ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ケロロ軍曹』に登場する架空の宇宙人

ガマ星雲の第58番惑星「ケロン星」の住民であり、地球(原作ではポコペン、アニメではペコポンと彼らは呼んでいる)のカエルによく似た姿をしている。実際、

  • 乾燥に弱く湿気を好む(ただし、個人差はあるが湿度が高すぎると酔いだし悪戯に生体反応が高まって敵に気配を晒してしまう危険がある)
  • 集まって鳴く(地球のカエルと異なり女性も普通に鳴ける)
  • 極端な低温環境にいると冬眠してしまう
  • 女性に乳房らしき部位が存在しない
  • 腹部が白くへそも持たない
  • 幼体に尻尾があり、成体のお尻がとがっている

など両生類っぽい形質を多く持つ。一方でカエルにはない歯がある(原作では永久歯が3段式、アニメ版では単に折れてもすぐ全体が生え変わるとケロロが言及している)。外見からは脚の指、水かきは確認できない。頬袋は持ち、耳は外見からは確認できないが地球人と同じ位置の模様。原作83話によれば卵生であり、幼体以前の容姿である赤ちゃん姿のケロロが登場している。体毛は生えるが頭髪の型にはならない(例外有)が、ビームや爆風等を浴びると帽子越しでアフロが生えるという性質を持っている。適温は地球人類と大差ないなど独自の形質も多い。なお地球人とは必要酸素量が異なり、彼らの場合は少なくて済む。(ドラマCDより)


幼体はオタマジャクシのように目の下の部位がすべて白い(所謂ドラえもん型)。成体は口部分だけ、先に尻尾がなくなる模様(アニメ108話より)。成体の容姿になる時期は個人差が見られ、必ずしも年齢に沿うわけではない様子。既に成体のケロロ・ギロロドロロと同い年のプルルが幼体であること、原作183話におけるタママの回想等から、メスのケロン人は幼体でいられる期間が長いと思われる。(成体である女性ケロン人は少なく、劇中ではケロロの母ドロロの母くらいしか登場していない)


ケロン人のシルエットは独特であり、2頭身の巨大な丸い頭と大きな目を持つ。初期のケロロはかなりカエルっぽい外見だったが、ギロロ以降のケロン人が出てからは現在のような姿に固まっている。体色は生まれたときから決まっているが、外的要因で体色が変わる事もあり、特にクルル彼のルーツの一つにそういった経緯も含まれている。


多くのケロン人は軍所属者でなくても帽子をかぶっていることが多いが、首から下はだいたいいつも全裸である。帽子が脱げるシーンは少ないが、頭皮に何かを付けているわけでは無く頭部が丸っこい形をしているのが分かる。

額のマークことケロンバッヂとお腹のシールには個人ごとにトレードマークが設けられており、ケロン軍ではそれが兵士ごとの識別記号として使われる事もある。記号が決まる基準は不明だが、星印をトレードマークとするケロロは限られた隊長にしか付けられないという「ケロンスター」をお腹に貼り付けており、少年時代ではそれに憧れてレプリカである星型のシールをお腹に貼り付けた経緯を持っていた。一家内で同じマークをしているかどうかはまちまちで、ギロロの父親はギロロと同じくドクロだったが兄・ガルルは別のマークをつけている。

なお額のケロンバッヂには「アンチ・バリア」と呼ばれる機能が付いており、バッヂを転回させることで他人から姿を見えなくさせることができる。作中ではケロロたちが地球人にバレないために使う描写が多いが、回し度合いで見える相手を適度に変更することも可能であり、一部の人間にしか見えないような描写があるのはこの影響。ケロロの場合は地球人に気付かれずそのまま踏まれてしまうという描写も多く見られる。ただし、アニメ第80話ではケロロがアンチ・バリアを展開しているにもかかわらず野良犬に吠えられている描写が見られたため、恐らく動物には効かないというデメリットもあるのだと思われる。その他にもケロンバッヂには「自動翻訳機能」「対環境バリア」など多数の機能が付いている。ちなみにこれらの機能を使うにはある程度バッヂを充電する必要がある。


寿命は数万年はあると思われるが、地球人に比べ長いかは不明。10500歳以上のケロロ・ギロロ・ドロロも人間でいえば40代相当であり、原作56話ではケロロと同い年のドロロが多くのゲーム&ウォッチを幼少時に持っていたり、原作67話では地球の戦後生まれであることが示唆されている上、ケロロ小隊が地球へ出発してからケロン星では300年経過している(地球では約1年しか経過していない)ことから、地球人とは時間の流れ、あるいは暦が異なると考えられる。ちなみにケロロの中の人は「45歳」で、タママの中の人は19歳の若者のイメージで演じているらしい。


天敵はに似たヴァイパーと、湿気を吸うニョロロ

その他の特徴

  • 文明は地球人よりざっと1万年は進んでいる(アニメ260話より)。それでも宇宙全体で見れば特段優位にあるわけではない。
  • 歩くと「ピコピコ」という音が生じる。
  • 平均精神負荷値(いわゆるストレスの溜まりやすさ)は地球人の216分の1以下。
  • 確認できる成体か成体に近づきつつある幼体はいずれも身長55.5cm、体重5.555kg。
  • 名前は個人名が判明している者はいずれもケロロ、クルルといった「△◇◇」(◇は同じ字)といった感じの3~4文字であることが多い。なおアニメ248話でのケロロによるとケロン人の名前にも字画の良し悪しがあるらしく、「ぺポポ」の字画は悪いらしい。ちなみに「ケロロ」と言う名前はケロン星では日本の「太郎」「一郎」のような一般的な名前である。
  • 体からエネルギー波を出すことができ、訓練次第ではそれが強力な武器になる事もある。(キンキンケロン波&談合坂SAタママインパクト&嫉妬玉タルルジェノサイド
  • ドラゴンボール』で言う「気」の概念があるらしく、タママは戦闘の際に気を高める事がある他、ゾルルは皆に気づいて貰えてない際にも気を高めて存在感をアピールする事もある。
  • 地球人と同じく一定の年齢(大体タママくらいの年齢)になると反抗期を迎える。ただし、ケロン人の場合は反抗期を終わらせるために一定の手順を踏む必要がある。(アニメ171話より)

