ピクシブ百科事典

鋼鉄の魔女アンネローゼ

こうてつのまじょあんねろーぜ

鋼鉄の魔女アンネローゼとは、アダルトゲームメーカー「LiLiTH」の人気作である対魔忍シリーズの流れを汲む作品である。
目次[非表示]

概要・特徴

LiLiTHの中では、堅実な作りをした作品のひとつである。
同ブランドの功労者と表現しても差し支えない原画家「カガミ」の新作であり、
対魔忍シリーズと世界観を共有しつつ更に昇華しているので、最も安定した設定作りとみなされる。
対魔忍ユキカゼと同様、少なからず問題を抱えているため、続編の製作は2012年の段階で未定である。
問題点とその説明を後述する。

1.不自然な画面比率

本作は、CGを従来の横長CG(横800×縦600)と縦長CG(横600×縦768)の2パターン表示である。
昨今のワイド化の流れに乗った……と見せかけただけで、見づらい事この上ない。
CGの周りを黒枠で囲む仕様なので一枚絵が小さく感じる(黒色が収縮色であるため)
本仕様を考えた人は何らかのメリットを見出していたのだろう。

2.シーン数が和姦陵辱=7:12

あくまで「陵辱」ブランドの作品である。
物語の性質上、ヒロインが即座に敗北し、ボロ雑巾のように扱われる展開には出来ない。
その事実を踏まえた上でも許されるのは序盤の逆レイプフェラ)程度であり、
主人公が優しく口説いて全ヒロインと交わるのは広告(看板)通りであろうか。

陵辱モノの入門作を目指す、新規開拓etc
様々な思惑があったと思われるが、ブランドイメージをダウンさせる方策は間違いなく失敗である。

3.主人公の活躍

別段、主人公(男性)が活躍するのは悪いことではない。
その方法が問題であって、LiLiTHのお家芸である「覚醒からのフルボッコ」の流れには辟易。
ライターの力不足、もしくは低価格ゆえの事情があると推測される。
消費者側として、諸問題を乗り越えてこそがプロではないか。そう問い正したい気持ちはある。

本作ならではの評価点

人の好みが出る部分ではあるが、CGの塗りが落ち着いている。
本作以後はテカリが強まり、頬の(ピンク)斜線が雑に感じるというレビューが散見される。
恐らく前者は堕ちる人妻(2011年販売)を指し、後者は画面のワイド化による弊害であろう。

期待

画集でアフターストーリーが描かれたが、完全な新作はまだ無い。
対魔忍シリーズでは完全版が販売される事が多々あるので、
「画集の内容とIZMのアニメ追加、画面の正常化」が成された完全版の発売を切に願う。

DMMゲームへの進出

完全な新作、というわけではないが、別方面への進出を2014年9月12日に果たししている。
そう、『対魔忍アサギ~決戦アリーナ~』の参戦である。
ネタバレを避けるために詳しくは記述できないが、あるイベントにてアンネローゼ・ヴァジュラミチコ・フルーレティ井河アサギとの共演を果たしている。
なお、2014年10月現在、まだイベントクエストへのゲスト出演のみであり、本格的な参戦はまだ未定である。
ただ、『決戦アリーナ』に出演出来たということは、いずれにしろイベントクエストでイベント限定カードとしてゲット、使用できる日が来るであろう。

関連イラスト

SDアンネローゼを描いてみた
メイフォンとアイシュをSDで描いてみた
ミキちゃんとミチコをSDで描いてみた

アンネローゼを描いてみた
鋼鉄の魔女アンネローゼ
陸郎妄想


関連タグ

アンネローゼ・ヴァジュラ 橘陸朗 ミチコ・フルーレティ
李美鳳 アイシュワリヤ・レイ 音無美樹
和姦 陵辱 レイプ 逆レイプ フェラ
巨乳 美女 魔女 暴虐

pixivに投稿された作品 pixivで「鋼鉄の魔女アンネローゼ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 372107

コメント