ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

二ノ曲宗牙

にのくるそうが

二ノ曲宗牙とは「あやかしトライアングル」に登場する忍者である(メイン画像中央)。
目次 [非表示]

CV:石毛翔弥松岡美里(幼少期)


概要

“神速”の祓忍一族「二ノ曲家」の跡取り。風巻祭里の一歳上の先輩にあたる北彩高校の2年生。

鋭いツリ目と常に剥き出しのギザ歯により、周囲から不良と誤解され恐れられているが、本心は真面目で、祓忍としての使命にプライドを持っている。

祭里の事を出会った当初は、あまり気に入っていなかったが、実力を知ってからは彼を好敵手(ライバル)兼親友として見ている。


反面、女子に対しての免疫があまり無く、女になってしまった祭里に対しても緊張していた。

妖巫女である花奏すずのことも当初は妖と同義の存在として警戒していたが、その優しさに触れたことですっかり異性として惚れ込んでしまった(しかしいざ告白しようにも口下手なあまり、すずからは「女体化した祭里のことが好き」と誤解されてしまった)。


式鬼(しき)として仕える鳩天狗二ノ曲ポ之助(にのくる ポのすけ)〈CV:新井里美は、昔野良猫に襲われていたところを宗牙に助けてもらったことがきっかけで忠誠を誓い、彼の人柄の良さに理解を示す良き理解者である。


実家の表向きは蕎麦屋であり、その健脚で出前をやっている。


恋愛経験

彼女いない歴年齢。宗牙の強面ながらも、人柄の良さをよく知る彼の式鬼のポ之助からは「こんな主様に彼女がいないなんて、世の中の方が間違ってる」と涙されたことも。


家族以外の女とあまり関わったことがないことや幼なじみの香炉木恋緒の影響から、女子が苦手だったが、すずの優しさに触れ『女神』と称し惚れる。しかし、幼なじみ同士であるすずと祭里との圧倒的繋がりの深さ、絆、2人が両思いである事実を突きつけられ「俺が入る隙などない」とアッサリ失恋し、素直に身を引く。


人妖・日喰想介との死闘をきっかけに『すずのことが女の子として好き』と自覚した祭里。その事を告げられた際は『花奏すずに相応しいのはお前』『俺に遠慮せず、即交際してしまえ』と涙ながらに答えている。一方、誰の目から見ても、明らかに祭里に好意を寄せるすずの態度に気づかず『男として好きになってもらえるか』と自信がもてない様子の祭里。それに対して宗牙は『ウデは立つのに恋愛方面はポンコツ』と評し、ときめく筈のない胸がトクン…と高鳴ってしまった。


それが二ノ曲宗牙のこじらせの始まりである。


※ちなみに彼女いない歴年齢、恋愛経験が乏しい彼の恋愛知識は小説や漫画からである。ポ之助曰く、純愛物を愛読しているとのこと。


風巻祭里との関係

女子になった祭里と日々、繰り広げられるシゲキ的なラッキースケベや、時折見せる女子らしい表情、男友達の距離の近さで接してくる祭里に不本意ながら、ときめいてしまうこともしばしば。そのたびに『風巻は男!』と念じているが効果の程は…。


女子耐性ゼロの為、元男子と理解している祭里からの軽いスキンシップであっても赤面してしまう、ピュアボーイ。


祭里とのラッキースケベ気絶するのは日常茶飯事であり、限界に達すると敵を目の前にしても気絶してしまう。その際、己の女子耐性へのあまりの低さに対し、宗牙本人も『自分が許せない』と悔しそうに語っている。


単純にお年頃ゆえ、祭里の魅力的な女体にドキドキしているだけ…かと思いきや、祭里にゲームを誘われる妄想や『お互い強くなろうぜ!』『宗牙先輩ありがとな!』といった祭里の言動にもイチイチときめいてしまっている。これには、宗牙本人も祭里を『女子として意識してしまう』と渋々認めている。


なお、一時的に祭里が乙女化した際には『こんな乙女が風巻祭里であるかー!』と解釈違いを起こしている。


祭里との事はポ之助経由で、宗牙の父親であるニノ曲武牙にも、実につまびらかに伝わっている。すずに1人で勝手に失恋し、あげくの果てに女になった祭里に惑わされている宗牙に対し『こじらせすぎててドン引き』『色恋沙汰は10年早い』と無慈悲に言い放った。


