ピクシブ百科事典

果心居士

かしんこじ

戦国時代に存在したと伝わる外法師。 他者を化かすことに長け、特に変身と幻術に抜きんでた才を持っていたとされる
目次[非表示]

果心居士とは、戦国時代に存在したと伝わる伝説の法師である。

概説

室町時代末期に登場した、生没不詳の謎の法師
「七宝法師」とも呼ばれる。
「居士」とは在家僧侶(出家せず仏教を信仰し修行する者)を指す号である。

愚軒著『義残後覚』によると、大和国興福寺に僧籍を置きながら、外道の法力で人を化かすことに長じ、そればかり覚えてたびたび悪戯を働いたため、興福寺から破門されて在野の法師となる。
その後、織田信長に仕官することを志し、彼の前で幻術を披露して称賛されるも仕官は許されず各所を転々と放浪するようになった。

そのほか、豊臣秀吉明智光秀松永久秀徳川家康など、時代の長者の前でその腕前を披露したと伝わる。特に久秀や家康とは既知であったともされる。
家康が齢を訪ねた折には88歳になると答えたとも。
しかしほとんどは江戸時代にまとめられた説話集に名を残すため、実在性は疑問視されている。

幻術師「果心居士」

法力に長け、その中でも幻術と変化の達者として知られる。
また後世では忍者との関連性も見出され、司馬遼太郎の短編『果心居士の幻術』でも幻術に長けた忍者として描かれている。

彼の幻術は奇術――つまり大掛かりな手品の類いでなかったのでは、という意見もある。
実際、幻術の多くは心理的な盲点を突いたトリックが多用されるため、日本におけるマジシャンの大先輩とも言えなくもない。

幻術の数々

有名なものに以下の逸話が存在する

  • 大和国の猿沢池に現れ、投げた笹の葉を魚に変化させて泳がせた。
    • さらにこれを見て信じない男を楊枝でひと撫ですると、その男の歯が今にも抜け落ちそうになってしまう。
  • 松永久秀とは親交が深く、あるとき「恐れ知らずの自分を恐がらせて見せよ」と豪語されると、数年前に亡くなった久秀の妻を出現させ、彼を心胆から恐怖させた。
  • 豊臣秀吉が果心居士を招いた際、果心が秀吉の誰も教えていない秘密を宴の席で暴露し、秀吉の不興を買って磔刑に処されてしまう。
    • しかし磔刑に処された果心は幻で、当人はネズミに化けてやり過ごし、に連れ去られて逃げて行った。
  • 絵の中から船を取り出し、その船に乗って消えていった。

関連イラスト

幻術師・果心居士
果心居士



関連タグ

幻術師 法師
室町時代 戦国時代

登場作品

pixivに投稿された作品 pixivで「果心居士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1246

コメント