ピクシブ百科事典

あやかしトライアングル

あやかしとらいあんぐる

「あやかしトライアングル」は、矢吹健太朗の漫画。
目次[非表示]


概要

週刊少年ジャンプ』(WJ)2020年28号(6月15日)より連載開始。
作者矢吹健太朗にとっては『ToLOVEる』(2006年2009年)以来11年ぶりとなるWJでの連載作品で、原作者なしの場合は『BLACKCAT』(2000年2004年)以来16年ぶりとなる。

妖怪を引き付ける体質のヒロインと、そんな妖怪から彼女を守ろうとする主人公が織り成す和風伝記系ラブコメ…かと思いきや“主人公が第1話終盤で女体化する”といういわゆるTSFを題材にした作品なのが大きな特徴。
そして、作者が2019年11号のWJで掲載した短編ラブコメ『れお×レオ』を基盤としており、登場人物の造形や幼馴染設定、TSFなど多くの要素が本作に受け継がれている。

TS要素は本編を見るまでわからないサプライズ仕様で披露されており(単行本1巻のカバー&帯でも同様)、そこに続く今流行りの足太い系女子などのインパクトもあって、『ゆらぎ荘ロスが瞬で引っ込んだ』『令和のらんま1/2』『安心と信頼の矢吹神』『次の展開が読めない』『太いね♡』など数多のパワーワードが湧いた。

ここピクシブでも、鬼滅の刃ポケモンに並んでTS百合がピックアップされたなど、その影響は計り知れない。

更には、作者のWJでの前作『ToLOVEる』と世界観が共通(スターシステム)していることが示唆されており(その為、事実上のToLOVEるダークネス続編でもある)、本作では登場人物の一人であるルン・エルシ・ジュエリアがモブとして登場したり、マジカルキョーコ飛び出し坊や看板とコスプレ衣装や結城リトの父執筆の漫画も登場している。

登場人物

※CVは関連動画のボイスコミックでの配役。

主要人物

風巻祭里(かざまき まつり)
CV:峯田大夢(男) / 京花優希(女) / 樺澤綾(幼少期)
本作品の主人公で、16歳の少年
人の世に害をなす妖を退治する「祓忍(はらいにん)」の家業を祖父から引き継いだ。
しかし、シロガネが悪あがきで放った呪術「性醒流転(せいせいるてん)」を受けてしまい、女に変わってしまった

花奏すず(かなで すず)
CV:会沢紗弥
本作品のヒロインで、甘いものには目がない。
一般人ではあるが、幼い頃から妖が見える体質で、周囲から孤立していた時に祭里と出会った。
実は「妖巫女(あやかしみこ)」という妖を引き寄せる体質(祭里曰くイケニエ体質」)の持ち主である。

シロガネ
CV:長門三照(猫状態) / 藤倉光(本性)
見た目はただの猫だるまだが、実際は"妖の王"と呼ばれる長生きかつ強大な力を持つ妖怪。
一話ですずを食おうとした結果妖力の大半を封印されるが、自身も祭里を女にする意趣返しを行い、以降は互いを元に戻す為の睨み合いをする関係に。

北彩高校

鳥羽弥生(とば やよい)、月丘ルーシー(つきおか ルーシー)
CV:遠藤香音(弥生) / 貫井柚佳(ルーシー)
すずの中学時代からの友達。
パッチリとした猫目八重歯茶髪セミロングヘアのハイテンションな女子が弥生、片時もスマホを離さない金髪ウェービーロングミーハー系女子がルーシー。
それぞれ「ヤヨ(弥生)」、「ルー(ルーシー)」と呼ばれており、祭里やすずからは二人合わせて「ヤヨルー」と呼ばれる。

筋森益荒男(すじもり ますらお)
CV:森田凌
傭兵英語教師。40歳。
校則には厳しく、性転換前の癖が抜けず、無意識に男子トイレに入ってしまう祭里に手を焼き、度々叱りつけている。
筋骨粒々の厳つい外見とは裏腹に無類の猫好きで、校舎を徘徊するシロガネがお気に入りだが、よく逃げられている。

校長
北彩高校の校長。恋緒の祖母で、祭里の祖父と親交がある年配の女性。性格も至って温和な人格者であり、『ToLOVEる』シリーズの校長とは全く正反対な人物。

祓忍関係者

風巻清弦(かざまき せいげん)
CV:常盤昌平
祭里の祖父。かつては祓忍として第一線で活躍しており、現役時代は長年小美呼市(おみこし)で妖を退治してきた功績から人脈が広く、祭里が通う北彩高校の校長などをはじめとする地元の有力者と親交が深い。
祭里が幼い頃はまだ凛々しい雰囲気だったが、現在はあまり見る影もないような老いぼれになっており、引退後はヘルニアを発症するなど年齢相応に衰えている。
祓忍家業を孫の祭里に引き継がせ、引退した現在ではアイドル動画を見てゲームをするだけという自堕落な隠居生活を送っている。

風巻纏(かざまき まとい)
祭里の母親。関東祓忍衆の御頭だが、有事のため祭里のクラスの副担任・山瀬いぶき(やませ いぶき)として北彩高校に赴任してきた。
酒豪で豪快なお母さん。清弦の娘と思われる。

二ノ曲宗牙(にのくる そうが)
祓忍の名門「風巻家」と並ぶ、「二ノ曲家」出身の祓忍で、祓忍と学生の両方で祭里の先輩にあたる17歳の少年。
鋭い目付きにギザ歯といった強面な特徴から、他の生徒達からは不良扱いされ、恐れられる存在になっている。
祭里の新人時代からの親友兼ライバルであり、本人も祭里の実力を認め、彼の「どんな苦境に陥っても妖を絶対に許さない」という強い信念を高評している。しかし女性に対して免疫のない奥手なため、女体化してしまった祭里のあられもない姿に顔を真っ赤にしてしまうこともある。
当初はすずのことも妖巫女として警戒していたが、彼女の人柄の良さに触れ、異性としてすっかり惚れ込んでしまう。しかし後に祭里がすずへの恋愛感情を自覚したことで潔く身を引こうとするも、女体化した祭里を意識するようになってしまう。

二ノ曲ポ之助(にのくる ポのすけ)
宗牙に仕える式鬼(しき)。見た目は山伏姿の小鳥の妖で、語尾に「~ポ」とつけて喋る。
かつて野良猫に襲われていたところを宗牙に助けられて以来忠誠を誓い、彼の良き理解者となる。

二ノ曲武牙(にのくる むが)
二ノ曲家の現当主で、宗牙の父親。
息子と同じように鋭い目付きとギザ歯が特徴で、極めて厳格な人物。
宗牙と見事な連携を見せた祭里のことを気に入り、女体化した祭里を息子の嫁として迎えようと決める。

香炉木恋緒(こうろぎ れお)
代々祓忍具を制作する香炉木家の娘。
家は「おもちゃのコウロギ」という玩具屋だが、その実態は人の目では確認できない祓忍具専門店でもある。
祭里や宗牙と同じ祓忍の一人で、祓忍具を多用して異魂の研究しているものの、捕らえた異魂に逃げられたり、強力な妖の前では手が出なかったりと少々頼りない面が目立つ。

すずの家族

花奏夫妻
すず・律太の両親。夫婦共に商店街で喫茶店「Melody Bell」を経営しており、フルーツパフェをはじめとした、娘のすず監修のスイーツメニューが売り。

花奏律太(かなで りった)
すずの弟。小学6年生。
祭里とは幼い頃に姉のすずを通じて顔を合わせていた程度で接点は少ないが、女体化した祭里のことを「男と思いきや、実は女だった」と認識している。
落ち着いた性格だが、女体化した祭里の胸に顔を赤らめてしまうという気になるお年頃な面が強く出ている。