その後、『初めての共同作業』を成し遂げた祭里と宗牙を目の当たりにした武牙は、祭里を大変気に入り『ふたりの交際を認める』『結婚させる』と言い出し、すずと対立する (※付き合ってません)


さらには、宗牙の女子耐性の低さを案じた3つ下の妹である二ノ曲刃夜からは『風巻さんに彼女になってもらえばいい!』と言われる始末である。


関連人物

主要人物

  • 風巻祭里…高校の後輩であり、祓忍仲間。ライバル、戦友(とも)とお互いに認めあった仲。女子になった祭里に対しては、友人以上の"特別"な感情が芽生え始めている。(※詳しくは上述を参照)
  • 花奏すず…高校の後輩であり、元想い人。宗牙のことは『良い人』と認めつつも、『宗牙の祭里への感情』や『祭里にとって宗牙の存在が大きい』ことから、危機感を感じている。宗牙を祭里を巡る恋のライバル(?)と認識しているのか、嫉妬してしまうこともしばしば。
  • 香炉木恋緒…祓忍仲間であり、幼なじみでクラスメイト。幼なじみということもあり、恋緒との恋仲を噂されたこともあるが、『親が公私共に仲が良いため、顔を合わせる機会が多かっただけ』と互いに完全否定している。幼い頃は、宗牙を発明品の実験台にするべく追いかけ回していた。宗牙曰く、その散々な経験が、女子への警戒心にさらに拍車を掛けたらしい。

二ノ曲家

  • 二ノ曲武牙…宗牙の父親で二ノ曲家当主。最初は祭里に惑わされ、色々とこじらせている宗牙に呆れ果てていたが、祭里と宗牙の見事な連携プレーを目にし、ふたりを認める。祭里と宗牙を『お似合い』と評して結婚させるとまで言い出し、すずと対立する。
  • 二ノ曲刃夜…宗牙の3つ下の妹である祓忍見習い。高身長で優しく、強い兄を尊敬している。刄夜曰く、宗牙は『優良物件』。宗牙の女子耐性の低さを心配しており、初登場時には女体化した宗牙のフリをし、祭里に近づき情報を得る、宗牙の女子耐性を克服するために『祭里に彼女になってもらえばいい』と言い出すなど、父親同様、先走った行動をしがちである。当初は宗牙の為だったが、祭里に助けられてからは、祭里に対し『心から姉サマになってほしい』と心変わりしている。
  • ニノ曲ポ之助…宗牙に仕える式鬼。基本的に宗牙と行動を共にし、情報収集や任務に関しての連絡を任されている。宗牙に命を助けてもらった過去から『主様』と呼び慕っている。心優しいながらも、自他ともに認める強面のせいで、彼女ひとり出来ない宗牙をいつも不憫に思っており、宗牙が女子(主に祭里)と絡むたびに『ついに彼女いない歴卒業か!?』とソワソワしている。かなり口が軽く、宗牙がおおよそ触れてほしくないであろう『こじらせ』の事も、宗牙の父に詳細に報告している。余計な発言をすることも多く、日照り神の戦い後スランプに陥った宗牙のことを『祭里の乳房で気絶し、活躍できなかったことを悔やんでいる』と事細かに祭里本人に説明していた。

