ピクシブ百科事典

インディアンポーカー

いんでぃあんぽーかー

トランプゲームのポーカーの一種、ルールは簡単だが奥が深い
目次[非表示]

ここでは一般的と思われるルールを記載する(ルールには地方・地域によって揺れやローカルルールが存在する)。
人によって知っているルールが微妙に違う場合があるので、開始前にルールを統一するために細かい所まで決めておく方が好ましい。

ルール

準備物

使うのはトランプのジョーカーを除く52枚(ルールによってはジョーカーを1枚加える場合もある)
賭ける場合はチップなど(良い子のみんなは現金を賭けちゃ駄目よ?)

強さの序列

カードの強さの序列は2<3<4<5<6<7<8<9<10<J<Q<K<A(<ジョーカー)

遊び方

※()内は賭ける時に行う事
最初に親を決め、(参加料を払う)親の左隣から時計回りに一人1枚ずつ、配られた人も含めて誰にも見えないようにカードを配る
配られたカードを自分で見ないようにしながら相手に見えるように表を前に向けておでこに掲げる
全員が自分以外のカードが見えるような状況で、自分に見えているカードと自分のカードが見えている相手の反応を参考にして自分のカードが相手のカードよりも強いかどうかを考える。
カードを配られた順番に、勝てないと判断すれば自分のカードを場にさらしてゲームから降りるという意味の『ドロップアウト』を宣言し、勝てると判断すれば続行を宣言(賭け金を提示する)して行く
(賭け金の金額が不満なら一人1回『レイズ』を宣言して金額を釣り上げる事が出来る)。
全員がドロップアウト、もしくは続行(提示されている賭け金を支払う)を宣言したら続行を宣言した全員のカードをさらしてその中で最も強いカードを持っていた人が勝者(勝者が賭け金と参加料を総取り)。
場合によっては複数人が一番強いカードを持っていたという場合があるが、その場合はその複数人が全員勝者(賭け金・参加料は山分け)。
ごく稀に全員が同じカードを持っている場合があるが、その場合は引き分けとする(賭け金・参加料はキャリーオーバーし、次のゲームを始める)。
なお、誰かがドロップアウトしていて残りのメンバー全員が同じカードを持っていた場合はドロップアウトしなかった全員を勝者とする場合もある。
次のゲームを始める場合は前の親の左隣の人が次の親になり、(参加料を支払い)次のゲームを始める。

戦略

ルールが単純なので遊ぶ為に覚える必要がある事は少しで済むが、勝つためには色々な戦略を覚える必要がある。
少し例を挙げると

・勝てないと判断したら無理をせずに即ドロップアウトして負けを小さくする
・逆に勝てると判断した時は賭け金を釣り上げたりして大きく勝つ
・相手のカードが弱くない時にわざと賭け金を釣り上げて相手に『自分の手が弱いのではないか』という疑念を抱かせドロップアウトを誘う
・逆に相手の手が弱い時に賭け金を釣り上げて『もう騙されない』と続行を宣言した相手をカモにする

など、ルールが簡単な分心理戦になる傾向がある。
そのためいわゆるポーカーフェイスは習得しておく方が良い。

関連タグ

トランプ
ポーカー

pixivに投稿された作品 pixivで「インディアンポーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16663

コメント