ピクシブ百科事典

スケバン刑事Ⅲ

すけばんでかすりー

スケバン刑事Ⅲは1986年11月から1987年10月まで放送されたシリーズ三作目にして最終作であり、正式名は「スケバン刑事Ⅲ少女忍法帳伝奇」である。
目次[非表示]

概要

スケバン刑事Ⅲ1986年10月31日から1987年10月まで全42回放送されたテレビドラマで、正式名はスケバン刑事Ⅲ少女忍法帖伝奇である。 前作で原作のネタを使い切った為、故・和田慎二の別作品・忍者飛翔を下敷きに、スターウォーズへのオマージュを混ぜたオリジナル作品と言える。
当初は番外編「スケバン忍法帳」として企画され、1~2クール程繋ぎで放送して、87年以降に改めてスケバン刑事Ⅲ(本作とは別物)を放送する予定だった。(即ち、87年2月に公開された映画版は三代目スケバン刑事のお披露目も兼ねる筈だったと思われる)
本作浅香唯が主演を務め、これまでと嗜好を替え3人を姉妹にし、敵を忍者軍団にしアクションに変化球を付けようとした。
しかし、前二作と余りにかけ離れてしまい、視聴者からは支持されるも作者の支持を失いスケバン刑事が使えなくなり、次作を予定していたスケバン刑事Ⅳは企画を変え少女コマンドーIZUMIになった為、シリーズ最終作になったと同時に、東映少女ドラマシリーズのその後を決めてしまう。

放送データ

放映:1986年10月30日~1987年10月29日(全42回)
出演:浅香唯 大西結花 中村由真

登場人物

主人公サイド

風間唯(三代目麻宮サキ)-(演・浅香唯) 三代目スケバン刑事1号にして風間家末妹。歴代スケバン刑事で最もハードな戦いを強いられる。
風間由真-(演・中村由真) 風間家次女でスケバン刑事2号の唯の一つ上。リリアンを武器にし、リリアンの由真と呼ばれ恐れられている。
風間結花-(演・大西結花) 風間家長女でスケバン刑事3号の唯のニつ上。折紙を武器にする。第一話で父が暗殺された為、風間家を切り盛りせざるを得なくなったのと、スケバン刑事としての任務に追われた為留年し、19歳の高校3年生になってしまう。
城戸礼亜-(演・福原恵視) 前半に登場する風間三姉妹のお目付役。普段は達の学校の図書館の司書を務めていた。 出演スケジュールが付かなくなり、第20話で非業の死を遂げ、彼女の死は三姉妹に大きな影を落とす。(やはり死亡フラグを立てていた)
元ネタは「スターウォーズ」シリーズのレイア姫なのは言うまでもない。
般若(依田一也)-(演・萩原流行) 風間家父・小太郎暗殺後に三姉妹を導く。仮面ライダーのショッカー幹部に例えれば地獄大使と言える。 普段は仮面を被っており、時折素顔で唯達の学校の教師として三姉妹を見守っている。
帯庵和尚-(演・田中保) 唯の祖父で、寺の住職を務める。
風魔一族の首領的存在と言える。元ネタはオビワン・ケノービ
風間小太郎-(演・伊藤敏八) 第1話のみ登場、唯との再会を目前に暗殺される。
暗闇指令-(演・長門裕之) 新たな敵・影と戦う為、風間三姉妹をスケバン刑事に任命するも、最後のスケバン刑事となる。

影 

シリーズ最強の敵
翔-(演・林美穂) 前半は「謎の美少女 ????」のクレジットが付いていた、影の表向きの首領。正式名は破愚礼翔。実はの生き別れの双子の姉だった。因みに冥王計画ゼオライマーOVA版の鉄甲龍首領・幽羅帝は彼女がモチーフだった。
オト匕-(演・森村聡美) 翔の側近で、任務を失敗した忍者を処刑する際には帯を巻く担当である。
ミヨマ-(演・屋敷かおり) 翔の側近で、任務を失敗した忍者を処刑する際には針を吹く担当である。
果心居士-(演・佐伯二郎(声・飯塚昭三)) 後半から登場する影の真の支配者。自らの野望達成の為に、様々な妖術と策を弄する。
六天聖王-(演・小林亜也子) 最終回の儀式で変貌した果心居士の真の姿でラスボス。
この編者だけでなく、当時の視聴者を唖然とさせたのは言うまでも無い。

関連項目

スケバン刑事Ⅱ・前作
少女コマンドーIZUMI・次作で打ち切りになる。

関連タグ

スケバン刑事 スケバン刑事(ドラマ版) スケバン刑事Ⅱ 浅香唯 萩原流行 長門裕之 東映少女ドラマシリーズ

関連記事

親記事

スケバン刑事 すけばんでか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スケバン刑事Ⅲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3302

コメント