歌川画楽(うたがわ がらく)
日本を代表する有名画家の一人として知られる眼鏡をかけた男性。
その正体は有名な絵師が使っていた絵筆付喪神で、シロガネと同じく江戸の頃より存在し、絵を描き続けている妖。
描いた絵を具現化させる妖術「画現術(がげんじゅつ)」の使い手。
シロガネのことは妖の王として認めているものの、画楽本人の姿・性格には元々使っていた人間の影響が強く出ており、(シロガネ曰く)その絵師が大の猫好きだったらしく、当のシロガネが筋森に続いて強い苦手意識を抱いている人物の一人。

作中用語

(あやかし)
本作における妖怪の総称。
人間などの生物の思念が寄り集まって生まれた存在で、伝承にある妖怪や能力をもつものが多い。怨念や悪意から生まれた「妖」は、人間社会に害をなすことから駆逐対象となっている。

妖巫女(あやかしみこ)
常人をはるかに上回る生命力を発する特殊な人間。その肉体から発せられる「魄(ハク)」の気の波動は濃厚な蜂蜜のごとき甘さと表現され、食した「妖」に強大な妖力を与えるとされる(すず曰く、「超ハイカロリーの悪魔的限定スイーツ」)。
その力を欲する数多くの妖を引き寄せる特性から、一般の人間からは妖と同列の存在として忌み嫌われ、古来では生贄として犠牲になった者も多いが、その一方で妖巫女を純粋に慕う友好的な妖も多い。

祓忍(はらいにん)
人に害をなす妖の退治を生業とする忍者。高い霊力と身体能力に加え、霊的な処置を施された様々な祓忍具や術を駆使する。職業上、最低でも妖が見える霊力をもつことが祓忍の条件となる。
仕事着である祓忍装束は、チョーカーやバッジなどといったアクセサリー状の待機状態から、「着装」の掛け声で瞬時に全身に纏える仕組みになっており、一般人には認識されなくなる術式も込められている。

性醒流転(せいせいるてん)
「封神結界」で封印されかけたシロガネが、悪あがきで祭里に掛けた呪術。対象を本来とは反対の性別に変化させる。術者であるシロガネ以外には解呪不能。
術をかけられた者の腹部にはその証である「性転紋(せいてんもん)」が印されるが、妖の術によるもののため一般人には見えない。

祓忍組合

かつて徳川幕府が秘密裏に設立した組織。日本各地に支部が置かれ、怪異の情報を収集し、治安を維持している。

風巻家(かざまきけ)
風の術を得意とする祓忍の一族で、主人公・祭里の生家。

二ノ曲家(にのくるけ)
神速の体術を得意とする、風巻家と並ぶ祓忍の名家。

香炉木家(こうろぎけ)
霊的効果を付与した祓忍具の製作を生業とする職人一族。表向きは玩具店「おもちゃのコウロギ」を経営する傍ら、他家の祓忍に忍具を卸している。

小美呼市(おみこし)

本作の舞台である架空の町。風巻家はこの町でも妖退治の功績から名家として知られ、北彩高校の校長をはじめとする地元の有力者たちとの太いパイプを持っている。

北彩高校(ほくさいこうこう)
祭里達が通う高校
ちなみに『ToLOVEる』シリーズで登場した彩南高校と名前を並べると、南北になる。

わっしょいロード
小美呼市にある商店街。花奏夫妻が営む喫茶店「Melody Bell」や香炉木家が営む玩具屋兼祓忍具専門店「おもちゃのコウロギ」などの多くの店舗が並んでいる。

さくら牧場
小美呼市にある小さな牧場。ここの牧場の特製クレープはすずのお気に入りで、アイスクリームも販売している。

関連動画

ジャンプ公式によるボイスコミック
1話前編


1話後編


2話


3話


関連タグ

週刊少年ジャンプ 矢吹健太朗

ToLOVEる:WJでの前作。

ゆらぎ荘の幽奈さん約束のネバーランド:本作と入れ替わりに連載終了。

らんま1/2・・・主人公が女体化する繋がり

性転換 女体化 ラブコメ

外部リンク

ジャンプ公式サイト内作品紹介
Wikipedia

関連記事

親記事

矢吹健太朗 やぶきけんたろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「あやかしトライアングル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1531297

コメント