ピクシブ百科事典

秋山凜子

あきやまりんこ

秋山凜子とは、『対魔忍ユキカゼ』シリーズ及び『対魔忍アサギ』シリーズに登場するメインキャラの一人である。また、DMM.comのR-18版オンラインゲーム『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』及び『対魔忍RPG』にも登場している。
目次[非表示]

プロフィール

身長172cm
スリーサイズ87(Gカップ)W60H90
性別
出身秋山家
所属対魔忍
属性超人
イラスト葵渚
CV佐藤遼佳(対魔忍ユキカゼ、決戦アリーナ )、北板利亜(決戦アリーナ 、対魔忍RPG)、里美花(アクション対魔忍)
実写さとう遥希


※ 2014年8月に担当声優が交代

概要

対魔忍ユキカゼ』の「1」及び「2」のメインヒロインの1人である女性対魔忍で、小柄でスレンダーな相棒のゆきかぜとは逆にかなりの長身でグラマラスな体型であり、青と紫を基調とした装束を着込む。
剣術に秀でており、日本刀石切兼光」を武器として戦う。鋼鉄をも両断するその姿から鬼も斬り裂く『斬鬼の対魔忍』の異名で呼ばれ、エリート対魔忍として学園ではファンクラブができるほどの有名人でもある。

…と、これだけ読めばいかにも非の打ちどころのない完璧な美少女のように思えるが、実際はかなりのポンコツ脳筋

「1」では、凜子にとっては後輩であり妹のような存在でもある水城ゆきかぜと組んで、彼女の母親である水城不知火の救出も兼ねた潜入任務に志願するが、協力者であるはずの奴隷商人ゾクトや、潜入先の娼館「アンダーエデン」の主であるリーアルらの罠にはまって窮地に陥ってしまう。そして、そこで(対魔忍シリーズの宿命というべきか)ゆきかぜと共にハードな陵辱調教を受けることになり、ルートによっては奴隷娼婦に堕ちていってしまう……。
そもそも、「あの実力者・不知火を敗北せしめた連中の元へわざわざ自分から潜入しに行く」という無謀極まりない作戦内容からして、ゆきかぜに比肩するかそれ以上の『おバカヒロイン』であることは既にお気づきの通りである。そのゆきかぜも最近では他のゲーム作品にてフォローされたりしているのだが、凜子に関してはシチュの関係で知能が低下する一方で「本職AV女優」だの「シリーズ屈指の無能対魔忍」と呼ばれたりもしている…

一応「1」~「2」の正規ルートでは調教されることなくゆきかぜや達郎と共に無事に任務を遂行している。
ちなみに弟の達郎はまだ多少未熟とはいえ対魔忍として(というか人として)賢い部分がよく目立つのだが、肝心の凜子自身やたらと独断専行癖がどの作品でも目立ち、結果それが悪手となるパターンが多い。この弟にしてこの姉とは一体どうしたことだろうか………まぁ達郎もバッドエンドではそのショックで任務も修行もほっぽりだして部屋に引きこもり(2では救援に来なかったゆきかぜ・凜子のどちらかに心配されている)、彼女達の動画でひたすら自家発電に専念するので姉弟揃って似たもの同士かもしれない。

ちなみに、実弟である秋山達郎に強烈なまでのブラザーコンプレックスを抱いているため、続編の「2」も含めたアダルトシーン(ただしバッドエンド)には近親相姦ネタが度々登場している(というか、少しでもそういうシーンが出る場合は全てバッドエンドとなっている)。
どれくらいアレかというと任務前に貞操の危機を考えて実の弟に処女を捧げてから出発しようとするレベル(一応どれも幻覚や未遂に終わっている)。
数あるアダルトシーンにおいて、本音を吐かせられるシーンでは決まって達郎の名を出しては彼だけを自身にとっての男と認識し続け、脳裏に焼き付く彼にすがるようなある種の自己暗示をかける場面すらある。達郎似の客に犯されるシチュエーションも存在する。
どんなに体も脳も従順になっていったとて、根底にある達郎を想う感情だけは覆らなかったといえば、どれほどその感情が異常かつ強靭か分かるだろう。達郎を助ける為に自力で洗脳を克服し立ち向かう場面すら存在する。

執着を通り越したその『激情』ゆえ、もしかするといつかゆきかぜから達郎を奪う逆NTRが見れる機会があるかもしれない。
ちなみに弟を惑わす静流に対しては危険な女として敵意を剥き出しにしている。
一方、ゆきかぜに対しては妹のように可愛がっており、弟との仲も認めている。

なぜ達郎に対してここまで異常とも言える愛情を注いでいるのかは語られていないが、小学時代に母親が失踪、父親が殉職してからは家事から何までこなしおり、唯一の肉親である達郎のことを一番大事にしている。そういった生活の中で、いけないと知りつつも彼に対して底知れない愛情に目覚めたのだと考えられる。
その為、異性に関しては全く興味を示さないので、本人はそっちの気があるのではと噂されているが、至ってノーマルで同性愛に関しても全く興味が無いどころかどういったものなのかもわかっていない。

