ピクシブ百科事典

荒覇吐呑子

あらはばきのんこ

荒覇吐呑子は、『週刊少年ジャンプ』で連載中の「ゆらぎ荘の幽奈さん」の登場人物。

概要

ゆらぎ荘に住む唯一見た目が成人の女性眼鏡をかけており、ものすごく胸が大きい(これに並ぶのは千紗希の母親ぐらい)。
朗らかで楽天的な性格だが、日本三大妖怪の一人である酒呑童子の末裔(一応、「人間」であり「」ではない)。酒にめっぽう強く、飲めば飲むほど強くなる。普段から服装にだらしなく、下着が見えても気にしない。というか、コガラシが来るまでは裸族だった。暑がりで、夏場は裸同然の格好でうろついている。仲居ちとせを除き、相手をちゃん付けで呼ぶ。
実家は妖怪退治を生業にしていたが、ある日討伐中に重傷を負い、九死に一生を得たのを機に実家と決別。自分に向いた生き方を探した末に、プロの漫画家になる。今の仕事は天職のようで、執筆中酒を一滴も飲まない。
得意分野は恋愛漫画だが、そのアレ系美貌と斜め上な性格もあって男出入りは途轍もなく少なく、リア充のことは(それこそ自身が描いた漫画のキャラクターでさえも)ほとんど「敵視」と言っても過言ではない目を向けている。
コガラシのことは、可愛い弟のように思っていて、仕事が追い込みの時はアシスタントとして、彼を半ば強引に手伝わせている。コガラシのラッキースケベに敵意を向けたのも初日だけ(それにしても『飛び込んで来た際の飛沫でせっかくの酒を台無しにされた』と言う点が大きい)であり、ゆらぎ荘では早いうちにコガラシを受け入れている。

戦闘能力は、霊的存在の御三家の一角「宵乃坂(よいのざか)」出身で且つ先述のように妖怪退治の経験もあることから、作中屈指の実力者。本気を出すと調理台を一刀両断するの刀を素手で掴んでも平気、更にはを五合ほど飲むと、/かるらマトラさえ瞬殺出来るほど。但し戦闘力は酒量に依存しており、足りない場合はマトラに圧倒されていた。

16話では龍雅玄士郎にさらわれた幽奈、および彼女を助けに行ったコガラシと雨野狭霧を迎えに車で駆け付けた。でもそれって飲酒運転になってないか・・・。

ちなみに、53話では雲雀うららの会話の中で彼女の実家の本来の姓は「宵ノ坂」である事がさらりと触れられており、「荒覇吐呑子」の名は偽名あるいはペンネームである可能性が示されている。

苗字のモデルは日本神話の神、アラハバキからか。

関連項目

ゆらぎ荘の幽奈さん
怪力 爆乳 漫画家 お姉さん 酔っ払い 眼鏡っ娘
エロ担当

pixivに投稿された作品 pixivで「荒覇吐呑子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74897

コメント