ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

日向夏美

ひなたなつみ

吉崎観音の漫画およびそれを原作とするアニメ『ケロロ軍曹』の登場人物。
目次 [非表示]

「夏美、行きま~す!」

「コォラ、ボケガエル!!」

「む…また育ったか…」


CV:斎藤千和


概要編集

日向家長女日向冬樹。本作のメインヒロインでもある。

12月2日生まれの射手座吉祥学園中等部2年A組所属。

身長158cm、体重48kg。スリーサイズはB80・W56・H80(アニメでは不明扱い)。

パートナーはギロロ伍長


赤色ツインテールが特徴。また、少し日焼けしたような肌の色をしている。

身体能力が高く、さらに学業も優秀でもあるという文武両道な性格である。ただし勉学に関しては、ケロロ達からの妨害もあり成績が下がったことがある。


一方で母や弟とは異なり、文化系は苦手である。絵はあまりうまくなく、ネーミングセンスも独特。芝居も下手で、素直な性格のためか思ったことがすぐ顔に出てしまいじゃんけんも弱いし、冬樹を相手に幼少期にババ抜きをして連敗したり、ケロロの提案でインディアンポーカーをしてもこれまた連敗している。お化けや幽霊などの「オカルト」にも苦手意識を持っているが、本人は霊感体質心霊現象にも頻繁に出くわしていたり、星占い学校の七不思議など「一般人が信じている非科学的なもの」は信じている。

またナメクジなどの「ヌルヌルしたもの」も苦手である(そもそもケロロをはじめとしたケロン人を好意的に見ていないのも「カエルだから」という面がある)。


ラジオパーソナリティ623の熱狂的ファンで「623の俺ラジオ」のリスナー。その他にも、ダンス☆マンのファンでもある。


性格編集

明るく行動的な性格。

作中ではケロロと喧嘩する場面が多いため、あまりそうは見えないが、クラスメイトを含めて善人であれば身内でも気さくに接しており、教師等の目上の人にも殆ど反抗したり陰口を言わない等、意外と根は真面目。実はケロロ小隊と違って予告や宣伝で敬語を使っていたりする。


しかし作中ではケロロに対して怒りを露わにする短気な描写が多く、私生活は割とズボラだったりするところもある。かなり自分勝手で暴力的な面もあり、よく弟にも辛辣な言葉を放っていたり、ケロロには理不尽な言動で制裁したりもしている。またキレやすい性格が原因でケロロに揶揄われたり、冷静さを取り乱している所を言葉巧みに騙される事もしばしばで、まさに「短気は損気」と言える部分も多い(その後、基本的に彼をボコボコにするが)。

しかし彼女自身これらはあくまで「正しいことを教えるための行い」と思っており、ケロロに暴力を振るう面も「やって聞かせないと分からないから」という背景が大きい。また「わざと悪いことをしたわけではないなら素直に謝りさえすればお仕置きはしない」と発言していたりと本心ではかなり優しく、あえて嫌われ役を買って出ていることも窺える。


そんな強気な面もある彼女だが、実はかなりの寂しがり屋でもある。子供の頃は泣き虫で、秋の不在時には不安で泣いていた。ガルル小隊のテキパキとした行動による侵略や、ケロロ小隊のこれまでとは違う本気の侵略(実際にはエイプリルフールの嘘だったが)には簡単に屈し諦めそうになるなど、冬樹に比べると挫折を知らない分精神的には打たれ弱い部分もある。

完璧主義なきらいがあり、他人に弱さを見せることを嫌がり無茶してしまうことも度々ある。

さらにアニメ320話では、ケロロ小隊が用意したイケメン型アンドロイドに恋をしそうになる場面があり、イケメンであればどんなことをしても許されることが判明している。

そういった面では普通の乙女な面も多い。


戦闘力やその影響編集

小学生時代には「冬樹を助けるため」としてケンカに明け暮れていた影響でデビルサマーの二つ名で通っていた時期があり、現在でも学校部活の助っ人を頼まれることが多い。


また頑丈な扉を素手でこじ開けたり、ケロロ小隊が日向家に仕掛けるブービートラップを(初期の頃にケロロの仕掛けたブービートラップに引っかかって以来、トラップには気を付けるようになったのか)軽々と回避したりするなど普通の女子中学生では考えられないくらいの戦闘能力を持っている。そのこともありケロン軍や日向家を通じた侵略を目論むケロロ小隊にとっては「地球最終防衛ライン」と呼ばれ最大の敵とされており、ギロロやガルルからは「地球の女戦士(ペコポンのおんなソルジャー)」とも呼ばれている(しかし後者については本人が「戦士ではない」と否定している)。一方でケロン軍からは「相変わらず手強い」「軍会議の連中も怯えを隠せなかった」と称賛されている部分もあり、その戦闘力は相当高いことが窺える。


しかしアニメ第89話Aパートではギロロの人格の1つであるギロッペに軽くいなされてやられそうになっていたり、アニメ第94話ではカララタルル(原作ではカララとチロロ)に簡単にあしらわれていたり、原作227話では新ケロロが描いたオリキャラに襲撃された事もあったりしたため、必ずしも「地球人の中で最強」という訳ではない。因みに、現先では度々ドロロに助けられている事があり、描写からして明らかにドロロの方が夏美より強いはずなのだが、アニメでは何故かドロロよりも上であるかの様な描写がある。


723

その戦闘力を活かして戦うこともあり、ときにはスクール水着をモチーフとしたアーマードスーツを装着することもある。これは裸体に近づけたほうがパワーが出やすいとケロロ小隊が考えたためで、実際に薄着の方が機動性が上がるのは科学的に証明されている。


暑中お見舞い

また、34話・103話などオトナノカイダンノボル銃大人の姿になった際には、さすが親子と思うほど、と同じようにナイスバディに成長していた。戦闘力こそ変わっていないが、エピソード内ではギロロに助けられる場面が多い。


ゲーム作品においても攻撃サポートキャラとして頻繁に登場する他、コラボ等でもアタッカーとしてプレイアブル化されたりすることが多い。


人物関係編集

先述の通り、基本的には友好的に接しており、ケロロとは張り合っている。

ケロロとやりあっているのは変わらずだが、彼との関係はケンカ友達という感じに変化してきている。→ケロ夏

他のケロロ小隊員に関しても(自身に惚れているギロロを含めて)最初は突き放した態度をとっていたが、ストーリーが進むにつれて少しずつ態度が軟化している(最も優位に見えるドロロクルルも、それぞれ小隊で最も非の打ち所が無かったり、常に小雪の下で行動していたりするため、これと言った制裁を食らう事はあまりない)。それでも何かしらアクシデントに巻き込まれると真っ先にケロロたちを疑うため、やはり彼女にとってケロロ小隊は天敵(もしくは悪の組織)のような存在として見ているのかもしれない。

ただしガルル小隊に騙され、冬樹と共にケロロを疑ってしまった時は二人揃ってケロロを疑った事を後悔していた(ちなみにそのエピソードでケロロに助けられている)。


冬樹とは性格が真反対ながらも夏美が剛なら彼は柔といった感じで、さまざまな困難を乗り切っている。夏美も彼の良さを理解する部分も多く、実際に夏美がケロロたち宇宙人と仲良くやっていけてるのは「冬樹のおかげ」と言及したこともある。


恋愛面編集

ギロロ伍長に惚れられている他、 東谷小雪からも(友情の域を超えて)好かれているが、本人は鈍感で気づいていない。ただし他人の恋については敏感なようで、冬樹と桃華の仲を応援している場面も多々ある。

なお彼女自身は北城睦実サブロー)のようなミステリアスなイケメンが好きであるため、先述の通り小雪には「普通の友達」として友好的に接しているほか、よく彼女をサポートしてくれるギロロのことも「パートナー」として気に入っているようである。


冬樹に比べ異性からの人気の描写は少ないが、むしろ小雪を始めとした同性から(憧れの的として)迫られることが多い。特にスポーツ万能なこともあってか後輩女子からは大人気であり、校内にファンクラブが存在するほか、毎年バレンタインデーになると各部活の女子生徒から大量のチョコレートを(冬樹を通じて)渡されている。本人は迷惑に思っているが、一部は「ガチ」であった。


またその身体能力の高さやクルルのもあって、一部の宇宙では「マニア」が存在する。


そっくりさん編集

  • お夏

お夏

武者ケロ」に登場するそっくりさん。


  • ナナミ

パイレーツ!

