2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

キルル

きるる

「ケロロ軍曹」に登場したキャラクター。声優は映画、アニメによって違う。
目次[非表示]

※本項目は一部エピソードのネタバレが含まれます。

説明

アニメでは「超劇場版ケロロ軍曹」、原作では13巻の特別版で初登場。
惑星侵略用生物兵器として製造された人造ケロン人。古代ケロン人の造ったものとその技術を現代のケロン人が用いて作り出したものが存在する。

ケロロ小隊が初めて会ったキルルは映画版で「キルル」、テレビ版で「キルル.」、原作版で「X-5.5」とそれぞれ種類が異なっており、映画版とテレビ版と原作の関係をあらわす存在でもある。

種類

キルル.

リンク先を参照。

X-5.2

上の「キルル.」の改良型。少しでも不信感やトラウマを持つ者をコントロールする。不良品のキルル.を処分するために大量に出現したが、臨界点を超えたキルル.から放たれたエネルギーを浴びてしまい、すべての個体が優柔不断になった。その後、母艦とキルル.と一緒にケロン星へ帰った。

X-5.5

クリスマスの日、ケロン軍本部から送られてきた。中身は、「メリークリスマス(地獄で遭おうぜ)」と喋るすももの人形だが、ケロロ小隊の戦力向上をさせるため、キルル自身が攻撃してきた。苦戦するも、モアの一撃でケロロたちが勝った。


下記は同系統のシリーズとして製造されている。↓

超劇場版(初代)でのキルル(第1のキルル)

リメイク。


超劇場版ケロロ軍曹」声優はおぎやはぎが二人一役で演じていた(初期段階を小木博明が、巨大化した状態を矢作兼
古代ケロン軍によって地球に送り込まれた(おそらく下記の通り白亜紀末期)シリーズに属する第1のキルルであり、「自動判別型究極侵略兵器【キルミラン】」の"実行する者"として造られた。シンボルマークは「〇」。
奥東京市の祠の内部にアンチバリアで隠された森状の空間内に封印されていたが、ケロロが祭られていた壺を誤って割ってしまい封印を解いてしまった(咄嗟に接着剤で復元したものの下記の心臓部をはめ損ねてしまっていた)。初期段階における色は白で、おでこに緑、腹に赤の×マーク。

プログラムされた侵略形式は「敵の孤立化」。人間(実際には宇宙人も)に×マークをつけて、互いに×マークをうつさせて更に拡大させていく。×マークのついた人は他人とテレパシーで会話(心を読む)できるが、キルルが精神操作を行うことで負の感情が籠ったものばかりが伝わるようになり、原住民は次々と人間不信に陥いり、極めて閉鎖した個体とし、同士討ちへ誘導していく。それによって出来た憎しみや不信感をエネルギーにして巨大化する。その時は尻尾が生えて、歩き方も四つん這いになる。

エネルギーをより吸収すると超巨大なタワー状に変形。大量の帯状の触手(第二形態でも前足をこの状態に変化させての攻撃が可能)を張り巡らし、初期段階時の姿のキルルを量産して惑星制圧を行う。この状態が長時間続くと、その惑星は「星の死体」となってしまう。封印されていた祠の壁画に恐竜が描かれていたので白亜紀にはすでに地球に封印されていたらしい(その時、恐竜は絶滅の危機に陥らされていた)。

いかなる攻撃手段を以ってしてでも通用しない。倒す唯一の方法は強く信じ合う心と友情など、プラスのエネルギーの持つ者が「自動判別型究極侵略兵器【キルミラン】」の"審判を下す者"であるミララから封印の方法を教えてもらい封印しに行くしか方法が無い。「キルキル…」としか喋らない(実行するだけのものであるため、言葉を喋る能力はあえて製造時に加えていなかった可能性もある)。

冬樹とケロロが和解した経過を見たミララが彼らを認めたことでキルミランシステムの実行完了は不要と判断し封印の方針へ決定が下された(この際認めた者の×マークが〇へと変化する)。冬樹達地球人とケロロ小隊の活躍で、タワー状になったキルルの内部にあった鍵穴に鍵状に変化したミララを挿し込んだ事で再び封印された。

南太平洋でのキルル(第2のキルル)

キルルがくるぞ


超劇場版ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります!」に登場。声優はおぎやはぎではなく、キルル.の声を担当した藤田圭宣

南太平洋のどこかに封印されていたと思われる第二のキルル。シンボルマークは「□」でプログラムされた侵略法は「破壊」。
初期段階のケロン人の姿ではなく、巨大化した時の姿で登場、何らかの作用で復活と共に海上に姿を現した。そこに偶然居合わせた西澤グループの貨物船を沈めようとしたが、自分達の縄張りの海域を荒らそうとしたと解釈したメールマールによってあっさり倒された。小説版では「キルル(二代目)」と表記されている。漫画『ケロロ軍曹』第164話・単行本20巻に『超劇場版ケロロ軍曹2』の漫画版として収録された長編エピソードである『深海の迷子たち』では映画本編と一部デザインが変更されている。また、『超劇場版ケロロ軍曹3』の『ケロロ対ケロロ天空大決戦公式ガイドブック』に記載されていた草案にこのキルルの制御装置である『ミロロ』のコンセプトアートが記載されていた。デザインはマロン人の様な物になっている。没になったが、深海の迷子たちで登場した。

第3のキルル

超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ 天空大決戦であります!」で存在が明かされたキルル。シンボルマークは「▽」で侵略法のプログラムは「完全なる支配者」。心臓部に訪れた者のクローンを作り上げ、侵略代行者にするため星を征服・支配させる皇帝に仕立て上げる。マチュピチュの地下から通じていた心臓部に不用意に触れたケロロが起動させてしまったことによりオリジナルのケロロのデータを読み取りダークケロロを作り出す。実はダークケロロののっていた空中都市そのものが第3のキルルであった。ダークケロロが最終兵器"超巨大ケロロ像"を起動させてしまい、その制御基盤兼エネルギー源として接続し、ケロロ像という新たな体を得て地上全てを焼き払おうとする。ケロロと冬樹たちの絆の前に敗北を悟り、ケジメをつけることを決めたダークケロロが"皇帝を見極めし者"ミルルに了承させて制御装置と化した彼女をセットし封印された(小説版では完全に破壊されたと推測されている)。キルルを封じれば創り出された王は消滅してしまうのだが冬樹達の心に触れあっている内に他者の事を考えたり、通じ合おうとする気持ちが芽生えたダークケロロは生還するのであった(曰く「王」としての彼は消え、「冬樹達の友達」としての彼が残った)。

コピー

ゲーム版「超劇場版ケロロ軍曹 撃侵ドラゴンウォリアーズであります!」ではどこぞのマニアがキルルの流出データから作った違法コピー(いわゆるパチモン)が登場する。こちらも超劇場版のキルルで通常は第二形態だが、攻撃を与えると第一形態に分裂する。違法コピーでケロン軍が回収を依頼していたため、一度ケロロ小隊とケロン軍(ドララ小隊)によって回収されるが、ストーリー終盤でもう一体別のキルルが登場する。こちらもいわゆるパチモンだが、こちらはケロロ小隊をドラゴン化した際に彼らの記憶を読み取って地球竜が具現化した姿である。

関連タグ

ケロロ軍曹 人工 ケロン人
ミララ ダークケロロ ミルル

関連記事

親記事

超劇場版ケロロ軍曹 ちょーげきじょうばんけろろぐんそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キルル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キルル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144415

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました