ピクシブ百科事典

タママ二等兵

たままにとうへい

吉崎観音の漫画およびそれを原作とするアニメ『ケロロ軍曹』のキャラクター。
目次[非表示]

「軍曹さんとラブラブに!」
「世界中の嫉妬を僕に分けてくれですぅ!」
「軍曹さんの全ては僕の物ォォ!!」

声優は小桜エツコ

人物ですぅ

ケロロ小隊の突撃兵で階級は二等兵。原作では第3話、アニメでは第2話で初登場。
ケロロ小隊のアイドル担当。パートナーは西澤桃華
体色は紺色だが、扱いしても差し支えない色合である。外見はキュートでラブリーだが、性別は男子。配色が逆である若葉マークがトレードマーク。

尻尾付きなのでケロロ小隊の中で最年少。
中の人は19歳の若者のつもりで演じているそうだが(『ケロロとギロロの地球侵略ラヂオ』より)、原作30話でお酒を飲みまくっている事から地球人でいうとそのぐらいの年で妥当だと思われる。
更に原作185話より前線兵のケロロ小隊は全員年齢固定処置されているので体は幼年体だが、22.5巻によると年齢は推定3000才以上なので実際にはかなり年を取っている。(ケロン星本土ではケロロ小隊が地球に来てから300年経過している)

お菓子とコーラ(ちなみに過去に発売されたグッズの「キャラフォーチュンプラスシリーズ ケロロ軍曹×UCCジュース占いであります!!」のタママのタイプのひとつがコーラであった)が大好き。語尾によく「ですぅ」と付ける。原作18話と223話では自分でお菓子を作れる模様であり、前者は等身大ケロロチョコという大きな物であるからか形が歪だったが、後者ではショートケーキ・マロンケーキ・チョコケーキを上手に作れている。

格闘家で肉弾戦が得意。「この肉体こそが武装ですぅ~!」と発言するぐらい普段は分かりにくいが鍛え抜かれた体である。
口から強力ビームを出すタママインパクト(派生型もある)、自身を含む世界中の嫉妬心を集めて黒い球体を投げつける嫉妬玉、それとは別に両手からエネルギーボールを撃つしんくうタママ拳、目ビームなど沢山の必殺技を持っている。
より強くなるために日々の肉体鍛錬を怠らない努力家。

素直で明るい元気いっぱいな表の人格と、キレると表れる裏の人格を持つ二重人格者。ただし桃華とは異なり、複数の独立した人格を持っているわけではなく、「キレると怖い」「二面性が強い」と言った方が正確。

侵略作戦に対してはやる気はあるが、自分から作戦を提案したりアイディアを出す機会は少なく、他の隊員(殆どがケロロかクルルによる)の案に賛成するという受動的な姿勢が目立つ。

裏の性格は非常に嫉妬深いかつ腹黒く、普段の愛らしい表情や声質が一変、狂気的な目つき、重低音で威圧的な声質、凶悪な表情へと変貌し、どす黒いオーラを発する。

隊員を最も冷静に見ており洞察力があり(ケロロ・ギロロと3人しかいなかった時代に「参謀がいないから侵略が進まない」と指摘する等)、自分が誤ちを犯したら反省したり、後輩に対して面倒見が良かったりと、根は善良で割と常識的。
1巻原作9話の南の島でケロン星に帰りたいと寂しがったり、22巻の原作171話でケロン星が恋しくなってケロンシック症候群にかかったりするなど、寂しさに打ちのめされやすい所もある。

後に弟子のタルルに階級を越されて(タルルは上等兵)、一度彼に負けたが、漫画の主人公らしく戦友のスーパーカブトムシの力を得てパワーアップし、タルルに改めて師匠と認めてもらった(タママはタルルよりも戦闘経験が豊富、秋奈の近辺のスーパーカブトムシと友情を育んできたので勝てた)。その後も電話で連絡取り合うなどタルルとの師弟関係は良好である。

ケロロの事を基本的には非常に尊敬しており(原作1巻5話よりケロロの人との交流を大切にする仁義に惹かれ憧れている)、ケロロと危険でラヴラヴな関係になるのを夢見ていたり、同じくケロロに懸想するアンゴル=モアにあからさまな嫉妬を向けたりなど、同性でありながらケロロに恋愛感情も抱いている。ただし、地球に来てからは原作8巻の動物園の話などだらけてちゃらんぽらんなケロロに対して疑問を抱くことが多い。
原作36話で「まさにボクの唯我独そん てん上てん下軍曹さんとラヴラヴランデヴーですぅ~」と心の中で叫ぶぐらい、タママは軍曹さんへの愛のために日々一生懸命体を鍛えている。
失敗が多いタママであるが、何度も乗り越え、原作20巻の164話の「深海の迷子たち」では敵に追われていたケロロをタママがタママインパクトで敵を撃退して守った。ケロロを守った直後「軍曹さんはボクが守るですぅ~♪」と発言するぐらい、いつでもケロロを護衛する覚悟をタママは持っている。
原作18話のバレンタインの話や原作71話の端午の節句の話や原作90話のテディケロロの話など、ケロロにドキドキしているシーンが多々ある。

