ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ケロロ軍曹』に登場する架空の宇宙人
ガマ星雲の第58番惑星「ケロン星」の住民であり、地球(原作ではポコペン、アニメではペコポン)のカエルによく似た姿をしている。実際、

  • 乾燥に弱く湿気を好む(ただし、個人差はあるが湿度が高すぎると酔いだし悪戯に生体反応が高まって敵に気配を晒してしまう危険がある)
  • 集まって鳴く(こちらは女性も普通に鳴ける)
  • 極端な低温環境にいると冬眠してしまう
  • 女性に乳房らしき部位が存在しない
  • 腹部が白くへそも持たない
  • 幼体に尻尾があり、成体のお尻がとがっている
  • 幼体はオタマジャクシのように目の下の部位がすべて白い(所謂ドラえもん型)。成体は口部分だけ、先に尻尾がなくなる模様(アニメ108話)。成体の容姿になる時期は個人が見られ必ずしも年齢に沿うわけではない様子。ただし、原作183話におけるタママの回想等から、メスのケロン人は幼体でいられる期間が長いことが伺えられる
など両生類っぽい形質を多く持つ。一方でカエルにはない歯がある(原作では永久歯が3段式、アニメ版では単に折れてもすぐ全体が生え変わると説明されている)。外見からは脚の指、水かきは確認できない。頬袋は持ち、耳は外見からは確認できないが地球人と同じ位置の模様。原作83話によれば卵生であり、赤ちゃん時代の容姿は幼体以前の容姿である赤ちゃん姿のケロロが描かれている。体毛は生えるが頭髪の型にはならない(例外有)。適温は地球人類と大差ないなど独自の形質も多い。

ケロン人のシルエットは独特であり、2頭身の巨大な丸い頭と大きな目を持つ。初期のケロロはかなりカエルっぽい外見だったが、タママ以下他のケロン人が出てからは現在のような姿に固まっている。
多くのケロン人は非戦闘員であっても帽子をかぶっていることが多いが、首から下はだいたいいつも全裸である。

寿命は数万年はあると思われるが、地球人に比べ長いかは不明。10500歳以上のケロロ・ギロロ・ドロロが地球の戦後生まれであることが示唆されている上、ケロロ小隊が地球へ出発してからケロン星では300年経過している(地球では約1年しか経過していない)ことから、地球人とは時間の流れ、あるいは暦が異なると考えられる。

天敵はに似たヴァイパーと、湿気を吸うニョロロ

その他の特徴

  • 文明は地球人よりざっと1万年は進んでいる(アニメ260話)。
  • 歩くと「ピコピコ」という音が生じる。
  • 平均精神負荷値は地球人の216分の1以下。
  • 確認できる成体か成体に近づきつつある幼体はいずれも身長55.5cm、体重5.555kg。
  • 名前は個人名が判明している者はいずれもケロロ、クルルといった「△◇◇」(◇は同じ字)といった感じの3~4文字であることが多い。


一覧

ケロン軍

ケロロ小隊ケロロ軍曹 ギロロ伍長 タママ二等兵 クルル曹長 ドロロ兵長
ガルル小隊ガルル中尉 タルル上等兵 トロロ新兵 ゾルル兵長 プルル看護長 (クローンケロロ/ケロロ大尉
X1(エックスワン):ジララ
バリリ中隊:バリリ准尉
ケロン軍幼年生徒:カララ チロロ
その他の軍関係者:新ケロロ ムシシ ゲリリ少佐 オノノ少尉 ドララ特務兵 ゲムム

その他

ケロロ小隊の家族:ケロロ父 ケロロ母 ギロロ父 ゼロロ母
シュララ軍団シュララシララ) プタタ メケケ ギルル ドクク ロボボ ヌイイ ギョロロ ユキキ カゲゲ
他:ウレレ メルル チババ ジョリリ オララ ナムム
人造ケロン人:キルル サババ バトラコス
超劇場版で登場:ミララ ダークケロロ シヴァヴァ ドルル ミルル テララ

オリケロ

pixivにはオリジナルのケロン人も投稿されている。ケロン人の二次創作については、ケロロランドと言う雑誌で「新隊員募集」と言うコーナーがあり(応募されたキャラの一部はアニメで登場した)、むしろ推奨されている節もある。

関連タグ

ケロロ軍曹 宇宙人 オリケロ ケロン人化

関連記事

親記事

ケロロ軍曹の登場人物一覧 けろろぐんそうのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ケロン人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136689

コメント