一覧

メインキャラ

ケロロ小隊ケロロ軍曹 ギロロ伍長 タママ二等兵 クルル曹長 ドロロ兵長

ガルル小隊ガルル中尉 タルル上等兵 トロロ新兵 ゾルル兵長 プルル看護長 (クローンケロロ/ケロロ大尉

サブキャラ

ケロロ小隊の家族:ケロロ父 ケロロ母 ギロロ父 ゼロロ母

幼年訓練所:カララ チロロ

その他:新ケロロ

公式オリケロ

シュララ軍団シュララシララ) プタタ メケケ ギルル ドクク ロボボ ヌイイ ギョロロ ユキキ カゲゲ

本編ゲスト枠:ジョリリ キカカ メルル サババ

その他

ケロン軍関係者:バリリ准尉 ジララ ムシシ ゲリリ少佐 オノノ少尉 ダレレ ナムム

一般ケロン人:ウレレ チババ ノビビ オララ ナベベ

超劇場版で登場:キルル ミララ ダークケロロ シヴァヴァ ドルル ミルル (テララ)

ゲームオリジナル:ドララ特務兵 ゲムム


ケロン星

ケロン人の故郷であり、地上からは青空に白い五芒星型の雲が見えるが、宇宙から見ると緑色に黄色い五芒星模様が見える。『ケロロ展』によれば、その大きさは月程度しかないという。緑色の部分は両生類の生息に最適な湿地帯で、自然保護法により立ち入りが制限されている。一方で黄色い部分は人工の空中浮遊都市で、古来から侵略対象だった地球の陸地を参考に配置されている。湿度は地球に比べ高く、文明や科学も非常に発達しており。『ケロロ軍曹 ひみつ超ひゃっか』での冬樹のレポートによれば天気も自在にコントロールできちゃうらしい。その為か雪が無いらしくケロロ達は地球で初めてしもやけを体験した。

公用語こそ不明(ただし原作者の吉崎観音先生によれば「方言のような区分はある」らしく「大陸圏によって別言語もある」とのこと。この設定は『ケロロ軍曹 大百科であります!』のQ&Aコーナー内における発言で判明したが、先生曰く「すべて地球語のニュアンスに自動翻訳されている」らしい)だが、本星で一般的に使われる文字は「ケロン文字」と呼ばれる日本語やアルファベットを崩したようなものである。しかし日本語やアルファベットを使っている描写も頻繁に見られることから、他惑星の公用語も盛んに取り入れているスタイルな様子。星歌(国歌)は「ケロッ!とマーチ」であり(原作80話より)、アニメ版でもケロロが度々口ずさんでいる描写が見られる。


その小ささのためか星の周期は地球より早い。ケロン星での暦については不明な部分が多いが、ケロロの誕生日が地球暦で12月9日(夏美の丁度一週間後)とされている事や、アニメ第28話でタママが「ペコポンの(暦)に置き換えるのは計算が面倒」と言っている事から、年齢計算や年数はケロン星の周期に基づくが、ケロン星の暦は地球暦と特殊な形でリンクしている可能性が高い。(ケロロの誕生日の仕様上、ケロン星の周期の1周で1歳・1年加算されるがケロン歴がかなり特殊な構造である可能性が高く、ケロロが地球暦12月9日以外にも他に地球暦での誕生日があるという設定は無い為、複雑な仕様になっている可能性が予想される)


ちなみに異種族がケロン星に住み着く事は認められているようで、一例としてカトヤマ・キコが一時期ノビビの家に住み着いた事例がある。なお異種族間で婚姻関係となっている住民は存在していないが、モアやギロロのから異種族への恋愛感情を抱くケースもあり、アニメ第63話でも(お見合い自体が父親の嘘であり、かつケロロが夏美と共にごまかしたのもあるものの)ケロン人から見て異種族同士の恋愛がイレギュラーと捉えられていない事が分かる。


二次創作において

ケロン人の二次創作については、ケロロランドと言う雑誌で「新隊員募集」と言うコーナーがあり(応募されたキャラの一部はアニメで登場した)、むしろ推奨されている節もある。

ファンの間では「オリケロ」と呼ばれ、pixivでもオリジナルのケロン人が多数投稿されている。


イラスト検索について

なお、ケロン人が「ケロロ」「タママ」といった3~4文字のシンプルな名前であるが故に、一部ケロン人の名前を部分一致もしくは完全一致で検索をするとその単語を含むような人気ワードが引っ掛かってしまうケースがある(例えば「ロボボ」の場合は「星のカービィ」のロボボアーマーもしくはロボボプラネットの略として、「カララ」の場合は「伝説巨神イデオン」のカララ・アシバの略として引っ掛かってしまう などなど…)。その場合は完全一致(ケロン軍所属のキャラについては「名前+階級(一部キャラを除く)」)で検索するか、部分一致で「○○(調べたいケロン人名) ケロロ」とケロロを後付けで検索するとおおよそ絞り出すことができる(まあ、とあるキャラを除いての話だが…)。


ケロン軍所属のケロン人における詳しい検索方法についてはこちら


関連タグ

ケロロ軍曹 宇宙人 オリケロ ケロン人化

関連記事

親記事

ケロロ軍曹の登場人物一覧 けろろぐんそうのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221866

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました