ピクシブ百科事典

ロベルタ

ろべるた

『ブラックラグーン』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「サンタマリアの名に誓い、すべての不義に鉄槌を」
CV:富沢美智恵

解説

単行本第1巻にて初登場。
中南米の資産家であるラブレス家に仕えるメイドで、ラブレス家で直接奉仕している唯一の人物。同時に農園などで仕事をする他のメイドや使用人たちを束ねるメイド長でもある。しかし、掃除も料理も苦手で何事も大雑把なため、普段は当主であるディエゴ・ホセ・サン・フェルナンド・ラブレスの一人息子ガルシアの世話役を務めている。

 その正体は、キューバで暗殺訓練を受けたFARCのゲリラで、フローレンシアの猟犬という異名を持つ国際指名手配犯ロザリタ・チスネロス
 ゲリラ時代は純粋に革命運動のために命を燃やし戦っていたのだが、組織がカルテルと手を組んで麻薬売買に手を染めていったことに疑問を持ち、組織を脱走。追手から逃げていたところを父の知人であったディエゴに匿ってもらい、以後はその恩に報いるべくメイドとして住み込みはじめる。メイドとしての日々を過ごすうちに人としての心を取り戻し、ゲリラとしての顔も封印していた。

 しかし、ガルシアがラブレス家とカルテルとの諍いに巻き込まれて拉致された際に、ガルシアを救出すべく単身でロアナプラへ向かい、その壮絶な戦闘力を以ってロアナプラを恐怖のどん底へと叩き落とし、ロックからは「未来から来た殺人ロボット」と言われる。
 事件はどうにか平穏に終着したものの、これ以降ロアナプラで『メイド』は禁句となった。

 そしてシリーズにおいて、現在最大の巨編である『ロベルタ編』にて再登場。
 アメリカの特殊部隊によって、政治的な関係から暗殺された当主の仇を討つべく、ラブレス家を去って復讐の道を歩み出す。

性格

 普段は冷静で貞淑としており、感情はあまり表に出さない。
 ディエゴとガルシアへの忠愛は深く、特にこの二人といるときには穏やかな表情を浮かべることが多い。本質的には心優しく穏やかな女性のようである。
 しかし、生真面目で融通の利かず、一度思い込むと突っ走るような部分があり、それゆえに自分を追い込み、最終的には己の精神的な弱さすら踏み台にして暴走を始める危険性を秘めている。

戦闘力

 おそらく個人としては、シリーズで間違いなく五指に入る戦闘力を誇る。
 一個小隊級の火力と兵装をやすやすと扱い、肉弾戦においても訓練された特殊工作員を圧倒するほどの腕前を持つ。

 また家事一般などは不器用だが、こと武器の仕込みと調達には定評があり、初登場ではSPAS12を日傘に仕込んだり、小型対装甲砲とマシンガンスーツケースに仕込んだり、挙句はスカートの中に多量の手榴弾を仕込んで一礼すると全弾起爆するようにしたりと非常に器用かつ奇抜な戦術を用いる。
 また『ロベルタ編』でも、対物ライフルとグレネードシューターを合わせた無茶な装備、拳銃機構を仕込んだベルトのバックル(なんと同じデザインで実在)、そして最終決戦では先込め式のマスケット銃において、火薬を押し固めるために使う棒を火薬を押し固めた後にそのまま弾丸として撃つという奇想天外な戦い方を用いた。
 なお、ファビオラの武器を見立てたのも彼女である。

 余談ではあるが、アッチの意味での戦闘力も高m(以下の文章は鉄槌が下されました

兵装


関連タグ

ブラックラグーン メイド

※似ていることからネタとして
秋月律子

pixivに投稿された作品 pixivで「ロベルタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1404405

コメント