2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

天宮紫水

あまみやしすい

天宮紫水とは、ゲーム「対魔忍アサギ~決戦アリーナ~」及び「対魔忍RPG」の登場人物である。
目次[非表示]

私は消えるまで……
     その時までみんなを守るよ

プロフィール

身長不明
スリーサイズ不明
性別
出身ふうま家
所属対魔忍
属性自然🟡
イラストさのとしひで
CVあかしゆき/古賀葵アクション対魔忍


概要

決戦アリーナ及び対魔忍RPGアクション対魔忍に登場する人物。
天宮家の現当主。

知識欲が強く、学園に蓄えられた資料を読み漁るのを生き甲斐としている変わり者。
その為、世間の常識に疎い一面があるが、唯一無二と言って良い「波遁の術」の使い手で、ふうま一門最強と呼ばれる天才対魔忍。
ふうま小太郎ふうま時子とはいわゆる幼馴染で、ふうまを「わかさま」や「お館くん」と呼んでいる。時子にも可愛がられていたらしい。

なお、決戦アリーナから設定が変わった対魔忍RPGでは、特殊な立ち位置のキャラクターとなっている様子。

決戦アリーナ

3周年記念イベントにて初登場。カードは2種類。

ふうま弾正と井河の抗争の渦中で幼少期を過ごした為か、世俗の争いを嫌って隠遁するようになり、その後の弾正とふうまの争いにおいてもどちらに味方する事もなく、井河アサギの庇護の下で五車学園に通っていたが、彼女を勧誘しに来たふうまと再会する。
会話を交わした後は結婚式場にてアサギ達に拘束されたふうまを助ける形で仲間となる。(なお、五車内では謎の行方不明扱いと処理されている)

今まで本を通してしか世界を見た事がない紫水にとってふうまの組織での経験は全てが新鮮で興味深いらしく、加入後は貪欲に経験を欲しているような場面が多かった。
組織内では特にリリムミナサキと仲が良く、紫水にとってリリムとミナサキは刺激的な事を教えてくれる悪ガキの年長者的存在となっていたらしい。

戦闘面でもふうまの元で数々の戦いで活躍するが、「闇の血脈」にてフェリシアが放った魔獣からふうまを庇って倒れ、触れたものを全て腐らせる“影の刃”の影響でそれが致命傷となってしまった。

その後は駆けつけたアサギ達によって回収され、戦線を離脱する。

致命傷を負った事で既に身体の限界が来ている事を悟っていたが、ふうまの力になりたい一心で「闇の力」を使い、魂だけの存在になりながらもふうま・対魔忍連合とノマドの戦いに参戦。エドウィン・ブラックとの最終決戦では、自身の力を全てふうまに授け、最期まで彼を支える為にその命を燃やす事となった。

決戦アリーナでは真のヒロインとして最期までふうまに貢献した彼女だが、3周年時点で本作はいわゆるサービス末期だった為、回想にてふうまと交わる事が一切無しのままサービスが終了するという別の意味で可哀想な扱いを受けている。
おまけに回想の一つは敵にキン肉バスターを喰らって失神・失禁した挙句、味方の目の前で処女喪失させられるという酷いエピソードとなっていた。

回想はどれもIFなのか正史か不明だが、シナリオ面でのふうまはあくまで彼女を「妹」もしくは「実の娘」の様な大切な家族として見ていることが強調されていた(後の新作では処女だったことから)。
紫水にとってふうまは手のかかる幼馴染という認識であったが、次第に恋愛感情を高めていたが、ふうまは彼女に対して最後まで情愛感情しか抱かなかった様子で、普段は外道な面が目立つふうまも彼女の前では父親のようにあれこれ心配をして世話を焼こうとする姿は新鮮で笑いを誘っていた。
彼女も「お父さん」みたいと口にしていたことから、どちらにせよ叶わぬ恋とされ、肉体関係には進展しなかったと推察されている。
ちなみに実装2枚目では「本ではデート2回目までセックスはしてはダメだと書いてあった」とフラグはあったのでサービスが続いていれば、3枚目にて交わる可能性があったかもしれない。

対魔忍RPG

ユニットは五車祭限定SR・バレンタイン限定SR・バニー限定SRの3種類。
チャプター16にて登場。
その存在は図書室へ通うふうまには「図書子さん」として認知され、彼女を見ると懐かしい気持ちを抱くが、決戦アリーナと違いそれ以外の関わりが一切無い謎の人物。
今までのストーリーが全て閲覧可能の図書館ではナビゲーターを担当。

前作では幼馴染のふうまの為にその命を散らした彼女だが、何故、RPGでは彼との関係が全て無かった事になっているのか未だ謎に包まれ、天宮家の立場も謎となっていた。
ふうまの関係者であれば、少なからず交流があってもおかしくなかったのだが、その正体はチャプター23にて明かされる。
なんとその正体は決戦アリーナにてふうまと一体化し消滅した世界線の天宮紫水本人と発覚
ふうまと会話した際に最初に発した言葉も「お館くん」であった。

彼と前世で融合した影響か肉体が無い幽霊のような状態の為、その姿はふうまにしか認識できない、まさに「影」と呼べる存在となっている。
その為、こちらの世界では天宮家そのものが無かった事になり、彼女の設定や立ち位置はこの世界の住民引き継がれたのかと思われる。
前世の記憶を持つ紫水は存在する理由にふうまを守る為と語っていたが、果たしてその意味とは…。

図書室を徘徊している理由は一番思入れ深い場所であるからと本人の口から推察され、霊体としての行動範囲は図書室内。
実体はないものの、対魔忍としての実力は健在で他者から肉体を借りる事で本来の力をフルで活用する事が可能。ストーリー内ではふうまと共に行動していた死々村孤路の身体を合意の上で借りている。
ただ、実体化する際の能力や衣装はふうまに左右されるらしく、普段の彼女では考えられない姿になる場合もある(その際に彼女は「お館くんのえっち」などと呆れていた)。
ちなみに彼女が操るガーディアンにも影響があるらしく、バレンタインイベントでは見た目がチョコレートになっている。
どうやら味もチョコみたいな味がするとか。

本格参戦時は中々の存在感を見せていたが、設定の関係でふうまが彼女に外の世界を見せると誓ったものの、図書室という縛りからチャプター23以降はメインやイベントでの出番がなく、名前が出る程度の扱いとやや不遇気味だった。
最初の回想も囚われたふうまを救うために犯人の要求を飲み、自らヨミハラ娼館で奴隷娼婦に改造調教する姿を自撮りする処女を散らしたりと悲惨な内容でふうまへの想いにすがりつつも最終的には壊れてしまったことが後に語られたりと相変わらず酷い目に遭っている。
説明した通り、霊体の筈の紫水が実体を持ち自由に動けたりと本編と食い違いが激いことや性格も本編と異なるキャラ付けとなっていた。
それが理由か不明だが、以降実装されたユニットボイスは本編に寄せてか幼めの演技に変わっている。

後にチャプター32にて力を少し取り戻したことから身体を借りるなど条件次第でふうまの近くなら出現可能かつ彼以外にも認識可能と行動範囲が広がり、次の実装2体目となるバレンタインvarの頃には前回と違って設定は実装時期のシナリオに沿ったものでSDキャラも死亡演出もコロ先輩に戻る凝った演出となっている(前回のSDキャラは紫水が倒れるのみ)。また、行動範囲が広がったのでヒロインとしての見せ場も大幅に増える形となった。

そして気になる回想は念願のふうまに処女を捧げる内容で前作から約3年以上経っての悲願達成となり、紫水自身もそれに対して終始感動する姿を見せている。
それに満足した古参の中には初期値5から始まるLUCKを最大値100になるまで回した人も存在し、満足度の高さが窺える内容となった。
ちなみに肉体そのものが紫水に置き換わるらしいので宿り主の身体に影響はないらしく、彼女が処女を散らしたとしても宿主の処女膜に影響なくそのまま。ただし妊娠は宿主がしっかりする様子。

イベント「バニーの亡霊」では、ふうまとのデート時に騒動に巻き込まれ、同じ境遇と感じたバニーKを救う活躍を見せている。こちらではガチャに合わせてバニー姿に変化していた。

センシティブな作品



ちなみにコロ先輩とは似たもの同士で波長が合うらしくシナリオ内でも仲は良好。ライバルというより互いにふうまをシェアするような素振りをバレンタインやバニー回想内で見せていた。実体を手に入れたら2人ともふうまに一緒に愛してもらうとも約束している。

アクション対魔忍

まさかのサポートユニットとして参戦。
入手するには売却や10連ガチャの際に貯まるポイントを合計15000個集めなければならないため、非常に入手が困難となっている。
回想では前作ネタを盛り込んだ内容でふうまの誕生日に書物を買おうとリリムの紹介でバニー姿でのバイトをしようとしたが、その姿を見せられたふうまに却下されている。
こちらでは図書子と言う設定は引き継がれ、既にリリムやふうまとは知り合っている設定となっており、ふうまとは七瀬舞のように読書仲間同士で時間を忘れる程に熱い討論をする仲だが、「お館くん」呼びではなく彼を「ふうま」と呼んでいる。
ちなみにこちらの立ち絵は対魔忍RPGへ流用された。

波遁の術

自然に存在する「波動のエネルギー」を自らの力に変える術。
紫水はそのエネルギーを具現化し、「ガーディアン」の形にして自在に操る事ができる。
波動のエネルギーは殆どの物質内を伝導するので、離れた敵に攻撃する事も可能。
また肉体の再生能力に変えて急速に傷を癒やす事もできる。
自然界に溢れる力を利用しているためほぼ無尽蔵とも言える能力だが、それを操る紫水自身が疲弊したり、自然の力が弱い市街地などでは当然、力が弱まってしまう欠点がある。

また紫水はふうまの力になる為に自然にある闇の力も得ようと密かに訓練していた。この力は危険で下手すると術者が喰われかねない代物となっている。
陽の気は光そのものや川や山、草木といった自然そのものから取り入れるものらしく、陰の気は動物や人間の思念、魂の残留物(幽霊)から取り入れるもの(最終決戦で駆けつけたのはおそらくこの力のおかげと思われる)。
大勢の人間が密集している場所で強い感情を持つ者が多く集まればそれだけ多くの陰の気が取り込めるが、陰の気は取り入れてから自浄しなければ術のエネルギーとして使用できない仕組みとなっている。
浄化の仕組みについてはふうまにも明かしておらず、決戦アリーナの回想ではその影響で触手に襲われている。
その影響か謎だが回想内にてふうまと繋がれると昂った結果、紫水の身体に淫紋が浮かび上がっている。

RPGでは霊体のままではガーディアンを発動できないので誰かの肉体に憑依する必要があると語っていた。
憑依した相手の能力も反映されるので、コロ先輩の逸刀流剣術と波遁の術が融合した新たな戦闘スタイルを編み出している。

もちろん元ネタはジョジョの奇妙な冒険に登場する波紋法スタンド
掛け声は「ウラウラァ!」
シナリオ担当のそのだまさき先生曰くガーディアンがハラショーみたいな形をしていたからこのような掛け声にしたとのこと。
ハラショー(хорошо)はロシア語で「素晴らしい」という意味であるが、「ウラァ!」はキリル文字で「ура!」と表記する。
ちなみにチョコになった際の掛け声は「チョコォォォォ!!」となっている。

余談

・主人公思いの性格や本の虫という共通点、前作での活躍からテックジャイアン編集部のゴブリンX先生からは時子も真っ青の真ヒロインと評されている。ちなみにチャプター23では蛇子と同じくCGが用意されていた。
また、プロデューサーも彼女をかなり気に入っているらしく、自身が大ファンのジョジョの設定をふんだんに盛り込んだり、Twitterで設定画を公開している。
・対魔忍RPGでは似たような術を使う獅子神自斎がおり、髪の色も似ている。

関連タグ

決戦アリーナ 対魔忍RPG アクション対魔忍
ふうま小太郎 ふうま時子 フェリシア(対魔忍)
リリム(対魔忍) ミナサキ
井河アサギ 死々村孤路

関連記事

親記事

決戦アリーナ けっせんありーな

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「天宮紫水」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173439

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました