ピクシブ百科事典

ケロロ小隊

けろろしょうたい

『ケロロ軍曹』のイラストのうち、小隊メンバー全員が描かれたイラストに付けられるタグ。 ケロン人のイラストのみならず、擬人化されたイラストも少なくない。
目次[非表示]

概要

正式名称は「ガマ星雲第58番惑星 宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊」。ケロン軍地球(ペコポン)侵略のために派遣した。
元々は、侵略の前に文化や社会・軍事・環境などを調べ、侵略をしやすくするための小隊であった。しかし、日向冬樹を始めとしたペコポン人に存在を知られ準備前の衝突を危惧した本隊が撤退した事、各地で別行動していた隊員が集結に前後して接触したペコポン人と仲良くなってしまったこと(当のケロロは「捕虜」と言っている)をきっかけで、以降侵略を彼らに任せている。(本部もペコポン侵略が難しいことは自覚している。ペコポンは発達が遅れているが他の宇宙人から優しく見守られている星であり、どんなにエリートであろうと侵略するのは簡単ではないからだ)
ケロロ軍曹を隊長として、タママ二等兵ギロロ伍長クルル曹長ドロロ兵長の5人で構成されている。彼らはそれぞれ優秀な性質をもったケロン人達(希少な隊長素質及びあの頃伝説かつ超エリートの息子・幼年訓練所のあこがれの的・有数の上級軍人ガルルの弟にして自身も成績優秀・かつて幼くして前列のない早さで少佐に昇り付いた有数のメカニシャン・アサシントップの軍人)でもある。
階級だけでいえばクルルの曹長が一番上であるが曹長の階級は実質的な意味は薄いものとされておりケロロはケロン軍でも希少な隊長の素質の持ち主で(これはより優秀な実績をあげているガルル中尉ですは持ち合わせていないものとされる)単純な階級以上の意味があるとされ彼が隊長を務めている。そこが軸となっており指揮代理が生じる場合の対応者は一定していない。
基地は日向家の地下。この他にオペレーター的な立ち位置としてアンゴル=モアがいるが、正式なメンバーではない。
故郷であるケロン星では知らないのはおかしいとされる程大人気であり、ファンレターを送られることもあった。
一方部隊を編成されて初の任務が地球でありほぼ地球に手を出せていない事、そのため定期報告が質の悪いものであるのが(しかも期限スレスレが多い)大半であり、つまり達成した任務が皆無で功績が碌にない、事からか軍内での(少なくも6段階だがAより更に上もある模様)評価はF級とされている。上記の本星の一般にも難航している現状からかなり捏造された活躍を送られている。それでも彼らは地球の事・地球人達の把握で本隊より一歩リードしていること、代行にされそうだった基本レベルが上の筈の部隊が彼らに譲ったこと、本部が地球の厄介な要素に臆し気味な事などから滅多に役割を取って代わられる恐れは生じない。
基本的には侵略者のため悪役だが、地球人を抹殺したりと大それた悪事を働く度胸と意気地がないばかりか、メンバー全員が地球人に味方するため、悪役としては中途半端だが、正義のヒーローとしては一流である。

メンバー(括弧内はマーク)

ケロロ軍曹(星印マーク):隊長
タママ二等兵(左右逆色の初心者マーク):突撃兵
ギロロ伍長 (ドクロマーク):機動歩兵
クルル曹長 (渦巻きマーク):作戦通信参謀
ドロロ兵長 (行方不明時に改名したもので正式な肩書きとは認められておらず本部では本名のゼロロ兵長のまま登録されている)(十字手裏剣マーク):暗殺兵

タママ・クルルは地球侵攻決定・出軍に伴い編成されたメンバーでありそれ以前は直接の面識はなかった。また、アニメでは身体検査が時折行われるためにプルル看護長が一時加入もしていた。

関連タグ

ケロロ軍曹 擬人化

関連記事

親記事

ケロン軍 けろんぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ケロロ小隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2020664

コメント