ピクシブ百科事典

緋扇かるら

ひおうぎかるら

緋扇かるらとは、『週刊少年ジャンプ』で連載中の「ゆらぎ荘の幽奈さん」の登場人物。
目次[非表示]

概要

大天狗の少女。57話にて初登場。

年齢は不明だが、制服を着ていたため中学あるいは高校生程度と思われる。
一人称は「妾(わらわ)」と古風な口調で話す。マトラからは「おひいさん」と呼ばれている。

巳虎神マトラと側近である雀のような妖怪スズツキと共にゆらぎ荘に突如現れ、襲撃。
コガラシ「父の敵」と言い、使い魔にコガラシこけしに変えさせ、拉致する。ゆらぎ荘の住人の反撃にあうも、マトラと共に容易くいなす。















※以降、更なるネタバレ




















実はコガラシに惚れており、自室は自作のコガラシグッズ一色

そもそもの発端は、本編2年前、霊能力者の御三家八咫鋼が途絶えたとの噂が立ち、残る2つの
天狐宵ノ坂が権力を握ろうと大合戦を行っていた。そこに突如現れ、合戦を終わらせたのがコガラシであった。彼女はその時コガラシに惚れ、ずっと探し続けていた。

父は死んだわけではなく、コガラシが強すぎて戦意喪失しただけ。しかし、負かされた相手に惚れたと部下に言えず、先述の行動を取っていた。

性格

独占欲が強く、嫉妬深い。初対面のコガラシに会うのをためらい初めは静観するつもりだったが、他の女達と仲良くしているのに我慢できず拉致した。

幼少期は両親やその部下にあまり構ってもらえず、遊び相手はマトラだけだった。両親や部下に構ってもらえるよう、失われた術の研究と威厳が出るよう現在の言葉遣いになった。そのため妖怪としての力は絶大だが他者との関わりは不得手で、コガラシを見つけても面と向かって会えず、ストーカーじみた行為を行っていた。

手段を選ばないのはと同じだが、大天狗故戦闘能力はを上回り、先述の性格も相俟ってある意味よりも厄介な存在。

しかし、自身の趣味に後ろめたさを持っていたり、コガラシに会いに行く際も「初対面の妾が突然現れるのはおかしい」と考えるなど、常識的な面も持ち合わせている。また自身の恋愛のため部下や他の妖怪を振り回していたが、勝算が無い時は素直に負けを認め、自分一人に責任があり他の妖怪を攻撃しない様願い出るなど、決して他者への思いやりが無い人物ではない。

騒動終結後はゆらぎ荘襲撃の際に壊れた温泉修理の費用を手配し、ゆらぎ荘へ食材を大量に提供するなど誠意ある対応を見せている。
また、コガラシとの和解後、コガラシとの距離を縮めるべく、コガラシと同じファミレスでバイトを始めた。
表向きは見栄っ張りだが、根は誠実で努力家であるようだ。

能力

大天狗の名に相応しく別次元。六神通(ろくじんつう)という本来などが使う術を復活させた張本人で、現在少なくとも「神足通」、「他心通」、「天眼通」の3つを使用できる。

空間移動はも可能だが、彼女の場合数十人単位で空間移動や拘束並びにその解除・結婚式の来賓服に着替えさせることを一瞬で行える。
58話で幽奈狭霧雲雀夜々の一斉攻撃を一薙ぎで振り払っている。他にもちとせ対策で対運勢操作用の結界を張ることも出来る。

その内の一つ、いわば(さとり)のような能力『他心通(たしんつう)』により、相手が考えていることを読み取ることが出来る。それにより戦闘では相手の攻撃を未然に防ぐ、逆に当てるといったことが可能。ある意味恋愛において最強の能力でもあるが、先述の性格故余り使いこなせていない。

また、コガラシグッズやその他チョコでフィギュアを作れるなどの器用さ、先述のちとせ対策や負けた時の事後対応、失われた術書を解読・復活させるなど、対人能力以外は非常に高い。

ちなみには、こけし挟んでもなお余りある程

余談

初登場から間もないにもかかわらず高い人気を集めているようで、63話ではこけし状態のコガラシを胸に挟んだまま泡風呂に入浴するという何ともあられもない姿とシチュエーションでセンターカラーを飾っている。

父親の名前が我流駄(がるうだ)であり、インド神話の神鳥ガルーダに由来することから、彼女の名前の由来はガルーダの別名、迦楼羅天からと思われる。

関連タグ

ゆらぎ荘の幽奈さん 冬空コガラシ

大天狗 ガルーダ 迦楼羅 神通力
ヤンデレ 巨乳 爆乳
お嬢様 残念な美少女























※以降、物語の核心に関わり得る注意






















気になる方は、「六神通」または「天眼通」で他のサイトを検索してください。それで意味は分かると思います。

pixivに投稿された作品 pixivで「緋扇かるら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6703

コメント