ケロロパイレーツ」に登場するそっくりさん。


  • サマー

[pixivimage:0000000]

ケロロRPG」に登場するそっくりさん。


  • シナナ

超ケロロ軍曹UCより「名無しのシナナ」

超ケロロ軍曹UC」に登場した謎のアンケロムの少女だが、その正体は・・・


他作品での登場編集

アーケードゲーマーふぶき編集

他校の生徒という設定で原作版にのみ登場。

ゲスト出演であるため登場シーンこそ短いが、本作品とは世界観を共有していることが判明した。

ちなみにケロロ軍曹本編ではその後ふぶきと対面している。


スーパーロボット大戦シリーズ編集

OE』と『X-Ω』にてコラボ参戦。ゲーム上ではパワード夏美で登場する。


『OE』ではケロロロボ及びゴッドケロンの召喚武装となっており、相手がモビルスーツだろうとインベーダーだろうと果敢に立ち向かう。


『X-Ω』ではいつものようにケロロ小隊の侵略作戦を阻止するためにクルル開発の『並行世界体験装置』を没収しようとするが、クルルに勝手にボタンを押される形で異世界に飛ばされる。


テイルズオブザレイズ編集

2023年6月のコラボでケロロと共にプレイアブル参戦。

ゲーム上ではパワード夏美名義であり、パワード姿で戦う。


ストーリー上では例のごとくケロロたちの異世界用兵器に飛ばされる形でレイズの世界にやって来る。

経緯自体はスパロボX-Ωと同じような感じだが、こちらでは彼女の不注意によって飛ばされたことになっており、スパロボとのわずかな経緯差別化が図られている(おそらくケロロがバンナム作品に外部出演する際の共通設定によるもの)。

その他にもケロロのスキットでミリーナと仲良くなったらしい設定がある他、夏美自身のスキットでマリーウィルとの絡みも見られる。


けものフレンズ3編集


「オカピもかわいいし、マメジカもかわいいし

マーモットもかわいい! みんなかわいくて最高!

え?オイナリサマ?ヤマタノオロチ?し、シーサー?

・・・まあいいや、みんなかわいい~!」


2024年2月中旬に開催されたケロロ軍曹コラボ第2弾で登場。

同作品のコラボキャラであるケロロ小隊は地球外生命体であったことからフレンズ化されたのに対してアリサはフレンズ化しなかったため、一部プレイヤー間では「彼女はフレンズ化するのか」という考察が生まれていたのだが、結果はアリサ同様フレンズ化しなかった。

これまでウィッチドラコケンタウロスのような別次元の人間が実装された事はあるが、コラボ枠であるものの正真正銘純粋なヒト科ヒト属ヒトがプレイアブル実装されたのは彼女が初。同作品のアリサは元々異形の存在であったためにフレンズ化しなかったことに納得がいくプレイヤーもいたのだが、なんの能力も持たない一般人である彼女がフレンズ化しなかったことに対しては多くのプレイヤーが衝撃を受けることとなったようである。しかし「フレンズ化しなかったのはアイツのおかげであった」と判明すると納得した人もいた模様。ただし、ヒトのフレンズは非常に特殊な条件下でないと誕生しない事がコンセプトデザインとして語られているので、クルルの装置がなくともフレンズ化には至らなかった可能性は高い。

