ピクシブ百科事典

死々村孤路

ししむらころ

「死々村孤路」とは、対魔忍RPGに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「………………死々村孤路。よろしく」

プロフィール

身長不明
スリーサイズ不明
性別
所属対魔忍
属性魔性
イラストさのとしひで
CVいねむりすやこ


概要

対魔忍RPGに登場する対魔忍で居合を得意とする逸刀流の使い手。
五車学園3年生でふうま小太郎の先輩にあたる人物で片目隠しが特徴。
苗字の死々村は肉の塊を意味する「肉叢」が由来と思われる。
ユニットはSRの一種類。

通称「コロ先輩」と呼ばれ、口数は多いタイプなのだが、非常に声が小さく側から見ると「ぶつぶつ」としか聞こえない感じとなっている。そのせいか、彼女を知らない人間からは無口と思われている。
実際ユニットボイスも何を言ってるのかわからないレベルで声が小さく、回想は普段のぶつぶつ声の主音声と聞き取れる副音声の二択が最初に用意された細かい仕様で実質回想4つと大ボリュームな内容となっている。

ストーリーにはチャプター19から登場。学級委員で構成された通称風紀隊のメンバーで親友の穂稀なおや学級委員の相州蛇子、そして臨時隊員としてなおによって連れてこられたふうまと共に殺人事件についての捜査をする事となった。
事件解決後もふうまとの絡みが多く彼をサポートし、彼を守る守護霊天宮紫水には自身の術を応用して身体を貸したりもしている。

以前から頭脳派として似たような波長を持つふうまの事を知っているらしく、彼を一方的にライバル視するなおとは違い、非常に好意的に接してくれており、共に行動する事も多いことから、彼女の回想内では本編をそりつつ、周りに内緒でふうまと恋人同士と言う設定となっている。
頼りになる先輩ではあるが、推理及びミステリー小説が好きな一面からその状況を小説のように例えたりと不思議な言動が多くあの先輩の様に掴みどころのない性格をしている。
本人が言うには面白い事に目がないらしく、それもふうまに興味を持った理由の一つとされている。

そんな彼女でもふうまと蛇子達が長く話すのを見て焼きもちを妬き、その夜に夜這いを仕掛けたりと嫉妬深い一面を見せていた。似た者同士で身体を貸し合う関係の紫水に対しては焼きもちよりも互いにふうまをシェアするような素振りを彼女の回想内で見せていた。
好感度Maxにした際に解放される特殊立ち絵は、股間の部分だけを霊魂で隠した彼女がキリッとした表情で全裸で仁王立ちしているというもので非常にシュール。

同学年の出雲鶴鬼崎きららとは友達で、彼女の先輩で元メンバーだった上月佐那とは今でも交流が続いており、五車の情報屋として頼りにしている。
初期は戦闘でなおが対魔忍スーツを着た一方、彼女は制服のまま戦っていたが、ガチャキャラとして追加されたと同時に機動性を重視した露出の多い(若さくらのスーツに近い)ゴスロリチックな対魔忍スーツ姿を披露した(メインイラスト参照)。



魂遁の術

死体に触れる事で霊魂情報を読み取る能力。
死因はもちろん、強く残った思念も読み取り、死体だけでなく生きあるものの痕跡も知覚可能で分析に適した術となっている。

また、剣術と組み合わせる事でその魂も斬る事が可能となっている。
自分の魂も肉体と切り離す事が可能らしく、奥義では幽体離脱すると同時に魂を周囲に集めてそれを敵にぶつけ、更に高速居合で斬撃を喰らわせている。

情報を読み取る能力は特に「黄泉録り」と表記されているが、これは黄泉と読み、録りと取りを掛けただけでなく黄泉に逝ってしまった者の記録を読み取るというなんとも言い得て妙なネーミングとなっている。
霊的存在の紫水とは相性が良いらしく、宿主ふうまの思考と魂遁の術の応用使って自身を依代とすることで彼女を実体化させることが可能。まるでシャーマンである。
ちなみに丸々身体そのもが置き換わるらしいので回想などで性行為をした場合、コロ先輩側には一切被害はないらしいので紫水が処女を散らしても彼女の処女膜はそのままらしい(その際の回想では自分も紫水と同じくふうまに処女を捧げる気満々だった様子だが)。

シナリオを読めばわかることだが、彼女は探偵ものやミステリーものが好きであるにもかかわらず当該ジャンルの作品に居てはならない死人の声を聴くことが可能なキャラであるという矛盾が面白い。

余談

スキルに逸刀流「死屍累々」という技があり、元ネタは海賊狩りの剣士が使用する居合技と思われる。

関連タグ 

対魔忍RPG ふうま小太郎 天宮紫水
穂稀なお 相州蛇子 上月佐那 鬼崎きらら 出雲鶴 由利翡翠

関連記事

親記事

対魔忍RPG たいまにんあーるぴーじー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「死々村孤路」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4187

コメント