ピクシブ百科事典

岡島緑郎

おかじまろくろう

広江礼威・著の漫画及びそれを原作としたアニメ「BLACK LAGOON」の主人公。
目次[非表示]

「解ったか? 銃だけじゃ解決できない事もあるんだ……!」

タグとしては「ロック」の方が多い。

CV:浪川大輔

人物

昭和49年8月(アニメ版では昭和45年8月21日)東京生まれ。
父や兄弟は中央省庁の官僚を勤めるエリート一家の末子。
一年の浪人を経て国立大学に入学、卒業後は一流企業・旭日重工資材部東南アジア課に勤めてが、海外出張の際にホテル・モスクワの依頼を受けたラグーン商会により誘拐され、その後人質となる。
機密保持を優先した会社に「死んでくれ」と見捨てられたことから、岡島緑郎の名を捨て、「ロック」として悪党の街・ロアナプラで暮らすことを決意、ラグーン商会で水夫生活を送ることになる。

持ち前の学力に併せて、海外との取引が多かったため英語に堪能。
日本ヤクザと取引するために来日したバラライカ通訳を勤めるほどに流暢な英語を使いこなす。多少ながらフランス語も体得している。
商工マン時代に得た豊富な知識量からラグーン商会の参謀として、国際情勢に鑑みた作戦立案をすることも。しかし裏の道に関する知識経験は心許なく、肝心な部分で危機を招いたりしている。
交渉事にも長けており、無断で麻薬の取引をしている組織を牽制する等、ここ一番で度胸を見せることから、バラライカには「良い悪党になれる」と太鼓判を押されている。

性格

裏社会で生きていくには、あまりにも甘い。
他の面々に比べ、ロアナプラに入って日も浅く、一般常識の枠から抜け出せていない部分も見られる。また普段は情に脆く、それゆえ判断が鈍ることも多い。
『日本編(Fujiyama Gangsta Paradais)』に登場した鷲峰組の代頭・坂東にはネギ背負って、ついでにガスコンロも背負ってきたような兄ちゃん」と呆れられていた。
しかし、前述したように土壇場での肝の据わりっぷりには定評があり、確率の低い賭けだろうと突破口になるのなら迷わず突き進む、天性の大胆さを持つ。『ロベルタ編』ではそこへ更に磨きが掛かり、作中の誰よりも腹黒く悪党らしい一面をのぞかせることになる。
策士とかギャンブラーってレベルじゃねぇぞ、この黒さっ?!
しかも現状では自覚症状が無い。ロック、恐ろしい子……!!

ロック


因みに作中では数少ない、「銃を持たない主義」を貫く人物。

余談だが、かなりの蟒蛇でもある。

服装

サラリーマン時代の名残なのか、海賊でありながらホワイトカラーと呼ばれるカッターシャツネクタイスラックス姿で通しており、劇中においてもラフな姿は見せていない(レヴィアロハシャツを贈られたが、趣味に合わないらしく一度も着ていない)。ロアナプラでも「ネクタイを締めた海賊」と認知されている。

関連タグ

BLACK LAGOON / ブラックラグーン / ブラック・ラグーン
ラグーン商会
レヴィ ダッチ ベニー
バラライカ

カップリングタグ

ロクレヴィ

pixivに投稿された作品 pixivで「岡島緑郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28872

コメント