シルキースとは息が合うらしく、二人のコンビで敵を撃退したこともある。
他の七衆と共に、ハロウィンコスで練り歩いたことも。

だが、完堕ちした訳ではなく、「ふうまに従ったふりをしていればいつでも寝首をかける」と都合のいい自己暗示を続けていた。
が、いざ実行に移した時、結果的にふうまを守る結果となってしまい、おだてられるとまんざらでもなくドヤ顔というポンコツっぷりを見せつけた。

対魔忍RPG

イベント配布SR、通常HR、すーぱーそに子コラボHR、夏服Rの4体が実装されている。
こちらでもノマドの騎士として活躍していることは同じだが、イングリッドに対する憧れがストーカーレベルにまで発展している。

騎士軍として重要な作戦に参加する事も増え、春先に行われた大規模な掃討戦では一番の功労者として認められ、
イングリッドから魔界にその花を咲かせるという魔桜の力が込められた魔剣『サクラブロッサム』を下賜される事となった。
このことから、「桜嵐舞闘(ろうらんぶとう)」を自称するようになった。
ちなみに前作と違ってふうま達との絡みが少ない。

イベント「魔界騎士のお仕事」

初登場。本編の時系列的にはチャプター11の方が先なのだが、現実ではこちらのイベントの方が先だった。
依頼人であるミナサキが「ふうまがを誘拐した犯人」と早合点したため、ふうま達に襲いかかる。
一度ふうま達に会ったにも関わらず、全く顔を覚えていなかった。
相州蛇子のタコ墨を弾くほどの剣捌きを見せ、ふうまを追いつめるが、
ミナサキの妹がすんでのところで「ふうま達は自分を助けてくれた」とミナサキに訴えたため、攻撃を止め、誤解を素直に謝罪した。

チャプター11

上原鹿之助がオーク達に肉奴隷として誘拐されかけている(オーク曰く男でもいいや)ところに登場。
オーク達を蹴散らし、鹿之助を救出した。
この時、ふうま達がヨミハラにいることを疑問に感じたが、高坂静流のウソをあっさり信じた。
同行しようかと提案するが、静流が断った後は、全く怪しむことなく、去って行った。

イベント「降ったと思えば土砂降り」

本来、空港で情報屋からメモリーカードを受け取る予定だった。
が、時計が遅れていたため、遅刻してしまう。
偶然、メモリーカードを情報屋から受け取ってしまった甲河アスカと、待ち合わせ場所で遭遇。
その後、リーナとアスカはメモリーカード目当てのサイボーグに襲われてしまう。
アスカにメモリーカードの中身のことを問いただされるも、返答に渋っていた。

空港での騒ぎに黒田巴率いる対魔忍達も登場し、さらに現場が混乱。
この時、敵である対魔忍の巴に対し、自分の正体を堂々と名乗ったり等、穏便に済ませたいアスカにとっては、さらにややこしい事態になった。
その後、メモリーカードを狙うサイボーグ達の親玉であった千住院弁慶に、アスカ、巴と共に共闘。
情報屋の予期せぬ乱入もあり、無事弁慶を倒した。

ちなみに、メモリーカードの中身はイングリッドの画像ファイルだった。
イングリッドを思うリーナと同じく、蓮魔零子という思い人がいる巴は(ノマドの構成員なのに)意気投合してしまい、二人ともアスカから呆れられた。

イベント「魔界騎士と次元の悪魔」

上司のイングリッド、同僚のエレーナと共に、ノマドに開いた異次元を調査。
普段の猪突猛進な一面とは違い、イングリッドの指示を仰ぐ冷静な一面も見られた。

調査後、異次元由来の呪いにより、ノマドの構成員が倒れていき、自らも熱病に倒れてしまう。
その後、呪いを防ぐ結界から出てまで対魔忍の井河さくらが異次元の穴を閉じる協力をすることに戸惑いを見せるも、同じ対魔忍の巴と共闘した経験もあってか、さくらを信頼し、イングリッドに協力することを頼んだ。

異次元が閉じた後は、無事体調が回復した。
邪龍の力を解放して疲労で倒れたイングリッドが目を覚ました時は泣いて喜んだり、「井河さくらに礼を言いたかった」など、素直な一面を見せた。

イベント「怒れる猫と水着のお姉さま」

イングリッド、エレーナと共にバカンスに来ており、そに子コラボの格好でラップ大会に参加した。
まさかのボイス付きで、ラップを披露するものの、失格になった。

イベント「ヨミハラ大納涼祭」

イングリッド、エレーナ、イングリッドの遠戚のドロレスと共にヨミハラの夏祭りに夏服で参加。
招福の大太鼓の櫓で踊るイングリッドに歓声をあげていた。

イベント「ある日のヨミハラ」

チョイ役として登場。
雨の中、傘を持っていないケイリー・マイヤーズに自身の傘を渡した。
が、自身はずぶ濡れになった。

チャプター31

ヨミハラの見回りを行っており、陳春桃SB-001炎王の喧嘩を仲裁した後、彼女の過去回想に入る。

かつてリーナは、両親も不明の下級魔族の孤児として生まれ、魔界貴族のセルヴィア・ローザマリーに拾われ、使用人として仕えていた。
ある時、セルヴィアが「気まぐれ」としてリーナに風の魔剣を与えたため、魔界騎士になろうと剣の修行に励むようになる。
後のイングリッドによれば、セルヴィアはリーナのことを馬鹿にしつつも、内心ちょっと気にしていたとのこと。剣の価値も分かっており、ただの気まぐれではなく、照れ隠しと推測している。
リーナは、この時貰った魔剣をセルヴィアの形見として、大事にしており、剣に自身の名前を刻んでいないらしい。
その後、セルヴィアが魔界貴族を誘った晩餐会において、参加者のイングリッドに一目惚れする。自身の剣の修行を彼女に目撃され、稽古の手ほどきを受ける。

ローザマリー家滅亡後、傭兵団の女剣士として活動。この時、大魔女の娘であるリリスと知り合い、似たような夢を持つ彼女と意気投合している。
そして、傭兵団を抜け一人でさすらい、ヒュドラを討伐しようとしたところにおいて、同じくヒュドラを討伐しようとしたイングリッドと再会。戦闘でヒュドラの毒を受けてしまうものの、イングリッドにより一命を取り留める。
リーナはイングリッドに対し、なぜ魔界騎士から離反したのかと問い、イングリッドの語った理由に同調。彼女に付いて行くことを決意し、ノマドの一員となる。

過去回想終了後、因縁の相手であるヒュドラと対決。
新必殺技でヒュドラを撃退した。
そして、生存が発覚したセルヴィアのお茶会にリリスが来ることを知ったところで、ストーリーは終了する。

検索において

「リーナ 対魔忍」と検索しても「決戦アリーナ」等がかかるため、
本タグの「リーナ(対魔忍)」を使用することを推奨。

関連タグ

対魔忍アサギ 決戦アリーナ 対魔忍RPG
イングリッド エレーナ
セルヴィア・ローザマリー リリス・アーベル・ビンダーナーゲル
ふうま小太郎 黒田巴
甲河アスカ

ふうま七衆
ふうま時子 井河さくら 八津紫 アルベルタ ラークシャシャ ミシェア・シルキース

関連記事

親記事

決戦アリーナ けっせんありーな

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リーナ(対魔忍)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10844

コメント