ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

概要

CV:野川さくら
桜ヶ咲ふぶきとは、『アーケードゲーマーふぶき』のキャラクター。

ごく普通の女子中学生だったが、謎の人にパッション・パンティ(原作漫画ではパックマンパンティー)をもらったことでゲーム魂が開眼し、強豪なアーケードゲーマーとなる。
ゲームの自由と平和を守るために、ギュラシック団(原作漫画での名前はギャラクシ団)と戦うこととなった。

原作漫画では、苗字が『華原』だったりする違いがある。

その他にも原作では…

  • 本人曰く「生まれる前から家にある」というファミコン(しかも初回生産バージョンで、謎の人が「スミソニアンものですよこれは」と驚愕した末に評する程の年代物)と多数のソフトで遊んでおり、本人も中学生になった今でも『ファミちゃん)』と呼んでいるのが語られた。しかし第11話にて、親戚から大量のファミコンソフトが送られてきて『バイオ戦士DAN』をプレイしようとスイッチを入れるも何の反応もせず、例の謎の人が「ちわッス!! 三河屋デス!!! いや、それはほんのウソなんだがね! ブハハハハ!!(爆笑)」と、どっかで聞いたようなセリフで笑いを取ろうとしながらふぶきの部屋にいつの間にか入るも、何の反応もない事に衝撃を受ける。直後に理由を聞き、「修理すれば済む話じゃないか!」とふぶきをひと安心させて件のファミコンを拝見するも、先述の最初期のバージョンであるのに驚き、「う~ん全体的にもう寿命だなあ。今まで動いてたのが不思議なくらいだよ。新しいのに代えた方がいいなこれは…」と、さすがにもうどうしようもないので、新型機に変えざるを得ないという結論を出さざるを得なくなった。
  • ハニー初登場回の第12話では、花子やちづるとカラオケボックスに行っていたが、そこでふぶきは壊滅的な音痴である事が発覚した。その際ちづるからは「破壊音波」、花子からは「リズムも前衛芸術なみ」と、それぞれよろしくない意味で評されていた。
  • 同話にて音痴発覚の直後に、ギャラクシ団から第2の刺客(四天王の2人目)として送り込まれたハニーが現れ、ちずるからの説明も込みで音ゲーを得意とした『音ゲーのハニー』である点をハニー自らも自己紹介も込みで説明し、先のふぶきの音痴っぷりを鑑みて「負けるでふぶきは・・・・・」とのちずるの結論に対して花子も「・・・・・おっしゃるとおり!!!」と戦々恐々で同意せざるを得なかった(ひでぇ)。やがてちずるが敗北し、ふぶき意気込んでPPの力も使って勝とうとするも、案の定負けて下にあったプールに落とされた

ケロロ軍曹において

世界観を共有する同作者の漫画『ケロロ軍曹』でもゲストキャラという体で原作版にのみ何回か登場している。本格登場は今のところ2回だけだが、モブとして登場することもたまにあるため、登場頻度自体は多い。
設定自体も概ねふぶき本編と同じであるが、あくまでケロロの世界観にあやかって登場するため、こちらではゲーマーとしての顔がより強く描かれている。そのことからこちらでは有名人扱いされる描写が多く、ゲームアイドルとして名を馳せていることがより顕著になっている。またふぶき本編より凛々しい部分が目立っており、彼女自身がケロロのようなギャグキャラになることはない(そのため彼女が登場する回では大体ケロロがギャグ要因と化している)。
なお双方の世界観を守っている関係上、本作の一般地球人と同様ケロロたち宇宙人の存在を知らないという設定が彼女にも適用・貫き通されており、ケロロ小隊とは間接的にお互いの姿を知るシーンこそ何回かあるものの、直接ケロン人体のケロロたちを見るシーンが描かれることがない。もちろんこの設定は他ふぶきキャラも同様である。

初登場となる原作135話ではクルル曹長の作ったインベーダーゲーム日向夏美ケロロ軍曹が対決をしている時に、623に呼ばれる形で突如登場。救世主という体で夏美のピンチに颯爽と駆けつけ、ケロロを完全敗北に陥れた。この時はケロロたちがギャラクシ団の格好に変装されられており、ふぶき自身は勝手にギャラクシ団と認識した(なおケロロはこの時「我輩どこの誰!?」と発言している)。最終的には夏美と友達になった。

259話では事実上の"主人公"的立ち位置で花子とともに二回目の本格登場。
ここではケロロたちと直接対面こそしないが、差出人不明という形で送られてきた彼らがプレイヤーのゲーム(もちろん差出人はケロロ小隊)をプレイしようと思ったことで間接的にケロロたちを見ることになり、実際にゲームプレイを通してケロロ小隊をゲームのキャラとして認識するようになる。またこの回で彼女が極度の機械音痴であるということが花子の口から言及される形で判明した。
なおケロロはあの対面経緯があって以降、彼女のことを「どこぞのプロゲーマー」として一方的に信頼した模様で、このゲームを彼女に送った理由も「彼女に現実世界とリンクしたゲームを遠隔操作してもらい、夏美を倒す」という遠回しな地球侵略作戦の1つだったことを明かしている(もちろん失敗に終わった)。
苗字の表記は135話では「桜ヶ崎」だったが、259話には「桜ヶ咲」に戻っている。

余談だが、2013年10月1日にふぶきの出版社であるエンターブレインが完全にKADOKAWAと吸収合併されたため、ケロロとはこの年から出版社が同じとなった。
二度目の本格登場である259話からパンツ出しが復活したり、他キャラが台詞付きで登場したり、上記の苗字差し戻しが行われたのもこれが理由だろう。
ちなみにふぶきが登場する以前に彼女が普段着ているパーカーが市販品としてケロロ本編に登場したことは何回かある。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

アーケードゲーマーふぶき
中学生 ゲーマー パンティ 白パンツ 音痴

関連記事

親記事

アーケードゲーマーふぶき あーけーどげーまーふぶき

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24210

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました