ピクシブ百科事典

雨野雲雀

あめのひばり

雨野雲雀は、『週刊少年ジャンプ』で連載中の「ゆらぎ荘の幽奈さん」の登場人物。
目次[非表示]

概要

雨野狭霧のいとこ。狭霧と同じ霊能忍者集団・誅魔忍軍所属の少女。 第32話から登場。

誅魔の里でしのび祭りに参加している時、チンピラにナンパされているところを屋台のバイトに来ていた冬空コガラシに助けられ、彼に(狭霧に対するコンプレックスから/後述)彼氏のふりをしてくれるように頼むがそのコンプレックスを真っ向から受け止めてくれた事から、最終的に本気で惚れる。
その後コガラシが狭霧と同じゆらぎ荘で暮らしていることを知り、第38話でゆらぎ荘に移り住み、コガラシと同じクラスに転校してくる。
貧乳なことを気にしている(ただし第76話の身体測定で身長154㎝、胸囲80㎝と発表され、Cカップなのでそんなに気にするほどではない…、はずなのだが狭霧をはじめとする『三人の恋仇』が悉く胸囲90㎝台のFカップなので否応無しに気にしてしまうようだ。何とも世知辛い世の中である…。)。

ちなみに戦闘力は誅魔忍としての訓練を積んだため一般人より上だが、他のゆらぎ荘の面々が強すぎるため、住人の中では下の方。
とは言え、(狭霧のそれより耐久力が少なく、見た目も逆ビキニアーマー同然とは言え)まかりなりにも「霊装結界」が使える事や対マトラ戦でパワーボムを喰らって霊装結界を全損した際の白煙に紛れて「分身の術(残像分身ではなく所謂『影分身』)」を発動させてやり過ごすなど戦闘に関する目端は利く方である。

狭霧へのコンプレックス

コガラシとの初顔合わせの際に「彼氏のふりをしてくれるように」頼んだのは「全てにおいて自分に優る狭霧に何か一つでも良いから勝ちたい」と言う見方によってはさもしい動機(本人も自覚は大いにあり)なのだが別に狭霧の事を嫌ったり憎んだりしているわけではなく、狭霧との仲は割と良好だったりする。
誅魔忍としてのスキル(霊力・体術など、狭霧は誅魔忍の中では同年代のエースと言って良いレベルである)やプロポーション(狭霧は高校一年生時点でバスト90㎝台のFカップと言う傑物なので仕方ないとも言える)では間違いなく劣っているが「全てにおいて自分は狭霧に劣っている」と言うのも実際には雲雀自身の思い込みであり、少なくとも対人折衝スキルと料理スキルについては狭霧より優っている(対人折衝能力に関しては周囲に壁を作りがちな狭霧とは違って雲雀は明るく社交的であり、料理にしてもちとせの指示を忠実に実行出来るだけのスキルを持ち合わせている)。

関連項目

ゆらぎ荘の幽奈さん 忍者 くノ一

水城ゆきかぜ…なんか似ている。

アイビス・ダグラス…本来は平均的なプロポーションでありながら周囲に巨乳キャラが多過ぎるせいで風評被害的に貧乳扱いされがちなキャラつながり。

pixivに投稿された作品 pixivで「雨野雲雀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55723

コメント