能力

空遁の術

約1キロの範囲で、別の空間を見通しそこへ跳躍することができる空遁の術の使い手であり、凜子はこの術を応用し千里眼として使用したり、瞬間移動術として戦闘に活かしている。

  • 五感跳躍の法
五感だけを遠くへ跳躍させ、壁の向こうや遥か先の風景を見聞きし感じ取り、知覚することができる。

  • 空間跳躍の法
自分やその周囲の人物・物体を、空間を跳躍させることで通り抜け、瞬時に移動させることができる。
地球圏外の隕石も自分の近くに跳躍させる事が可能でその広範囲を考えると非常に強力な術である事がわかる。しかしこちらは術者に負担が大きいため、一時的に激しい疲労を伴うことから連発は不可能。
『アクション対魔忍』ではこれを応用した「流星群」という奥義を使えるが、なぜか降ってくるのはドラム缶である。さすがに隕石を持ってくるのはヤバいので自重したのだろうか…。


逸刀流

対魔忍の里で代々伝えられる剣術流派の一つで、凜子はこれを極めており免許皆伝の腕前を持ち、特に抜刀術(居合)を得意としている様子。彼女は更にこれに空遁の術を組み合わせて独自のものにしている。

  • 胡蝶乱舞
刀の刀身のみを空遁の術で空間跳躍させ、360°全方位を瞬時に斬り刻む対集団戦用の大技。
RPGでは逆に単体の敵に集中攻撃を行う技になっており、重い斬撃のラッシュで相手を切り刻む。

決戦アリーナ

DMM.comのR-18版オンラインゲーム『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』において、2016年4月現在、凜子のカードはゆきかぜよりも多くカード化されており、「【斬鬼の対魔忍】秋山 凜子」というカードは「ユキカゼ1」での姿の描き下ろしで描かれていて、「ユキカゼ2」での姿とは腕のアーマーの形状差異で異なっている。
なお、その後の決戦アリーナでの復刻版イベント(2015年1/8~1/18に限定開催)としてシナリオがリメイクされた「裏切りの雷撃~全ての旗に反逆せしもの~」での出演や「対魔忍ユキカゼ2」のパッケージ版に付属するシリアルコードを専用バナーから入力することで手に入る限定カードである『【対魔忍ユキカゼ2】ゆきかぜ&凜子』が、その「2」でのものであり、このイベント以降の凜子やゆきかぜの作画は「2」のキャラデザで描かれている。

ちなみに、「ユキカゼ2」リリース後の決戦アリーナにおける凛子の回想は「2」における淫魔の手に堕ちたであろう陵辱ものが主だったが、決戦アリーナの主人公であるふうまのお館様に陵辱・調教されることもある。中には実の弟の達郎がお館様に凜子を寝取られ(?)るアダルトシーンもある。(その時の達郎は、本編のアレは何だったのかというほど男としてかなり軽蔑に値する情けないダメ男振りであった)
それ抜きでもアホ化が深刻化しており、魔族のアジトと勘違いして潜入捜査したがそこはAV撮影現場で達郎と共に上手く逃げられなかったので咄嗟の判断から「女優志望だ」と発言し、そのままAV撮影に参加するという醜態を晒してそのままAVデビューした。
ちなみにそれ以降AVネタが結構増え、彼女自身も非常にノリノリであった。
魔族化した際は隠していた感情が爆発し、幼馴染の対魔忍を襲っていたが、テキスト内容的に実は達郎ではないのかと言われている(魔族化してタガが外れたとはいえ、引っかかったのだろうか)。

そして2016年3月末から4月初旬にかけて、対魔忍シリーズファンや決戦アリーナプレイユーザーに衝撃が走る。

2014年8月のイベントで登場した報酬カードの「【斬鬼来援】秋山 凜子」以来実に一年半ぶりとなるイベント報酬カードである「【斬鬼の新学期】秋山 凜子」。
このカードから、今までゲーム本編からアニメ、決戦アリーナに至るまで一貫して凜子の声優を務めてきた佐藤遼佳氏から、何故か北板利亜氏へと声優が変更されている

LILITHにおいて対魔忍シリーズ等を手掛ける某プロデューサーによると、「大人の事情により今後は北板利亜氏が凜子役を担当する」とのこと。
恐らくは佐藤遼佳氏の結婚&出産が原因とされるが、佐藤遼佳氏が声を当てた凜子が好きだったファン達にとっては、複雑な心境にならざるをえなかった出来事と言えよう。

