ピクシブ百科事典

葉隠散

はがくれはらら

葉隠散とは、『覚悟のススメ』のキャラクター。
目次[非表示]

何だか知らんが、とにかくよし!

概要

CV:緒方恵美(OVA)/石田彰(まんがビデオ)
葉隠散とは、『覚悟のススメ』のキャラクター。
葉隠覚悟にしてライバル。強化外骨格「霞」を装着して戦う。
女体化した詳しい理由についてはネタバレにあたるため、ここでは後述する。

人外の怪物軍団・不退転戦鬼の長であり、地球再生のため「人類完殺」を目論む。
非常に高いカリスマ性を持ち、何があろうと全てを受け入れる器の持ち主。
秩序や平等を嫌悪する凶悪な戦術鬼共やそれらを率いる外道に豪傑たちは残らず彼女(彼)に心酔しており、命を捧げてその役に立つことを至上の命とする。

その美しさは兵器の域に達しており、過去に彼女(彼)を討伐に訪れた屈強な二名の武人は「燃える口付け」を受け人ではいられなくなり、腹心の部下と化した。

天上天下零式防衛術を操り、「螺旋」を操るその実力はシロナガスクジラをも一撃必殺するとされる。
本編中においても殺人レスラー数名を無傷で瞬殺、蹴りの風圧で部屋の屋根を吹き飛ばすなど、実力を示すエピソードは枚挙に暇が無い。
心身ともに人間を超越しているためか、とかく自由を謳歌している天衣無縫・唯我独尊な超人であり、言動挙動もエキセントリック極まりない。

強化外骨格「霞」を纏う以外にも、体に埋め込まれた「零式鉄球」により「聖衣形態」を取る事も可能。また、乗り込んできた覚悟の前にウェディングドレス姿を見せて魅了し、彼を赤面させる一幕もあった。

散様の美言葉集


なんだか知らんがとにかくよし!
これで私はファイアー散!
美しくなければ 王とは言えぬ
一線を越える!
正しいから 死なない
うろたえるな 散り際に微笑まぬものは生まれ変われぬぞ
星義スープレックス(本誌掲載版)
「カラスは黒い」という命題を くつがえすには 何千何億の中に たった一羽白い翼のものがいればよい!
G(ジャイアント)さらば!

その他

衛府の七忍」はスターシステムが採用されており、「霞鬼(げき)」こと「現人鬼 波裸羅(あらひとおに はらら)」として登場している。

ネタバレ


父・葉隠朧を師とし、弟・覚悟と共に幼少時から厳しい鍛錬を重ね、零式防衛術を身に着けた。苛烈ながらもその魂は高潔で、覚悟からは尊敬されていた。
14歳の時、強化外骨格「霞」を着装する儀に臨む。しかし霞に宿った怨霊・犬養冥によって五体をバラバラに砕かれ、その命を散らした……

かに見えたが、逆にこれを気に入り「お前が人を憎むなら、私が人を捨てるまで!」と零式鉄球によって肉体を再生、女の肉体に変じる。「人の世の燃え尽きるまで」冥と心を繋ぎ、地球を汚染する「どす汚れた人類」を絶滅すべく、「現人鬼」と化した。
身をもって悪鬼を止めんとする父・朧を手にかけ、覚悟に瀕死の重傷を負わせている。

その後、大災害に苦しむ人類を救済せんとする解脱者・ガランを殺害、彼が製作した「ガラン城」を強奪。菩薩の姿を象った巨大移動要塞「G(ジャイアント)ガラン」を起動し、本格的に人類絶滅へと乗り出した。

覚悟に対しては「愚弟」と言いながらも強く執着しており、兄(姉)と弟の一線を越えてでも己のものとしようとしたが、覚悟が胸に秘める罪子への想いに妨害され、果たされなかった。地上を汚染する黒い雨に打たれながら未練を断ち、一族因縁の地である血涙島にて兄弟対決を迎える。
壮絶な死闘の果て、覚悟は散に討ち取られる。しかし「人間を殺めるのは、これで最後にしていただきたい」という覚悟の言葉に涙を流すなど、鬼と化してなお愛情が残っていた。

死の淵を彷徨いながら全てを知った覚悟だったが、強化外骨格完成の為に愛息・玉太郎と共に命を奪われた冥の憎悪と悲嘆を受け入れ、それ故に現人鬼となった散を「愛している」と宣言。
悲しみを終わらせる為に零と共に「一撃必生」の拳にて散は粉砕され、罪子の協力もあって冥と玉太郎の魂は遂に安らぎを得た。

後に失われた肉体は、大老・知久による「玉身再生」により見事復活を遂げ、諸悪の根源である曽祖父・葉隠四郎を倒す。その後、胸の内に共にあった亡き部下達の魂と共に覚悟の前に立ち、遂に和解を果たした。
ラストではあらゆる汚染物質を浄化する「極楽蝶」を放ち、世界を救う為にGガランと共に旅立つ。別れに際してはGガランと同調した「G(ジャイアント)さらば!」を披露、敬礼する覚悟と罪子を残して消えていった。

関連イラスト

散様


はららさま!



関連タグ

覚悟のススメ 山口貴由 葉隠覚悟

pixivに投稿された作品 pixivで「葉隠散」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63194

コメント