  • シロガネ…数多の妖術を操る、元"妖の王。祭里を妖術"性醒流転"で女に変えた際、祭里に妖力の大半を封印され弱体化。宗牙は始末しようとするが、すずの思いに応えたい祭里と対立。力ずくで始末しようとするも、ローアングルで祭里のパンツ(ふんどし)をモロに見てしまった宗牙は一気に戦力を失い『保留』となる。その後、宗牙からシロガネを祓うという意思は一切見られず、完全に黙認している。シロガネが消滅の危機に瀕したときには妖巫女であるすずを狙っていた妖を助ける義理はない』という姿勢を見せていたが、『シロガネはもう仲間、いなくなったらすずも俺も悲しい』という祭里にアッサリ絆され、行方不明になったシロガネ捜索に奮闘する。
  • ラチカ…ロシア版サンタの孫。 83話で暑さで溶けかかっていたところを偶然通りかかった宗牙に助けられる。宗牙のことを『クルクル』と呼ぶ。『祭里を女子として意識してしまう』と悩む宗牙にアイスをもらったお礼として『今、1番欲しいもの』が出現する妖術"パダーラグ《雪娘の贈り物》"を授ける。その際、宗牙が得たのは『風巻祭里に動じない心』。あくまで祖父『ジェドマーロス』の真似事に過ぎない妖術のため、時間が経てば元に戻ってしまう。
  • カゲメイ…先代妖巫女・比良坂命依の人を憎む心から生まれた妖で、妖小美呼市に封印されていた三大妖の最後の一体。妖気を辿り森を捜索していた祭里と宗牙は、全裸で水浴びをしていたカゲメイに遭遇。妖とはいえ全裸の女子を目の前に、早々に気絶する宗牙だったが、カゲメイの圧倒的な戦闘能力で命の危機に扮する祭里を前に『戦友《とも》であり好敵手《ライバル》の風巻をむざむざ殺させるワケにはいかん!』と勇気を振り絞り立ち上がり、祭里を抱え一時徹底する。その後、カゲメイがリミッターを外したため暴走した日喰想介との祭里とすずの戦いぶりを目にし、ふたりの『尋常ではないほど深い絆』を知る。すずの体を得て妖巫女の本来の力を取り戻したいカゲメイは『祭里を殺したら永久にずずに拒絶され、融合出来ない』と考え、祭里に休戦を提案。『比良坂命依』として高校に通い『祭里とすずの絆』を壊すチャンスを密かに狙っている。76話、77話ではタヌマロを唆し、茶釜妖術"操心蒸気"を用い祭里を乙女化させ、女子耐性のない宗牙となし崩し的にくっつけようと策略したが、宗牙とポ之助により術は解け、作戦は未遂に終わった。その際、『俺たち永遠のライバルだもんな!』と宗牙の肩に強引に手を回す祭里と『気安く触るなー!』と赤面する宗牙を見て『あの2人なかなかお似合いかもしれないね〜』とコメント。なお、作戦は失敗したが、すずの情緒を乱すという面では大成功している。

北彩高校

  • 鳥羽弥生…祭里とすずの友達で宗牙の後輩。祭里にしつこく絡んでいた男子生徒達を強面で散らした宗牙を見て『祭里を助けた』と解釈。『硬派っぽい宗牙と祭里はお似合い』と宗牙と祭里の仲を取り持つような行動や言動をすることもあったが、第68話ですずから祭里への想いを告白されてからは、すずの恋路の後押しをしている。
  • 月丘ルーシー…祭里とすずの友達で宗牙の後輩。宗牙をサメと人類のハーフ『シャークヒューマノイド』と称す。弥生ほど恋愛事に関心はない様子だが、29話で"シロマツ様"という占い(コックリさん)を行い、宗牙と祭里の相性が『さいこう』と出た際は『シロマツ様のお導き』と発言し、弥生と共に宗牙と祭里をくっつけようとしていた。

関連タグ

あやかしトライアングル

風巻祭里 花奏すず 香炉木恋緒 二ノ曲刃夜

忍者 霊能力者


関連キャラクター

結城リト:『ToLOVEる』シリーズの主人公で、彼も女性に対して免疫がない(かつて「水着のグラビアを見て気を失った」こともあるらしい)。

高須竜児:目つきは悪いが根は良い奴繋がり。

パウリーボルボ西郷諏訪原戒五条新菜:女性に対する免疫があまりないキャラ繋がり(ボルボは色気ある凶器体系の女性二人に迫られたり、諏訪原は菓子職人の女性に迫られた末に恋人関係に発展しており、五条は中の人も同じでコスプレ好きの美少女ギャルとの関わりを通して、これまで自分とは接点のなかった二次元の世界へ踏み込むようになっている)。

緋扇かるら:小型の天狗を配下として連れている者同士で、何だかんだでその配下を大事にしている点も共通。ただし、彼女が連れている「スズツキ」はスズメベースの「雀天狗」であり、更に彼女自身も天狗である点が異なる。

冬空コガラシ:「ラッキースケベ展開に翻弄される男子高校生霊能力者」としての直近の先輩。

関連記事

親記事

あやかしトライアングル あやかしとらいあんぐる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 342368

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました