ピクシブ百科事典

七瀬舞

ななせまい

七瀬舞とは、ゲーム「対魔忍アサギ」シリーズの登場人物である。初出は「対魔忍アサギ~決戦アリーナ~」。
目次[非表示]

「七瀬舞、と申します……よろしくお願いします。
 私でお役に立てるかわかりませんが……微力ながら、お手伝いしますね」


プロフィール

身長不明
スリーサイズ不明
性別
所属対魔忍
属性自然
イラストぽ~しょん
CV 義仲愛(決戦アリーナ/対魔忍RPG)/麻倉ももアクション対魔忍


概要

決戦アリーナ』・『対魔忍RPG』・『アクション対魔忍』に登場する対魔忍
決戦アリーナと対魔忍RPG以降では性格が異なる人物で演技の方もかなり変わっている。
無数の紙を身体のあちこちに隠し持ち、その紙を戦闘や隠密行動へ使用する。
決戦アリーナでは生真面目なエリートタイプで、能力の柔軟性とは裏腹にかなり頭は固い人物とされていたが、出番が全くなかったので本来の性格がどんな感じかは不明のままであった。
対魔忍RPGからは皆に慕われているがどこか遠慮しがちな性格に変更され、自分から発言するようなことはないが、大好きな本にはジャンル問わず目がなく、本について語り出すと止まらなくなる一面を見せていた。普段も読書三昧の生活をしている様子で同級生の篠原まり曰く「紙フェチ」らしく紙そのもはのが大好きなのかもしれない。

決戦アリーナ

カード2種類。
イベントシナリオではかつてモンスター兵器の生産研究が行われていた巨大施設の調査を命じられ、ふうま小太郎フェリシアと遭遇。
ふうまがフェリシアのような少女を誘拐しては、研究施設で非道な人体実験をしている悪者だと決めつけて問答無用で攻撃してくるが、フェリシアの不意打ちにより負傷、ふうまと共に辛くもその場を逃れる。
ちなみに上記の通り、このイベント後の出番は一切なかったが、人気はあった方でタペストリーといったグッズ化もされていた。

回想シーンは中々エグいものでIF展開としてふうまやフェリシアと遭遇せず、単身で任務にあたっていた際に捕らえられ、触手で処女を奪われて以来、媚薬漬けの娼婦として飼われてしまう。
その続きが二枚目にて描かれており、オークの嫁として狂気の結婚式を挙げるという衝撃ある展開であった。

対魔忍RPG

ユニットはフェス限定キャラの1種類のみ。
こちらでは学生対魔忍として五車学園内では篠原まり清水神流などと仲良く学園生活を送っており、皆から『舞ちゃん』と呼ばれ親しまれている。
篠原まりのことは同級生にも拘らず『まりちゃん先輩』と呼ぶ。
ちなみに本当の先輩である清水神流のことは『かんちゃん先輩』と呼んでいるらしい。

前作と変わってシナリオ面では優遇され、出番も多い。
シナリオではイベント「ファイヤー&ペーパー」にて初登場。
魔導書という単語から興味を抱き、ふうまに紙に長けた専門家として初対面の先輩対魔忍眞田焔と共にシュヴァリエの依頼を協力することになる。
以降は読書友達として焔やふうまとの交流が増えている。
ちなみにまりがふうまに惚れていることを知っているため、ふうまにあまり深入りしないようにと考えているが、イベント「期末試験とうさぎの対魔忍」で再登場した際はふうまに信頼と好意を寄せてるような素振りをちょいちょい見せ、「ジューンブライド・アゲイン」でまりのレポートを共にチェックした際は年配夫婦の様に息がピッタリだった。

フェスSRの目玉はなんといっても「神気・回復陣」。このスキルは全体HP中+SP特大回復という破格な回復性能を誇っており、スキルマや装備を環境が整えれば即座に全快が可能でHPは5871もあり、耐久性能も非常に良い。
同じくフェス限アタッカーフル装備アサギと組み合わせれば、アリーナだろうが高難易度クエストはゴリ押せることから、最強ヒーラーとの声が高い。
オート環境用と高難易度用にURとLRを2体ずつ作るプレイヤーが存在し、二体目を当てるために深追いして天井してしまった人も多かったが、スキルセットが2020年7月15日に追加されたことでLRでのオート運用が可能となり、紙ならぬ「神の対魔忍」へと進化を遂げた。
反面、奥義の「絶対守護領域」は1ターン無敵状態になるが次発動するのに3ターンかかり、敵より先に展開しなければ攻撃くらってしまうといった使いにくい性能となっている。

ちなみに回想は次のユニットの連続モノとしてふうまとの交流が描かれ、申し訳程度に撤退中に服が破けたり、ふうまの脚ツボマッサージでイクといった微エロな内容となっている。
限定キャラかつ今までにないエロ控えめな回想内容から賛否両論となっていた。
ちなみに公式も大分博打であったのを承知であったのか事前に※「七瀬 舞」の回想シーンは控えめな性的表現となっておりますと念押ししていた。何がともあれ次に期待である。


アクション対魔忍

サポートキャラとして参戦。声優は麻倉ももに変更されている。
回想ではふうまとの待っている場面が描かれ、これはデートではないのかと内心ウキウキしている姿が描かれていた。
対魔忍シリーズのシナリオに参加しているそのだまさきはこの回想を気に入っているらしいことをブログで語っている。

紙気

紙に対魔粒子と自然エネルギーを注ぎ自在に操る忍術。
強化された紙は雷撃の対魔忍の雷にも耐えるほどの強度を得る。
汎用性が高く攻守に力を発揮するその能力と、それを使いこなす身体能力の高さは、多くの対魔忍たちを唸らせる程。
ただし紙以外のものは操れないため、紙のストックが切れると無力となってしまう。

余談

RPG初登場イベントを担当したそのだまさきはR.O.Dに登場する読子・リードマンをモデルにしたと語っており、こちらも紙使いが活躍する作品となっている。
また、ブログにて彼女がふうまと交流を持った後の小説を書いており、こちらではふうま災禍とも絡んでいる。
彼女が実装される前にコラボキャラとしてそに子が完全なエロ無し回想で実装されている。

関連タグ

決戦アリーナ
対魔忍RPG
アクション対魔忍
ふうま小太郎
篠原まり
眞田焔
清水神流
ふうま災禍

関連記事

親記事

決戦アリーナ けっせんありーな

兄弟記事

コメント