モアに対しては嫉妬と敵対心を剥けているが、彼女を嫌っているわけではなく、ケロロ絡みではければ普通に接する分には仲は悪くない。

西澤桃華の家の西澤邸に居候させてもらっている。原作27話で桃華はトレーニングルームで成長しようとトレーニングを頑張るタママの姿に感動し、それによって西澤グループは全面的にタママは支援する事を誓い、タママを応援している。原作43話で桃華をイギリスの学校に転校させないために桃華とポールをタママが超空間移動に連れてっている。タママは桃華の恋の行方を気にしている。
原作第149話で優秀な地球人はケロンマンとしてケロン星に留学する作戦で、もし桃華がケロンマンになると桃華が両親やポールや西澤桃華親衛隊や西澤家メイド隊と離れる事になるとタママは気付き桃華が家族と離れないために桃華の兵士化ユニットを回収した。(ただし、その点はケロロもクルルもある程度想定していた模様)
原作183話で幼稚園時代友達は母親が迎えに来ているのに対しタママだけはお迎えの時間誰も来ないで一人残されて寂しい思いをした一番キライだった時間を思い出して落ち込んでしまったタママを桃華が迎えに来てくれて母親らしい愛情を注いでくれた。その時のタママは桃華に手を握られてとても嬉しそうであった。
このようにタママと桃華は深い絆で結ばれている。

幼稚園時代に親のお迎えが遅いことから、幼稚園に通うのが嫌いだった模様。タママの回想よりお迎えの時間幼稚園の友達は母親が迎えに来ているのに対し、タママだけ誰もお迎えに来ないでひとりぼっちに残されていたので孤独感にトラウマを持っている。家族関係については、クルルと同じく不明。(孤独感にトラウマがある事から家庭に問題がある可能性が示唆されている)

必殺技ですぅ

タママインパクト

口から強力ビームを出す技。弱点は直線攻撃がゆえに、口を開けた途端に簡単にかわされてしまうこと(但しこのような描写はアニメだけで、原作ではないのでアニメオリジナルの設定とも言える)。命中すると、原作第38話の温泉の話で巨大な時限兵器を倒したり、原作第84話の24時でガルル小隊との対戦のために秘密基地の壁に穴を開けたり、原作第164話の深海の話で襲ってきた敵を撃退したりするなど破壊力抜群な強力な必殺技である。
派生として、高速スピンをして動きを読まれにくくする「ハイパースピンタママインパクト」や、タママインパクトの強力版でありしっぽも光る「ハイパータママインパクト」や、弾道が曲がる「ネオ・タママインパクト」、時短用の「タマパクト」がある。

嫉妬玉

世界中の嫉妬をあつめ、黒い球としたそれを相手にぶつける技。タママインパクトとのコンボ技もある。

ぶーへこき(アニメオリジナル)

原作には一切出てこない技。オナラ攻撃だが、威力は絶大なもの。原作142話では、これに似たような物で「臀・波動衝」が登場しているが、こちらはおならで空を飛ぶ物になっている。

しんくうタママ拳

嫉妬玉とは別に、両手からエネルギー球を相手にぶつける技。

いきなりだんごはクマモト拳(アニメオリジナル)

原作には一切出てこない技。連続パンチ。「かるかん饅頭はカゴシマ拳」「ちんすこうはオキナワ拳」「大あんまきはアイチ拳」「きびだんごはオカヤマ拳」なども同じ。

目ビーム

名前のとおり。口から出すのが多いからか、使用頻度は少ない。

七味玉(アニメオリジナル)

原作には一切出てこない技。「妬み」「恨み」「嫉み」「僻み」「嫌み」「つらみ」(なぜか6つ)の負の感情を球体上にして相手にぶつける技。使うとそれらの負の感情が無くなるので、かわされると弱い。

関連イラストですぅ

KeroTama
おぬしもわるよのう


ケロロ軍曹 / タママキック
ラブ注入



関連タグですぅ

ケロロ軍曹 西澤桃華 桃タマ
ケロロ ケロタマ ホモ
二重人格 嫉妬
翠星石:喋り方が似ている
我妻善逸:泣き虫で狂ってるところや愛する人のために尽くすところが似ている

関連記事

親記事

ケロロ小隊 けろろしょうたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タママ二等兵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 831304

コメント