対魔忍RPG

サービス開始当初から参戦しており、こちらでもSRの数が多い。
対魔忍勢力メインのストーリーなので主役になったりと見せ場はあるものの、ゆきかぜに比べて本編内では若干空気気味。
回想でも部隊へ入隊するにはアナルセックスを経験するのが必要という嘘を信じていたりとゆきかぜや静流に比べてアリーナ時代以上にアホ化が進行している。あまりの無知さからふうまからは性知識は中学レベルで止まっていると呆れられていた。また逸刀流での問題は自分で解決したいという考えから、こちらでもアサギに内緒で単独行動に走ったりもしている(原作なら間違いなくアウトだったであろう)。
ちなみにその後の初アナルセックスで気絶してる間、知らない内にふうまに処女を奪われてしまった。


白兵戦能力に関しては五車の生徒最強と見做されており、魔力・邪眼・魔人化を自粛した心願寺紅と対等かやや劣る程度の実力(凜子の必殺の一撃は紅に見切られて正面から完全に防がれていた+紅の攻撃は小太刀こそガードされたものの普段なら伴っている真空の刃と衝撃波で凜子は確実に膾切り+しかし紅も凜子の攻撃の重さは評価しておりこの条件で本気で勝とうと思うと手加減をする程の余裕は無いと自覚)と劇中描写されている。

メインではチャプター5で登場、ふうまや鹿之助よりも前に異世界に飛ばされ、異世界の五車学園で転校生として振舞っていた。追われていたふうまを自分の弟という設定で助けている。
ちなみに若さくら達には最初から異世界へ来たことがバレバレだったらしく、今までこちら側の幼い凛子がいる秋山家で暮らしていた。
ブレインフレーヤーを倒した後は無事に元の世界へ戻っている。

チャプター18では今まで扱いが嘘のような斬鬼の対魔忍の名に恥じない活躍をしており、先輩対魔忍で現在はアミダハラ監獄の看守長をしている鉄華院カヲルと対決する。
ふうまの指示もあって、カヲルの鎖の弱点を見抜き、一瞬の隙から瞬間移動を使い、捕らえた囚人全員の救出に成功している。
チャプター22では主役として抜擢され、逸刀流を破門されたかつての兄弟子村雲源之助との因縁にケリをつけるため、独断でアミダハラへ向かった。

アリーナと同じくイチャラブがそこそこあるRPGでも相変わらず凌辱が多く、上記のように騙されたり、娼婦として潜入した先で男に犯されたりや潜入捜査の最中に催眠スプレーで気絶してる間、子供達にハメられたりと結構悲惨な目に遭うことが多く、達郎似の男と出会った流れで股を開いてしまうシーンも実は…なオチとなっていた。
……一応、対魔忍ユキカゼのシナリオライターであるそのだまさき氏はこのイメージを挽回するため頑張っていることをブログにて語っている
下記のアクション対魔忍の回想ではその扱いについて自虐したような愚痴をこぼしていた。


その一方で、非公式ではあるが2019年にwikiにおいて実施されたキャラクター人気投票では、503票を得て全キャラ中第6位と高い人気を誇っている。

アクション対魔忍

2020年1月22日に、追加キャラの第1弾として参戦。
仲間に迎え入れるには、対魔石1000と引き換えるか、5500円の追加パックを別途購入する必要がある。
本作での担当声優は里美花

剣を使って戦うキャラだが、使用する武器は居合刀でアサギやさくらとは異なる。
モーションもやや異なり、近接戦闘だけでなく、空遁弾による遠距離攻撃も可能である等、アサギやさくらとは一味違ったキャラクターになっている模様。
アクションゲームである事のおかげか、伝わりづらかった居合の戦闘スタイルが非常にわかりやすくなっている。

名前誤表記被害者

実は凜子、本編での凌辱被害とは別の意味で、誤解という名の被害を受けていることがある。
それは、下の名前を「凛子」と間違って打たれることが多いことである。(pixivでも「秋山凛子」表記のタグが多い)
正しくは「凜子」という表記である。

余りに似通った漢字であるためか、ファンはおろか、生みの親であるはずのLILITH公式開発スタッフや関係者も含めて下の名前を間違って「凛子」と誤表記してしまうことがあるという。
スタッフェ……。orz

大事なことなのでもう一度言う。彼女の下の名前は、正しくは「凜子」という表記である。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

対魔忍ユキカゼ 対魔忍アサギ 決戦アリーナ 対魔忍RPG アクション対魔忍
水城ゆきかぜ 水城不知火 高坂静流 秋山達郎
井河アサギ 井河さくら 八津紫
ふうま小太郎ふうまのお館様
対魔忍 対魔忍スーツぴっちりスーツ) 巨乳 下乳 ナイスバディ
ブラコン 天然 天然ボケ 無知 ポンコツ
無知シチュ NTR 近親相姦 達磨 トランク

関連記事

親記事

対魔忍ユキカゼ たいまにんゆきかぜ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「秋山凜子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15619906

コメント