紹介PVにおいても本来の表記が「新フレンズ」なのに対し、唯一夏美は「新キャラクター」となっている。

ちなみに、シリーズ一作目のNEXONアプリ版では本人は登場していないものの、彼女の顔面を模したセルリアン(通称セルナツミ)も登場していた。


ケロロの久しぶりのジャパリパーク来訪からしばらく経ったある日、パークへ置いてきたケロロのコピーロボットから不可解な通信が。これを受けたケロロとギロロがパークへと赴こうとした所へ夏美も「オカピに会いたい!」と旅行気分で付いて行く事になるが、この時クルルから謎の装置を強制的に装着させられる。

そしてパークへ着いて程なくしてセルリアンに襲われた際、謎の装置によってセルリアンと戦う力を手にしてしまう。さらにはアリサの姿を模したセルリアンまで現れ、ケロロやギロロ、そしてパークのフレンズ達と共に新たな事件解決へと乗り出す事に。


その戦いの最中、装置のリミッターが解除された事でパワード夏美に変身。

3度目のフレンズ化を果たしたケロロや、再フレンズ化を果たしたギロロと共に、アリサを取り込んでセルリアンを生成していた大型のセルリアンを退治する事に成功する。


なお、フレンズについては当初「動物のコスプレをしたスタッフ」と思っていたが、彼女達と触れ合うにつれてその存在を信じる事にしている。

プロフィール欄の自己紹介ではオイナリサマ達「守護けもの」の存在にビックリした様子を見せている。


フレンズストーリーではナナの手伝いとして飼育員の仕事体験をしており、その大変さとやりがいを経験している。


ちなみに検索の際は「けものフレンズ3 夏美」とすると多くヒットする。というか見た目が原作と同じなので、単なるクロスオーバーとフレンズ化の棲み分けをする必要があるケロロ小隊と違って棲み分けする必要のないところが彼女のメリットとも言える。どうしても棲み分けしたい人はpixiv内のクロスオーバータグである「ケロロフレンズ」のタグを使うのもいいかもしれない。(上記の経緯があっため、暫定的に「日向夏美(けものフレンズ)」というものも存在している)


ゲーム内ではケロロ軍曹とのコラボイベントイベント第2弾「ギロロ&夏美 乙女でけものな大変身!」開催中に実装されたしょうたい第1弾より登場。

初期けも級は☆4。属性はファニー。

とくせいしっかり者のお姉ちゃん自身の与ダメージ15%増加&ファニー属性の味方の与ダメージ15%増加、毎ターンたいりょく5%回復
キセキとくせいハイスペック中学生自身の与ダメージ15%増加、被ダメージ15%減少+自身のたいりょく30%以下時、自身のたいりょく30%回復、MP30増加+自身がギブアップになるダメージを受けた時、一度だけたいりょく1で耐える
たいきスキルかかってきなさい!自身の与ダメージ10%増加&3ターン味方全体がはねかえしむし状態
とくいわざ運動神経バツグン!敵単体に60%×2のダメージ&3ターン自身のかいひ3%増加
けものミラクル絶対防衛★夏美スペシャル敵単体に大ダメージ&4ターン自身の与ダメージ増加、被ダメージ減少&自身のたいりょく回復&1ターン自身が大幅に狙われやすくなる&一度だけターン開始時にたいりょく回復

余談だが、紹介PVではけものミラクルの名称が「ペコポンの女ソルジャー」となっていたが、表記ミスだったのか後に修正されている。


また、パワード夏美は星6解放時の衣装(他のフレンズでいうお出かけ服)にもなっている。


関連イラスト編集

猫の日センシティブな作品


関連タグ編集

ケロロ軍曹 日向家 モアピーチサマースノー

ツンデレ ツインテール 女子力(物理)

大人夏美 パワード夏美 スーパー723

北城睦実/サブロー先輩 ギロロ伍長 東谷小雪

サブ夏 ギロ夏 ケロ夏 雪夏


鬼塚夏美サンライズの作品に登場するキャラ。「下の名前が夏美」「弟妹は名前に『冬』が入っている」という共通点がある。こちらはが12月生まれ。

日高安純:「キレると怖い」「普通の女子中学生とは思えないくらいの戦闘力の持ち主」「オカルトマニアな弟がいる」という共通点がある。

関連記事

親記事

日向姉弟 ひなたきょうだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20310812

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました