ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

久保さんは僕を許さない

くぼさんはもぶをゆるさない

『久保さんは僕を許さない』とは、「週刊ヤングジャンプ」及びwebサイトアプリ「少年ジャンプ+」にて連載されていた漫画作品である。作者は雪森寧々。
目次 [非表示]

高校1年生・白石純太は隣にいても気づかれない、存在感ゼロの”モブ男子”。

ところがクラスメイトの”ヒロイン級”美少女・久保さんだけは彼を目ざとく見つけて、今日もちょっかいをかけにやってくる——。

その感情に“恋”と名が付く2歩手前——


概要

集英社の漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で2019年47号から2023年14号まで連載。また、webサイト・アプリ「少年ジャンプ+」でも並行掲載された。作者は雪森寧々

単行本は全12巻で発売されており、2023年4月時点で単行本の累計発行部数は200万部を突破している。


集英社の連載権争奪企画、「シンマンGP2019」にて連載権を獲得。

2023年3月をもって多くの読者に愛されながら物語はフィナーレを迎えた。

また「次にくるマンガ大賞2021」にて7位に入賞している。

2023年冬よりTVアニメ化される(後述)。


ストーリー

白石純太」はクラスの中で非常に影が薄い、いわゆる「モブキャラクター」と言われる存在である。彼はクラスメイトだけでなく先生からも認知されないくらい影が薄い。そんな彼を「久保渚咲」は普通に認識できる。影の薄い白石に興味を持った渚咲が白石と関わることで恋心を無意識に抱くようになる。本来接点のないはずの2人が渚咲の興味がきっかけで仲良くなり学校生活や私生活で行動を共にし、白石がそこから少しづつクラスの人と接点を持つようにもなる。そんな日常を描いたラブコメディである。

ラブコメでありがちな下ネタや主人公のHな妄想、登場人物同士が対立しギスギスとした雰囲気になる要素は一切なく優しく温かい作風になっているのが特徴。

青年誌での連載作品だが際どい描写や過激なシーンはあまり多くない。

初期の頃は白石に興味を持った久保渚咲がちょっかいをかけてくるといういわゆる「からかいヒロイン」的な要素が強めだった。

2年生になってからは渚咲以外のクラスメイトとの強い友情関係や体育祭や文化祭、修学旅行などのイベントも重視されるようになり、様々なイベントを通じて白石と関わることで少しずつ関係が変化していくためその要素は薄れていく。


主要登場人物

主人公

CV:花澤香菜

春賀北高校の1年1組→2年1組の女子。身長は160cm。一人称は「私」。

紫色のセミロングヘアーが特徴。(連載当初は茶髪だった)

白石をすぐに見つけられる稀有な存在で、好奇心のままにたびたびちょっかいをかけているが、恋愛経験は無いのでその感情に気付いていない。

成績優秀で、学年2位をとったこともある。レタスとキャベツの見分けがつかなかったり、ホットケーキを炭にし、玉葱の皮を剥こうとするとたまねぎが無くなってしまうほどに料理が苦手である。バレンタインでクッキーを作ろうとすると姉に「ダークマター」と称されたことも(勿論ゲキマズ)。

姉の明菜曰く胸は「ややAに近いB」らしく、コンプレックス気味。


CV:河西健吾

春賀北高校の1年1組→2年1組の男子。身長は163センチだったが、2年の身体測定で166cmに伸びた。誕生日は4月25日。一人称は「僕」。

あまりにも影が薄く、クラスの人はおろか先生からも認知されないため、自分からアピールしないと見つけてもらえない。

卒業アルバムでも集合写真で映っているのに一人だけ別撮り写真を合成される、店の自動ドアですら反応してくれない始末。

久保家の面々や弟の誠太は普通に認知できるものの、母親ですら予測や気配でやっと見つけられるほどである。そんな自分を変えられないものと諦めていたが、渚咲との交流の中で変わっていく。

好物はハンバーグ。趣味はアニメや漫画。コーヒーはブラック派で、砂糖やミルクを入れるのは苦手な模様。母親曰く「旦那の若いころの顔にそっくり」らしい。


久保家

CV:伊藤美来

渚咲の姉。詳しい年齢は分かっていないが、20代で、書店で働いている。渚曰く「何でもできちゃう」らしい。

髪型は赤色のショートヘアである。

歳の離れた渚咲のことが大好きでよく渚と白石くんに度々ちょっかいをかけて反応を楽しんでいる。酒で酔うと大胆な行動をしたりちゃっかり爆弾発言をするなどお茶目な一面もある。

抜群のプロポーションを誇る美女である上、渚咲とは違いかなりの巨乳で、本人曰く「中学の時にはCはあった」らしい。


CV:雨宮天

渚咲の従妹。

髪や瞳は青色だがその容姿は幼い頃の渚咲にそっくりで、渚咲に強い憧れを抱いている。

その関係で白石に仲の良さを張り合おうとしている(白石本人は圧を感じる程度で気付いていない様子)。

真面目な性格で、言葉遣いも丁寧。

よく明菜に胸を押し付けられたり明菜の大胆な発言にツッコミを入れたりするが、そのたびに少し嫌そうな顔をしている。


春賀北高校

CV:竹達彩奈

渚咲や白石のクラスメイト。作品内ではほとんど「タマ」と呼ばれており、本名が分かったのも初登場からだいぶ後である。

渚咲、葉月とはとても仲が良く、3人の中ではボケ担当。

ノリがよく天真爛漫な性格。

脳と口が直結しているので、ストレート発言をしたり暴走したりとよくトラブルメーカーになりがち。

しかし須藤とは何かがあるようである。

勉強の成績は赤点常連である。


CV:加隈亜衣

渚咲や白石のクラスメイト。こちらもまた作品内ではほとんど「葉月」で呼ばれており、玉緒と同じく本名が分かったのも初登場からだいぶ後である。

少し大人びた雰囲気を持っており、物事を達観して冷静な判断ができる。

タマ、渚咲と仲が良く、渚咲とは昔からの付き合いである。

3人の中ではツッコミ担当。

実はスタイルがよく、私服着用時や入浴中になるとある部分が意外と大きいことが判明している。


CV:八代拓

原作4巻から登場した渚咲や白石のクラスメイト。1年生の時、白石を一度も見つけることができなかったらしい。

雪森先生いわく「一番描きづらいキャラ」らしい。

こちらもまた赤点常連であるが、数学のみは例外で、毎回90点以上で、教科書を見れば解けるらしい。

渚咲に素直な気持ちを伝えたい白石にアドバイスをしたりすることも。

なお、2023年3月までメインキャラの中で唯一ビジュアル、CVともに明らかになっておらず、アニメで登場するかも不明になっていた。

放送スケジュールが遅れた都合上で関連グッズの展開により須藤のビジュアルが、4月下旬に本作のBlu-ray上巻が発売された際にクレジットで一足先に担当声優が明らかになった。

出番が本格的に増えるのはまだアニメ化されていないep.47以降なのでアニメでの出番は現時点で9話と12話(12話は一瞬だけ登場)のみ。


  • 雲仙先生

CV:龍田直樹

白石くんたちのクラスの担任。

名前はアニメにて判明。

非常に身長が小さい老人で、授業中もダンボールの上に乗ったりと道具を使うことが多い。

生徒想いで、とても優しい性格である。

ちなみに公式ファンブックでは過去に明菜の担任も務めていたことが明かされている。


白石家

  • 白石由恵

CV:能登麻美子

白石純太の母。純太がだいぶ影が薄いのを理解している。

純太のことは「大体ここに居そう」という予測と気配で見つけるが、未だに見つけることは難しいらしい。

息子想いな性格で、純太や誠太のことをとても心配する一面も。

どこかの母親とは違って非常に優しい性格である。


CV:伊瀬茉莉也

白石純太の弟。幼児。兄である純太が大好きで「にーに」と呼んで慕っている。

純太から泣いて離れようとしない時、それは大体純太にお願いがある時らしい。ちなみに誠太は母親似である。

沙貴と初対面時は、幼児ながら顔を赤くした。


アニメ

2022年5月13日にアニメ化されることが決定した。

2023年1月10日からAT-XTOKYOMXBS11MBSにて放送された。放送日は火曜日に統一している。


しかし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、後半部の放送・配信を延期することが発表され、最新話の放送・配信は同年5月16日から再開された。

その結果、前半部を3回繰り返すというちょっとした無限ループが繰り広げられた(3回なので「無限ループ」ならぬ単なる「ループ」なのだが)。

同年6月20日に最終話となる第12話が放送され、無事に全話放送を終えている。


制作スタッフ

監督古賀一臣
シリーズ構成・脚本高橋悠也
キャラクターデザイン齊藤佳子
音楽夢見クジラ
アニメーション制作PINE JAM

主題歌

OP:「ドラマチックじゃなくても」花澤香菜

ED:「かすかでたしか」DIALOGUE+


ASMR企画

コミックス発売記念として、YouTubeチャンネル「ヤンジャン!TV」にて全3本のASMR動画を公開された。久保渚咲役はこの時から花澤香菜が担当している。

(他のキャラの担当声優はアニメ化の際オーディションで決められた)


花澤香菜と本作について

久保渚咲役を花澤香菜が担当することになった経緯については作者である雪森氏の「花澤さんにお願いできませんか」という提案を反映したものだったことが公式ファンブックで明かされている。

また、花澤も2023年9月に行われたアニメのスタッフ打ち上げパーティーに参加した際に(「続きが!見たいです!」とコメントしているほか、2023年12月20日に放送されたホンマでっか!?TVに出演した際、おすすめ漫画をプレゼンする企画で主演を担当した自身が原作の見どころを紹介するなど本作への愛が溢れていることがうかがえる。


関連映像

PV映像


ノンクレジットOP映像


関連作品


関連タグ


その他外部リンク

関連記事

親記事

週刊ヤングジャンプ しゅうかんやんぐじゃんぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3438155

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました