2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:渡辺久美子

概要

超劇場版ケロロ軍曹3 ケロロ対ケロロ天空大決戦であります!』で初登場。
第三のキルルが生み出した、超詰め込み教育がなされたケロロのクローン。
キルルの代行者”地球を支配する皇帝”としてケロロに代わり、地球を侵略しようと画策した。
本人は「ケロロ大軍曹」と名乗り、ダークケロロの呼称は作中では後述の宇宙船にイニシャルが記されているのみ。一人称は「我」。専用ロボの「ダークケロロロボ」を所有している。

初対面時にケロロから「生き別れの兄さん?!」とボケられたが(これは作中でコスプレしているようにセイラ・マスのパロディもあるため。「キャスバル兄さん」やら「兄は鬼子です」など彼女のセリフを思いっきり喋っている)、オリジナルを基にして生まれたことを考えると実際は弟に近い。

仲間にシヴァヴァドルルミルルがいる。
ファンの間では「闇ケロロ」や「くまケロロ」と呼ばれることが多い。

容姿

ケロロのクローンということもあり、全体的な容姿はほぼ瓜二つだが、黒目が紅く、目の下には隈のようなマークがある。帽子は白、体色は濃い緑色、頭部の階級章・下あごの模様・腹部はグレーの配色となっており、オリジナルのケロロとは割とすぐに見分けが付く。また、ぼろぼろの赤いマントを身につけている。

最終的には事件解決のためにとあることをしたことで下記イラストにもあるように、黒目かつマントがない状態になっている。

活躍

マチュピチュで観測された未知のエネルギーを調査に来たケロロ小隊がその中にあったワープゲートで訪れた部屋をケロロの不注意でキルルを起動させてしまったことによりケロロをスキャンして生み出された。

キルルに刷り込まれた使命を為すべくミルルが連れてきたシヴァヴァとドルルを従えて空中都市に乗って奥東京市に飛来。
地球中のライフラインを乗っ取り、全地球人に洗脳電波を照射しひれ伏せさせ2分で地球制圧を完了する
空中都市に乗り込んできたケロロ小隊と洗脳を免れた冬樹とモアを襲撃、夏美と小雪を殺し合いをさせて惑わすが二人の洗脳を解かれた上に逃亡される。その際機転を見せた冬樹に高く評価し直属の配下に引き込もうと考え一行をスーパーアンチバリアにより互いを見えなくして散り散りにした上で冬樹を捕えるが相手にされず(戦場を提供する条件だけで引き込んだため忠誠を誓われていなかった)シヴァヴァとドルルにも塩対応をされる。

更にケロロ達がスーパーアンチバリアで互いが見えないハンデを乗り越え協力しガンプラ(その日たまたまケロロが冬樹に買うのを頼んでいた)から本物のロボットを作り上げた姿を見て動揺を隠せなくなる。ロボット化させたガンダムで特攻し冬樹の元へ駆けつけたケロロが冬樹と手を取り合ったことで苛立ちが限界に達しダークケロロロボで送り込まれたケロロロボに乗り替えケロロと戦うも冬樹が援護しようとしたことで敗北。これらの困難を彼らが見せた特別な繋がりで覆されたのかと考え同時に頂点たる自身がそれが足りないから勝てないのではと認められず幻覚を見せて二人の不和を招こうとするも見破られるどころかスーパーアンチバリアを破られる。更にクルルとサブローの活躍で洗脳電波を無効化されてしまう。

追い詰められた事で最終兵器”超巨大ケロロ像”を起動させて地上を火の海にしようと企てる。空中都市がケロロ像に接続された際に冬樹以外の一行が振り落とされるも助かっただけでなくケロロ像を食い止めるのと取り残された冬樹を救出するため反撃に移る姿を見て再び困惑に駆られる。

シヴァヴァとドルルを撃破され、駆けつけたケロロと冬樹に自分達の繋がりは地球では当たり前なもの「友達を思う心」だと説かれる。自分の実質的な敗北を悟ったダークケロロは第3のキルル”ケロロ像と一体化した空中都市”を止めることを決心。ミルルにキルルの停止は王である自分の消滅を招くことを告げられるもそれが王の責だとして承知する。冬樹をもう一人の自分に任せて第3のキルルの制御装置と化したミルルを心臓部にセット、第3のキルルは封印され消失、巨大ケロロ像はただの瓦礫や建材として崩れ落ちていった。

残骸を確認していた冬樹達にミルルの声がキルルはやはり封印された事が告げられる。しかしダークケロロはマントは破れながらも辛うじて生きていた。消滅しなかったことに対し、心だけの状態で現れたミルルによると「王としてのダークケロロは消滅し、器だけとなり、冬樹達の友達である彼が残った」のだという(目の色の変化がそれを示唆している)。
それらを聞いて何かが吹っ切れたダークケロロは地球を出ていき星の世界を知りにいく旅に出る決意をする。

一行にケロン軍へ偽装報告をして生存の事実を隠してもらいガンダムの残存パーツを改造した宇宙船を提供されて宇宙へと旅立っていった。

そしてとある星へたどり着き彼の生存に何か思うところがあったらしいシヴァヴァとドルルがこっそりついていく中とある家へ潜り込む。そこで日向姉弟に酷似した宇宙人姉弟と遭遇、パニックを起こしていたの光景をシヴァヴァとドルルが見守っていたところで物語は終了する。

プレイヤーとして

ゲーム版ではあるコマンドを入力することで、プレイヤーとして操作出来るようになる。基本的な操作はケロロと同じなのだが、ダークケロロの方がジャンプ力が高く滑りやすくなっている。

原作版

超古代ケロン軍の”支配者プログラム”なるものがケロロに憑依した姿として登場。マントを纏っていないこと以外は外観は同じ。
「ケロロ大軍曹」と名乗り、本人とは似つかぬ冷酷な性格をしており「地球人一層ミサイル発射装置」を侵略のために使用しようとしていた。
ケロロロボの性能を想像を絶するほどに引き出し鎮圧にあたった小隊を退けるも、途中で現れた冬樹を見て呆然としたように硬直。その隙を見てギロロがタママをバズーカで発射しケロロロボが撃破したことによって破る。プログラムはクルルが全消去した。
なおプログラムはトロロ新兵が持ち出したのが事の真相であり、一時はクルルをやり込めたものの結局前回のように「モトからたたかれ」た。

関連イラスト

黄昏ダークケロロ
超劇3



関連タグ

ケロロ軍曹 超劇場版ケロロ軍曹3
ケロロ キルル

似た者同士?
ダークリンク
ブラックピット

関連記事

親記事

超劇場版ケロロ軍曹3 ちょーげきじょうばんけろろぐんそうすりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダークケロロ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダークケロロ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 482647

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました